露天風呂の続き

雨水に頼っていた
井戸水から
今回は栗山の沢の水
露天風呂その2
  浴槽の部分を拡大してみました
 ステンレスの浴槽は解体した現場からのもらいもの
 薪の釜は大国釜で これは買ってきました
 極めて調子がいい薪釜
 少しの薪で簡単に沸く
 でね この釜は2つ目だで

やはり作業をしたり生活するには水場が近くにないと
この露天風呂付近を整備して
栗やクルミやギンナンを洗ったり
シカの皮の肉を削いだりなめしをしたり

そして 作業の始まる前にお風呂を沸かしておけば
作業を終えた頃にはお風呂が沸いていて
疲れた体に いい湯加減

というより 
体にまとわりついた
ぎんなんの臭いが・・・・
シカの毛皮のだにや臭いが・・・
洗い流しておうちに帰宅できる

ぎんなん洗いの後は
弓歩さんに
「ニオウッ!!!」
と「仁王」のような顔つきで言われてましたので
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる