シカの続き

 昨日のシカの解体に行ってきた
シカの解体
 ハンターのトミーさんたちはナイフ1本でどんどん解体していく
体の骨の肉のつき方などの構造がわかっている
今までの経験が解体技能に反映している
イノシシとちがってシカの脇腹の皮を剥ぐナイフさばきなどは感動もの
おらぁ~見てるばかりだ

今回はシカの皮をもらってきた
ひるからシカ革なめしに挑戦した

皮から肉をこそげ落とす
これは高圧洗浄機でクリヤー
次に
塩もみのあとミョウバンをまぶす
 しかの皮のなめしその2

このあと塩とミョウバンの液につける
一週間後が楽しみだ
どんなふうにできあがっているか。
そうして一週間後に乾燥させる

2年ほど前にもシカ革に挑戦した
皮の裏側の肉をそぎ落とした後乾燥した
それなりにできたけれど革は硬くてゴワゴワ
どうせ敷物にするから硬くてもいいと思って

今回はミョウバンと食塩の液に漬けこんだ
革は柔らかくなるだろうか
道造は革工芸の趣味が拡がるのだろうか

新しいことに挑戦する楽しみはある
だども
「何事にも先達あらまほし」だで



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる