黄色いコムスがやって来た

道造が日頃乗っているコムスは実証実験用
時々は山道の登坂・走行実験に使われる
そんなわけで、今回、実験が行われる間
代車で黄色いコムスがやって来た
  黄色のコムスがやってきた
  鮮やかな黄色のコムス
道造のというか道造に貸与されているコムスはついでに車検を受けた
本来は原付扱いなので車検は必要ない
だから正式には、タダの点検をしてもらった

真夏のド日中の炎天下ではコムスの運転は暑い
朝夕の運転は空気が少しは冷えていてきもちいい

就職して社会人になったとき
中古の自動車で通勤してた
何年かして クーラーを車に取り付けた
実にうれしかった 

一度クーラーを知ってしまった
コムスにクーラーがないと 不満
人間なんて そんなものなのか

時代は電気自動車に向かって一直線
ニュースでは・・・
「燃料エンジンの車の生産を○年後には中止する」んだって
本当なのか
そんなこと出来るのか
そんな時代が来るというのか
道造はどこら辺まで見届けてあっちの世界へ逝くのか

コムスはおらの住んでいる田舎というか中山間地に適しているのか
おらぁ~ 昭和40年代 高校へ通学するのに
近くのバス停まで原付バイクを乗っててもいいという時代
街場の高校では「三無い運動」とか言って、免許を持たせない とかバイクを買って与えないとか

そして50年・・・半世紀
道造少年は前期高齢者に突入して 道造爺さんになりかけている
ここでは 公共交通機関に頼ることが難しい
コムスよ 道造の足となるんだ

尾崎豊の15の夜ではないが
「盗んだコムスで走り出す65の夜ぅ~
 行き先も分からぬままぁぅ~ 」
こんなの あぶない老人の話ではないのか

どこから 中山間地域のモビリティから・・・こんなことになってしまったんだ
道造は 脱線と妄想の世界へ電動自動車で走っていくのであった。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コムス、どんどん進化してますね。
中山間部での足になってくれると本当にいいと思います。
自動運転車とどっちがいいかな、年をとったら。

たのしみは

本格的なよぼよぼの老いぼれになったら・・・自動がいい
運転する楽しみというものがある。
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる