シカがいっぱい

道造の家の近くでも栗山でもシカがよく捕獲される
ハンターのトミーさんたちは一日おきにくらいに捕まえる
道造は山の中から軽トラまで担いで運ぶ係り

でもって
道造はそのシカの皮をもらってきて「なめし」に挑戦している
資料で調べ ネットで調べ・・・
とりあえず 「やってみらっせ」の精神で

でね
あまり うまくは なめす ことはできないけれど
それなりに なめし ている
現在 完成品は軽トラの座席に敷いていて みんなに見せたりしている

シカ皮のなめし
 ただ今 シカ皮5枚目 なめし中
道造の小屋の中で乾燥中で

シカ皮をもらってくると・・・・
まず 毛の部分を洗剤でとにかく洗う
ダニなどが付着しているし 山の中で汚れているので
最後にシャンプーしてリンスして柔軟仕上げ

つぎに 毛でなくて 肉の方がこれまた大変だで
高圧洗浄機で肉をじっくりゆっくりこそげ落とす
高圧の水圧で肉はゼリー状になるので削いでいく感じ
このときが一番辛い
洗浄機から飛び散るしぶきが体中にまとわりつく
完全装備での余分な肉のそげ落とし

最後に 塩とミョウバンをたっぷりかけて皮をもみほぐす
時間をかけてていねいに
 
それを新聞紙でくるんで日陰干し
樽に毛皮を着ける場合もある 
そいつが適当に乾燥したら 板に貼り付ける
おらぁ~ インパクトドライバーでコンパネに貼り付けてる 

毛のない方の皮が乾燥したらペーパーで浮き出たミョウバンをこすり落とす
そして プラスチックハンマーでたたいて・・・・
手でもんで あれやこれやで 柔らかくする

最後の仕上げ フィニッシュは 脂(保革油)を塗る

どの作業工程も根気のいるものばかり

道造は 今回も 覚悟にたどり着く
シカの皮をもらうことの覚悟
「もらうと言うことは なめす 覚悟 なり」



 皮(生の動物) から 革(加工)にするために
 柔らかくすることを鞣(なめ)すという
 もむことを揉むと書く
 
 やわらかくすることは こんなにも 大変なことなのか
道造は しみじみと 難しいと実感している

でね・・・・
道造はあれれこれ試している・・・・
タンニン で鞣すといいとのこと
柿渋を塗ってみたりしている
どうなるのか 少しでもやわらかくなるかなぁ
たのしみにしている

いつの日にか「なめし職人の道造」なんて呼ばれたりして・・・
おっとっと・・・いつもの妄想が始まっちまったぜ







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる