春を待つクルミ

最近よく雪が降る
昼過ぎにはとけている
そんなわけで 午後から 栗山へ行く
本日の作業は草刈り機では切れない少し大きめの灌木を切った

栗山を巡っていると白い木の肌のクルミの木が目立つ
クルミの冬芽
   クルミの冬芽
 ピントが奥の方に合って クルミの木の芽はボケてしまった
 何に見えるぅ~ ?「羊の顔 それとも ピエロの顔」
早く 速く 春がこないかなぁ~と待っているようだ
道造が春を待っているから クルミも・・・と、思ってしまうのかもしれない
そういっても 春が来たからと言って 別に楽しいことが始まるわけではないが
・・・ただ 寒いさからは逃れたい

最近 クルミについて あれこれ調べたりしている
栗農家に限界を感じているから
イノシシと栗ムシの二つの敵から逃れなくてはならない・・・イノシシに食べられ栗ムシのために保存が難しい
クルミはイノシシには食べられない 野ネズミは食べているが
なんといっても保存が利く 
ギンナンも保存にはよいが皮をむくのが臭い
だども クルミの殻から実を取り出すのは大変

そんなこんなで クルミ農家をここ5年ほど前から目指している
クルミの木は20メートルくらいまで大きくなる
そういえば・・・栗山の実のなるクルミの木は20メートル近くある
クルミの実の外の皮からタンニンがとれる・・・あの茶色い汁・・・柿渋と同じ成分
塗料 染料 なめし・・・こちらでいいかも

道造は 70歳のころの自分を思い描く・・・
クルミをバケツに何杯も拾っている姿
クルミの皮をむいて手が茶色くなっている姿
袋に詰めて産直に出荷している姿
「あんまりうれないなぁ~」 ・・・・と 愚痴っている姿
「そりぁ そうだ あんな面倒なもん 買う人はおらんわ」・・・と独り言を言ってる姿

だれだぁ~ 栗山にイチョウの木を100本も植えたのは・・・
と、道造は道造の父にむかって言っていた

だれだぁ~ 栗山にクルミの木を30本も植えたのは・・・
と、道造の息子に言われるのか
(現在 息子は 父が栗山で何をしているか 全く無関心だで)

植えたもん勝ちだね
気づかれた頃には
そのころ 道造はこの世にいないだろう




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる