自転車をこぎたくなる

最近天候が不順
ところが 今日は どうよ 快晴  無風
晩秋 いや 初冬 抜けるような青空
こんな日は じっとしていられない
道造は午後から自転車をこいでみた
矢作川沿いに自転車を漕ぐ
  阿摺ダムをスタートとして矢作川を上流に向かって漕いだ
 これは 途中月原(わちばら)にかかる赤い橋
 道造の赤い自転車見つけられるかなぁ

暑くもなく 寒くもない
ブンブンかっとばす
阿摺のダムには鴨かもしれない水鳥がいた
かつて 道造は娘とカヌーで水鳥を追っかけたものだ
そんなことを思い出しながらどんどん漕ぐ

道造以外に自転車を漕いでいる人はだぁれもいない
みんなはきっと こんないい天気なのに 働いているのかなぁ
そうだよ  こないだまでの自分だってそのものだった

好きなことができるということは「贅沢」
海外旅行に行くとか
美味しい料理食べるとか
そんなんでなくても「贅沢」はある
まぁ 簡単に言えば 心の持ち方で「贅沢」ができる
時間を自分のやりたいことに自由に使える
その基になる「健康」というか「ほぼ健康状態」というか「なんとか健康状態」
これは かなりな贅沢だとおもう

今日のルールは
3時15分まで上流に向かって漕ごう
3時15分になったら引き返そう
 
引き返すとき 夕日が目に入る
この時期は日没が早い
3時過ぎれば太陽はかなり低い位置にある
風もヒンヤリとしてきた
何てったって 明日からは師走だもん

明後日当たり 太股当たりがそれなりに筋肉痛だで
この筋肉痛だって 今日の日を思い出す「贅沢痛」だで

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる