栗の木の消毒

栗の花が散る
次の段階として消毒をする
あの悪名高い「クリムシ」がいに入る
いがの中の栗の実に卵を産み着ける
落ちた栗の実に産み着けるのではない

栗園での主な作業はこのクリムシとの対決
だった
だども 最近はもう一つと言おうか
 もう一匹 いや もう何匹もの
イノシシやシカとも対決しなければならない

せっかく収穫できるようになった栗の実を
どんどん食べてしまう
栗園を閉園した主要原因はこいつらのせいだ

さて・・・
天気予報とにらめっこ
とにかく つゆの晴れ間をねらって
栗山の消毒をした

   栗の木の消毒
   動力噴霧器での作業
 虹がかすかに見えませんか

農薬の霧対応のための
マスクをして カッパを着る
これが暑い 実に暑い
道造のおでこを汗が伝わる
汗がつぶらな目に入る
目にしみる

明日も晴れたらこの続きの作業
このように
道造は時々はまじめに作業をする時もある

作業が終わったら ご褒美だで
おらぁ~ 近くの温泉へ行く
どんぐりの湯にしようか  ささゆりの湯に
それとも 曽木の湯 ・・・・
そのとき 決めよう  

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ご褒美の温泉いいですね(⌒‐⌒)

どんぐりの湯、ささゆりの湯は行きました♪曽木の湯はまだです。最近行ったところで…可児市の「天然温泉 三峰」、関市の「神明温泉 湯元 すぎ嶋」…ここは、「日本秘湯を守る会」の提灯が下がっていましたよ♪

自宅庭の野天風呂に11年間

おっと。温泉に関しては先輩ですね。どこかでお会いするかもしれません。このブログの「野天風呂」のカテゴーリーをチェックして見てください。道造は11年間自宅の庭での薪で沸かした「野天風呂」にはいていたのです。縁側ですっぽんぽんになり、5歩で庭の野天風呂に行き着くのです。大きな柿の木と花桃の木の下の野天風呂です。今は休んでいますが、11年間は野天風呂が日常でした。
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる