キワーノはイターイのぉ

突然ですが
キワーノは痛い
 これが「キワーノ」というアフリカのツノウリです

まだ途中で これが黄色になり熟していくのです
メロンとライムを足した味とか
英名ではツノメロンとか
食いしん坊の道造としては一度は食してみたい

でね
こいつは痛いのです 実に痛いのです
このイボイボ というか トゲトゲ というか イボイボ
 握りしめることはできない
そぉっと 手の平にのせてみたのですが
そこそこの重さもあるので

けんかするとき誰かにぶつけたらいい
ちゃんとした凶器になる
そんなことをするやつは狂気の沙汰

ヘイホーさんはもう何年か前に栽培したとか
一度栽培すれば 二度目はあんまり気が進まないみたい
みどりのカーテンとしては十分役に立つことは今回よく分かったが・・・

兎に角 熟したこいつを食べてやろう
その後 結論を出すことにする
  来年も栽培しようかという結論

そうそう このウリはだれかさんのイメージにぴったりだね
丸くてトゲのあるところなんか

 こんなことかいて シーラナイ





続きを読む

大きくて長いピーマン

夏野菜がグングン生長している
真夏の太陽の日差し
セッセッと水やり
時々は肥料わ付け足してやる追肥
そんなこんなで
    大きなピーマン
  こんなに大きく長くでかくなりました
   こんなのがいくつもいくつもぶら下がり
ピーマンの枝がもげそうなくらい

だども
これが40日くらい経つと
緑ではなくなり赤くなりそして甘くなるとのこと
糖度が10を越すとのこと
<道造は糖度計で計ってみるのがたのしみ>

楽しみだで
「フルーツ食感のピーマン」とか

今の状態で食べたら普通のピーマンの味がした

世の中にはいろんな野菜があるもんだ
やたら細長いシシトウもある
もっと ずぅ~と長い長い ヘビウリだってある

畑に行く楽しみがまたひとつできた

ヘビウリにょろにょろ

道造の畑の一角がジャングル化してきた
最近 あのヘビウリが強烈な生長力で繁茂してきた
やっと可憐な花が咲き始めたと思ったら・・・
    へびうりにょろにょろ
  何本もというか 何匹も垂れ下がっている
現在 20から30㎝くらいのが多い
楽しみ 
みんなの「へびうり」との対面する姿がおもしろい
道造は それぞれの人たちの反応する姿を楽しむ

そんなことよりも
これをなんとか産直市場で認知してもらい
話題にしてもらい
手にとってもらい
・・・・ここまでは まぁ 何とか よくあることだけれど・・・
レジまで運んでもらい
そこそこ「買ってもらわないと」

ハイハイハァ~イ
よってらっしゃい見てらっしゃい
見た目はちょっと・・・・だけれど
たぶんおいしと思うよ


夏野菜をモグモグ

ブルーベリーの収穫というか出荷が始まった
そいでもって夏野菜の収穫も最盛期
畑から採ってきて 洗ったり 切ったり ゆでたり そして 食べたりしていると
半日が過ぎていく

まずはキュウリのキュウちゃん漬け
もぐもぐキュウリを
写真のように
輪切りにしたキュウリを塩もみなどの下処理を少々して
しょうゆ みりん す さけ 砂糖で漬け汁を作る 最後にショウガ と 鷹の爪 
そいつをキュウリにかけて冷やして約3時間後に食べる

栗山家の家族は実によく食べる
好評である
とりわけ 弓歩さんとバア様がよく食べる
二日~三日で10本のキュウリを食べている
食べ続けている
いい加減に食べ飽きて欲しいものだが
そんなわけで
弓歩さんは 何も言わないのに
しょうゆ みりん す さけ ・・・をどっさりスパーで買い込んできた
作り続けなさいということだろう
でね
畑のキュウリはこのペースに応えて収穫し続けている
需要と供給のバランスがぴったりだで
この一月 このペースは落ちることはない
道造はひたすら作り続けている

そいでもって
トウモロコシ と 枝豆 も収穫して 茹でた
夏野菜をモグモグ
 ゆでたてのやけどしそうなのをつまむのもいい
冷蔵庫で冷やしたのもいい

昼飯前にトウモロコシや枝豆食べ過ぎ
枝豆は途中では止まらない
昼飯をパスしようかという状況

贅沢な時間です
おらの畑から採ってきておらが料理しておらたちで食べている
ただそれだけのことだけれど

今日の標語
「気を付けよう暗い夜道と枝豆の食べ過ぎ」

異国の夏野菜の収穫

ただ今梅雨のド真ん中
夏野菜の収穫が始まった
ジャガイモやタマネギは一段落
そしてナスやキュウリの収穫が始まった
ところが どうだ
夏野菜コールラビ
  今朝採ったコールラビとズッキーニ
そんなのおらがご幼少の頃には聞いたことも見たこともない野菜だ
そいでもって
道造はちょっと変わった物が好きだ
そんなわけで おらの畑では最近はやりの野菜も少しだけ栽培している
このごろは なんだか異国の野菜がはやっているみたい
ちったぁ~おしゃれ感覚かなぁ~

今年91歳のバア様の反応は
まずはコールラビ
おらが「この野菜はカブができる」といったら・・・・
畑に苗を移植して2~3週間後に
バア様は「カブができているか一本抜いてみた」と・・
・・・この好奇心が長生きの秘訣そのものかもしれない

次にズッキーニの感想は・・・
「カボチャと同じ花だ」
「太いキュウリだ」
「あんまり味がない」
「どちらかと言えばナスに近いな」
とどめは
「あんまりズッキーニならん」
おいおい やはり道造の母だな
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる