砂糖ショウガ

こないだ キンカンジャム作りをした
・・・・
キンカン塗ってまた塗って・・・・でなくて
キンカン食べてまた食べて
少しキンカンの皮が感じがするんだけれど
パンに塗って ヨーグルトに混ぜて 食べております

でね
今度はショウガの砂糖煮を作ってみたんです
ショウガの砂糖菓子
   ショウガがベタベタしてシートに並べるのに一苦労
   ショウガ乾燥中

①ショウガを薄く切ってから水でゆで お湯をいったん捨てる
②砂糖でゆっくりそしてゆっくり煮付ける
③クッキングシートの上に広げ砂糖を振る
そして ただ今乾燥中

こんなことが楽しいのです
ロケットストーブでの調理がしたくて

ロケットストーブの上にオーブンをのせてピザでも焼こうと思った
わぁ~~い 思ってしまったんです
そんなわけで おらぁ~ もうしばらく ロケットストーブと遊びます
ちょうど寒波が来て 外での作業が大変だから

今週は火遊び週間だで
だども とりわけ砂糖を扱うときは焦げ付かないように気を遣うのは大変だ
そいでもって 今のおらのテーマは
ロケットストーブにおける火力の調節
ガスコンロみたいに火力は思い通りにいかない
だども そいつを手なづけて調教する
そこがそれなりにおもしろいわけで
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

キンカンの甘煮

道造さん、あのね、僕にも若い頃が(髪がフサフサの頃)あったのを信じてくれるよね。そうあの頃、純真な中学時代のお話し。育ち盛りのこの時代、食っても食っても腹がへる、何を食っても味わう前に食い終わっている状態だった。ある日、お袋がキンカンを煮ていた。あの甘ったるい匂いに誘われて、そっと、お袋の後ろから覗き込み、旨そうだなあと呟いた・・・・のが間違いの始まりだった。「食うか?」ニコッとして、煮込み途中のキンカンを、ふうふうと軽く冷まして手の上に置いた。「旨い!!これならなんぼでも食べられるなあ」。これが2度目の間違い・・・・・数日経って、ある日のお昼に事件が起きた。中学校は今でこそ給食だが、当時はまだ弁当を持って行った。(パカッ!!教室中にキンカンの臭い、開けた大きなブック型の弁当に、あの甘煮のキンカンがギッシリと詰めてあった。その時初めて、お袋に文句を言った。作ってもらった食い物に文句を言ったのは、人生の中であの時だけだ。教室中に漂った匂い、弁当箱いっぱいに詰められたキンカン、ひやかす者や笑うやつもいたけど、そんな事はどうでも良かった。キンカンを何個か口に入れて蓋を閉めた。!!晩飯は昼飯の分まで食ってやるぞお。親がぜったいの時代だった。ひねくれもせず、こんな素直な少年、今はお爺さんだが良く育ったものだ。道造さんのキンカンの話題を読んでいると、今は亡き懐かしいお袋を思い出した。有難う道造さん。・・・と言いつつ、お茶菓子と引き換えに間伐材何本かくれない?

追伸

なるほどと思いながら・・・軽トラに雪かき用アタッチメント・・・こんな発想歓迎ですね。去年2月に大雪が降った時に伊豆の河津桜を見に行ったんですよ。伊豆半島の根っこから先っぽまでドライブしたんですが、国道は雪に埋もれ、それはそれは大変な馬鹿げたドライブでした。その時、見た光景ですが、雪かきしている人が持っている物、それはスコップなんですね。当たり前と言えば当たり前ですが、普通の金属のスコップなんですよ。雪の多い所では大きめのプラステイックのスコップやソリ等使うでしょ?、普段降らないので持ってないし、店にも売ってない。ここら辺でも、ちょっと降るだけであちこち渋滞で大変ですもんね。軽トラに雪かき用アタッチメントかあ・・いいかも

かつての青年は雪国を目ざす

それでは、雪国へ「雪かき用軽トラアタッチメント」を取り付けて、実演販売にいきましょうか。雪で・・・。草刈り機の長いバージョンでやね雪下ろし機。・・・こいつは軒下から屋根に向けて。それから 屋根に取り付ける雪滑りシート・・・こいつを屋根に張っておくと、雪はスルスルスルスル滑り落ちて屋根の上での危険な雪下ろしをしなくてもいい。それからそれから・・・雪下ろし用簡易コンペヤー 雪国の高齢者のためにとんちさんひと肌ぬいでそのぬくもりで雪を融かして。
さっそく試作をお願いします。道造は雪国へ行商にゆく心の準備はできています。
年金だけでは生活が厳しいので小遣い稼ぎがしてみたい道造

夢広がりますねえ

さすが、道造さん。アイデアが泉の如く、さすがですね。年金だけでは心許無いのは同感で、ちょい悪爺さん・あきらめの悪い爺さん・夢見る爺さん、どれも当たっているような気色のいい響きですねえ。雪国への人助け・・・ん?・・人助け・・助け・・・たあ助・・た足助・・あっ!やっぱり道造さんの生息地足助町はDNAが人助けなんだ。こりゃあ!やるっきゃないかなあ。
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる