石窯の仲間が集う

かつて石窯講座のスタッフをしていた
今 道造は わけあって講座には関わっていない
だども
かつての仲間のみなさんの集いに 道造にも招待の声をかけてくれた
道造は・・・・食いしん坊の道造は
鼻歌でホイホイ出かけていきました
イク爺さんの家の石窯で焼いたピザをたらふく食べ続けた一日でした

みなさん石窯講座のスタッフだけあって
そりぁ もう ・・・・では 紹介しよう
    石窯スタッフ会
   いっぱい いっぱい たらふく 頂きました

話題は やはり石窯ののこと
今年は 新しく石窯を造ることになっている
話題は というか 議題はその石窯のづくりの作業工程
もともとこのスタッフは2009年に石窯作りの講座に参加した仲間が母胎になっている
だからその折りのむかし話も交えてのおしゃべり会
その当時の作業のことで
みんなの共通する一番の想いでは
ディスクグラインダーで耐火煉瓦をカットしたときの粉じん
マスク ゴーグルをしていたけれど 容赦なく 鼻の穴 耳の穴 まで
口の中までジャリジャリ・・・
耐火煉瓦の目地の幅をそろえるのに苦労したこと

今回も物好きの食いしん坊が石窯づくりにやってくる!!!
その人達との出会いが楽しみだで

「想いではうるわし
さはもはやきたらず」 だな




  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そちらの土でアースオーブンを作ってみて下さいよ。
費用がかかりませんから。
火床だけ耐火煉瓦です。

土窯を造った

実は3年前に土窯をつくりました。
残念ながら窯に適した土が近所で見つからなかったので、壁塗り用の壁土を土嚢袋8袋買ってきて、小型の炭窯を造る要領でチャレンジしました。これが実に使い勝手がよくて評判いいです。焼き床だけは耐火煉瓦ではなくアサヒキャスターという耐火セメントで造りました。最初は火を着けるのに苦労しましたが、入り口付近で燃やし、徐々に奥に入れていけば、窯は温まり、おき火を退けてのピザ焼きが楽しくなりました。この窯は近所の人たちと時々は楽しんで使っています。
今話題にしているのは、講座で使うものです。どんなのができるか楽しみにしていてください。

No title

石窯作りは思っていたより大変そうですね。
四角い窯ではなくてドーム型の窯なのでしょうか?
削るのが半端じゃない作業と感じましたが。
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる