蜜ろうを採りだした

3日ほど前にハルさんから日本ミツバチのハチミツと巣をもらった
道造はミツバチの巣から蜜ろうを取り出すことにした

ユーチューブで検索し 学習し
道造の納得というか、道造とマッチングしたやり方を探す

まず
  ミツバチの巣をつつんだ
  ステンレスの金網メッシュで蜜をしぼった後のハチの巣をつつんだ

つぎに
鍋に水を入れて こいつを薪ストーブでじっくり煮た
蜜ろうの融け出す温度(融点)は65℃くらい
細かい泡がいっぱい いっぱい出てきた
鍋の表面に透明な膜が出来ているみたい
煮るのに1時間ほどつき合ったけれど
飽きてきたので 炭を二かけら足して置いた
吹きこぼれないように 適温でじっくり加熱し
蜜ろうを融かし出すことにした

次の朝
    まぁ なんと言うことでしょう
蜜ろうが出来た
  鍋の表面に満月蜜ろうが出来てた
まだ 少し 不純物がある

この蜜ろうにいろんなオイルをいろんな割合で混ぜたら
いろんなものが出来る

もうしばらく 道造は 蜜ろうに遊んでもらうことにした

蜜ろうに関するデータ
最初のハチの巣      465g
採りだした円盤ワックス  84g
残りのカス(残留物)   231g
水にとけだしたもの    151g

今回は 1/5ワックスは取り出せなかった
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる