栗拾いでの性格判断

友達が栗山にやってきた
栗拾いの様子を見ていると拾い方で性格が分かる
あまり正確ではないかもしれないが・・・・

イノシシ型
兎に角誰よりも先頭をいく 大きい 小さい ムシ栗・・・そんなの関係なく片っ端から拾っていくタイプ

独り言タイプ
誰に言うわけでもなく  これ大きいわ今日の一番  だれだぁこんな大きいの拾い忘れて・・・  やたら自分の行動・感想を言葉で表しながら拾うタイプ

こだわりタイプⅠ  
栗だけ地面に落ちてるのは拾わないで イガの中から取り出したのだけ拾う・・・だっていつ落ちたか分からない栗は心配だもの
イガの中にある新鮮な栗がいいというタイプ

こだわりタイプⅡ 
小さい栗はいらない 大きい栗だけ拾うの 後で食べるとき 小さいのはオニ皮をむいても食べるところが少ししかないでしょう。
めんどくさがりやというタイプ

こだわりタイプⅢ
大きい栗はいらない 栗本来の味は「柴栗」にあるの 大きいのは味も大味という タイプ

イノシシ型タイプなんてこだわらないタイプといってもいいかもしれない
10分も経たないうちにもういいやと言う と想えば 栗拾いハイになりどれだけでも拾い続けると言う
みんなちがってみんないい
こんな風に 人間の数だけ栗へのこだわりがあるのは当然なのかもしれない
中国のことわざに「拾う栗あれば捨てる栗あり」というのがあるそうだ
実に当をえたことわざだ

そこのあなたは どんなタイプ
 そうねえ
拾ってきてもらって  ゆでてもらって
半分に切ってもらって  スプーンも持ってきてもらって
ついでに お茶も持ってきてもらって
  まあまあだね といって食べるタイプ

・・・食べさせてね と、口を開けてないだけいいでしょう  だって・・・


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

タイプ判断

こんにちは道造さん。このタイプ分類当たってるなあ、俺はこれだな
、兎にも角にも、まずはお礼から。道造さんの秋山は楽しそうです。
早いとこ、運搬車で爆走する少年の様な爺様の勇姿を見たいもんです。
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる