親子で栗きんとんづくり

今日は終日雨
こんな日はあの人と
昨日栗山でたっぷり拾ってきた栗をゆで
栗きんとんを親子で作ることにした
あの人はとはばあ様のこで
ゆでた栗を
半分にカットして
スプーンでほじって
そいつに砂糖を少々加えて
ラップでしぼって 完成
すりつぶしたり裏ごしなどせずに
栗の粒々の食感を大切にした
正式には茶巾絞りと言うことで
布でしぼり団子状にするんだけれど
   栗きんとんづくり
  がんばって栗の実をほじりました
ゆでたての方がオニ皮が柔らかいので
せっせっと栗の実を半分にカットすると
ばあ様がほじり出すという親子のうるわしい連携プレーで
めでたく栗きんとんが出来上がり
全部で22個できた
もちろん試食をした
砂糖がちいと少なかったので
少しばかりぱさつき感があり
甘みが遠い感じがしたけど
砂糖が多すぎると甘みが優先して
栗本来の味が隠れてしまう
まぁ こんなもんでしょう

先日 とんちのくまさんは 奥様と
岐阜の本場へ栗きんとんを食べにいったとか
そんなコメントをもらった

おらたち親子の栗きんとんもなかなかなもんだで
クール宅配便で送り届けてあげたいくらいだで

本当のあの人というか おらの奥さんの弓歩さんは
本日は定期検診で病院へ
昼前に帰ってきた
そいでもって
今朝は朝ご飯を抜いての検査だったから・・・
と、ぱくぱく食べ始めた
そんなのぉ~ないよ
栗きんとんは もっと上品に食べてほしいのにぃ~
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

手作りの栗きんとんですか、いいですねえ。去年の話でもうしわけないけども、10月中頃の連休を利用して、長野方面に道の駅ツアーに奥様と行きました。秋の長野は果物天国、奥様に連れていってもらいました。(毎度のことながら、運転は僕なんだけど主導権はない)サービスエリアや道の駅に立ち寄っては産直のコーナーへ、しばらくグルグルしては、さあ~次行くよテンデ、訳わからず次の道の駅に。何が気に入らないのか機嫌が悪い。昼もとうに過ぎて、コンビニでおにぎりを買って、久しく走って、小布施のオアシスについた。奥様は孫の大好きなカチカチの硬いリンゴや、いろんな種類のぶどうや、何やらかにやら沢山買い込んでご満悦だ。さあ、帰るよっとばかりに高速を南下。(運転は僕だ)薄暗くなって帰宅、早くも台所で何やらを始めた。夕飯は娘が作るので、今日仕入れた物で何か作るみたいだ。しばらくすると、さあ手伝ってとテーブルに茹でた栗を盛り上げた。包丁とスプーンをわたされ、切ってほじって指示が飛んで行く。ふと、奥様の顔を見ると、ニコニコご満悦だ。大きい栗でしょう、おいしそうね。そう、奥様はこの大きな栗が目的だったんだ。確かに僕のとは違って大きくて立派だ。今日の内に友達に配ると言うので一仕事だ。(配るのは僕の担当)でも、確かに協力して作ったこの栗きんとんはおいしかった。道造さん、栗きんとんおいしいね。
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる