流れ星を見る

夜中に目覚めた
午前2時
流れ星を見ることにした
外は結構涼しい
空気と虫の音に秋の気配すら感じる

ペルセウス座流星群の活発な時期だと
天気予報の時言ってたのを思い出した

午前2時の星空は、・・・・
真上に ペガサス座の四辺形
西の空には傾きかけた夏の大三角
東の空にはぼんやりとスバルが
北の空にはくっきりとカシオペア

流れろ 流れろ
と、念力をかけながら見上げる星空
3回ほど流れた
そうなこんなで 見上げている間に
五角形のぎょしゃ座のカペラが東から登り始めた

道造は時々星を見る
双眼鏡その1

望遠鏡ではなく双眼鏡で夜空を覗く
星団を見るのが好きだ
とにかくなんでも 覗くのが好きだで
そう・・・
あなたの 心の中も 覗きます

宇宙空間に彗星がまき散らしたゴミの中を
地球が通過するとき
地球の大気とゴミがぶつかるとき
ゴミが燃えて流れ星となるとか

道造の流れ星への空想は広がる



 流れ星は彗星という汚れた雪だるまの砂粒のようなゴミが原因だとか

では
 人間が地球の軌道上に宇宙空間に砂粒くらいのゴミをばらまけば
人口の流れ星を作ることができるのではないか

ゴミの種類で色がちがうだろうか
むかし 金属の炎色反応なんていうのを理科の時間習った
金属が燃えるというか酸化するとき独特の色を出す
花火はそこんところをうまく利用しているようだ
例えば・・・
銅の砂粒を宇宙空間にばらまいたら
そこを地球が通っていくなら
地球からは緑色の流れ星とかが見えるだろうか

おらぁ~ 空ばかり見上げているので首が痛くなった
流れ星があんまり流れんもんで
ろくでもないことを思いついた

流れ星をコントロールする
これは 空想なのか妄想なのか
それとも 科学的なのか

いつか 天気予報で
「本日は宇宙のゴミ置き場付近を地球が通過します
流れ星がたくさん見えます。」
なんてことがあったらおもしろい
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる