シカが捕まる

最近 夜中 おらが寝てるときに シカの鳴き声がしていた

ー 声聞くときぞ 秋はかなしー  の世界である

と、そんなことをとなりのおじさんと2日前に話してたら
と、その時 
  どの時
今朝、7時くらい 朝食を食べてるとき となりのおじさんが
「シカがかかっとるで 手伝いに来て」と、言いに来た

そんなわけで 早速 手伝いに行った
 森の中のシカ
  薄暗い森の中でのシカ
 写真のフラッシュを受け目がとても輝いていた
 まだ、角が短いシカだ
たぶん あの鳴いていたシカだと思われ

ハンターのトミーさんが来て処理をして
おらぁ~ トミーさんと 森から担いで軽トラまで運んだ

シカの肉はデリケートだで
荒く扱うと皮下出血してゼリー状になる

家のすぐそばまでシカが来る
イノシシも来る
そんなの日常茶飯事

そいつを捕まえる
そいつを解体する
そいつを食べる
そんなのハンターのトミーさんたちは日常茶飯事
おらぁ~時々ハンターの仲間に誘ってもらうときがある

おりしも
おらが村には イノシシやシカの解体施設ができて 本日竣工式だで
ジビエで村おこしだ

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる