ゆべしに挑戦

となりのとなりのおばさん・・・・
一軒となりのおばさんとも言うが・・・
『冬至が近づいたでゆずをあげるわ。 風呂に浮かべるといいわ』
そんなこんなでゆずをもらった <ゆずをゆずってもらった>

この日はサツマイモをウイさんからもらった
その前の日は、「もらうのには覚悟が必要」なんてとんちさんと話したとこ
でね・・・
サツマイモを蒸かしてイモ切り干しを作った
今年3回目のイモ切り干し
イモの蒸かしついでにと言う流れで
そうだっ!!  ゆべしを作ろうということになり
そのつづき というか 流れで ゆずに味噌を入れて蒸かした

ゆずを切って中身をくり抜いて
味噌を詰め込んで
蒸して
ネットに入れてつるして 完成
    ゆべし造り
  干してあるゆべしのそばへ行くだけで ゆずと味噌のいい香り

だいじょうぶかなぁ~
かびてしまわないだろうか
段ボールの隅の腐ったミカンのカビを連想させる

悲観的にとらえてはいけない
ゆずが乾燥してひと回り縮んだ  黒い塊のゆべしをイメージしよう
そいつを ゆずの風味味噌 炊きたてご飯で食べてる
いいな  いいな 早く食べたいな

最近 道造は保存加工食に取り組んでいる
ミョウガのみそ漬け
イモ切り干し
白菜・大根の漬け
カブのの千枚漬け
・・・・
こんなことが おもしろい とにかく 食べられるからおもしろい

セブンイレブンに寄ったら  偶然
「イモ切り干しを焼いてみた」をみつけた
早速 挑戦だで
・・・こんなことが こんなことで 充分楽しいのですよ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

楽しそうだなあ

文の中に「とんちさん」なんて文字が出て来ると、なんか嬉しくなってくるなあ。あまり、コメント投稿し過ぎると道造さんのブログ荒らしてるみたいで・・・と思ってね。なあんて思ったりしないか。
確かに、保存食の加工文が多いな。ちょっと、心配なのは保存食消費の生活リズムが出来てないと、保管庫内に忘れ去られた保存食の化石化したものが出て来るんじゃないかってね。自分の事で言うとね、こう言ういい加減な気楽な生活してると、やりたい事や見たい物がたくさん出て来る訳。そこで、昔ならビデオだけど、今はメモリーチップをプスッとさして片っ端に録画するんだけど、ほとんど見た事が無い。ビデオカセットが本棚や机の上を占領して何て事は無くなったのにはメモリーチップの偉大さを感じる。保存は保存でも、保存食と一緒にされてはさすがの道造さんも気分を悪くするかな。ごめん!
楽しそうだなあと道造さんを思い浮かべながら、せっせせっせと、金土に出かける釣りの仕掛けを結んでいる。そう!ニコニコしながら

そういえば・・・

保存食はほとんど食べている。というか食べきっています。イモ切り干しなんか、固いとか甘くなったとか言いながら食べてしまい。今年は3回もイモ切り干しをつくりました。食べずに残っているのは・・・・ありましたよ。思い出しましたよ。3年くらい前、梅がたくさん実ったので梅干し造りをしたんです。自分とこのアカシソウだけでは足らずに買ってきてまで、土用干しも熱心にして、海苔のビンに3つか4つくらい。最近はほとんど食べてない。まだ2ビンは残っているはず。自転車も6台くらいとって置いたことがありました。・・今でも4台はあるか。
とりあえずとっておこう。撮っておこう。これがよくないのです。とっておいていいのは現金だけ。そいつも、遺産相続でもめてはいけないとおもい、せっせっと使うことにしてます。
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる