カリンがたわわ

あの小春日和がなつかしい
最近の寒さは・・・・と、愚痴がついてでる
この寒風の中 ギンナン拾いをセッセ セッセ と も一つおまけに セッセ

そんなとき 流れる雲を見上げていると
 ふとっ 気づいた
「まぁ 何と言うことでしょう」
(このフレーズが気に入っていて・・・・
 「まぁ!何という!!」ブログにしようかと・・・・)

でね 何に気づいたかというと
栗山には1本だけカリンの木がある
今年はカリンの当たり年 だで
枝もたわわに カリンの実がぶら下がっている
  当たり年かりんの
     寒風に震えてる  枝はもう限界だね
この後 カリンはもう少し黄色くなる
そして 表面に粘り気があり いい香りがしてくる

どうしましょう
こんなにたぁ~へんのカリン
リンゴみたいにそのまま食べられたらいいのに
かじれば 堅くて 渋くて 歯が立たない
あの物好きなカラスたちも突っつきにこない

最近の道造は「乾燥」にとりつかれている

カリンをスライスして天日干し

どうなるかなぁ~
まぁ いっぺん やってみるわ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる