チェンソーのエンジン音が栗山に響く

昨年に続き 森林組合の方に
栗山の杉と桧の林の間伐をしてもらった
今日一日 栗山にチェンソーのエンジン音が響いていた

道造の父が栗山を開拓したとき
栗の木を植えても育ちそうもないところに杉と桧を植林した
栗山全体からすればほんの一部の面積だけれど
その杉と桧の林の間伐をしてもらった
   栗山の間伐
   林の中がとても明るくなった
夕方 その間伐された林の中に道造は立つ
早春のこもれ日の中で
植林してくれた父のことを想う
子ども 否 孫の世代に役立つように・・・
そんな想いで植林してくれた
素直にありがたく思う
いつか書いたと想うけれど・・・・
道造は自称「歩く謙虚」だで

道造も今日間伐をしてもらって
また 一回り大きく育つようにと
子どもの世代につなげてみようと・・・・

子どもはありがたく思ってくれるだろうか
このあと どんな時代になっているか・・・
そんなのはだぁれも分からない
結局 今「 いい 」と想うことをやるしかないのだから

自分が生きている間には恩恵が無いが
次の世代で役立ってくれればいい・・・

大きくくくれば 戦後の日本各地での杉や桧の植林は
そんな願いが込められている

だども 現実は・・・・
日本の山から搬出するより外国からの輸入材の方が安いから
日本の山の杉や桧はほったらかし・・・
そいでもって
杉や桧の花粉のアレルギーのこともあり
木の保水力があまりないこともあり
みんなから悪く言われている
よって たかって悪く言われている
いじめだ! 杉や桧に対するいじめだ!
広葉樹の方がいいわっ!
 なんて 広葉樹に対するひいきだ

これでは ご先祖様はたまったもんではない
貧しい時代に 歯を食いしばり 孫子のことを想い
戦後の復興を願い
苗木を背負い山に植えたご先祖様
いじめにあっている杉や桧

間伐された杉桧を供養するために
これでなんか造ってみようかなぁ~

弓歩さんがまた 頭の奥の方でささやく声が聞こえたような気がする 
  あのねぇ
  また あれこれ始めるよりも
  切り倒した木はそっとそこに寝かせておけばいいの
  自然にまた朽ちてこけでも生えればいいの
  それが わび さび 無情の世界というものなの・・・・と
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

杉やヒノキの値段が高かった時代。
そして、価格が下がった時代。
たかが20年や30年の話です。
今後どうなるのか・・・杉やヒノキの立場で考えると、
間伐しながら500年は切らずに待ってやりましょう。

今後、世界大戦が無いとすると日本は世界でも有数の林産国となりますよね。

杉もヒノキも日本固有の針葉樹。
世界中探しても日本しかありません。

No title

 アレルギーの人は気の毒だとは思いますが花粉のせいで杉、檜を悪者にするのはどうかと思います。花粉の出ないスギ花粉を開発中などというニュースはどうかと思います。
ご先祖様の苦労というものをこのブログで再認識させていただきました。
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる