ミョウガがいっぱい

栗の落ちるのはどうも遅れています。
いつもなら 例年なら今がピークなのに
早生が終わり一息ついています
このままではなく やがては落ちると思うのですが
40年以上栗農家をやってるんだけれど
「今年は変です」

でね
道造の家の近くの土手というか
おらたちは「ぼた」と呼んでいるんだが
そこにはミョウガかいっぱい生えていて
今が一番いわゆる「ミョウガ」が出始めた
いっぱいミョウガが
  太くてぷくぷくのミョウガ
これはほんの一部です

道造がぼたへ行って採ってくると
バア様が沢の水を使って「こしれて」くれる
「こしれる」というのは
ごみや土をを取り除いて食べられるように掃除すること

このミョウガファンがいて
昨年は名古屋からご夫婦で採りに来て
おらのミョウガに感動されました
スーパーでパックに入っているミョウガしか見たことのない方だったようです
他にも約4名の希望者がいる

栗は小休止だけれど
ギンナンもクルミも落ち始めた

ギンナンというかイチョウの木の下にネットを張るのに忙しくて
そいでもって

今年はクルミの固い殻をおおっている一番外側の少し厚いみどりの皮を集めて
渋(タンニン)を採ろうとがんばったりしていて
もちろんこのクルミタンニンはシカ皮をなめす使うためで

とにかくここんところ道造は 栗 ギンナン クルミ ミョウガと・・・
地面からのひろい物の日々
しゃがむとき 中年というか老年太りでお腹がつかえる

猫の手も借りたい日々だで



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる