いちごをたらふく

朝飯を終えていっぷく
午前7時過ぎ 電話が鳴る
隣村のキヨシさんから
「いちご狩りにおいでん(よ)」

キヨシさんはいちごつくり名人
このみち20年の大ベテラン
イチゴ栽培の講師をやるくらい

るんるん  るんるん るんるん
<うれしいとか  たのしいとかの気持ちは
 ああだこうだ と書かなくても
 ”るんるん”で十分だで
 日本語 なんと 便利なことか>

でね
もちろん 道造はいちご畑へすっ飛んでいったんですよねん

    いちごがいっぱい
   こんないちごが ごろごろ ごろごろ  
 しゃべる
 食べる
 パックパックたべる
 パックにも詰める
 この3つの同時進行
 あわただしく30分
 土産にパック4つにてんこ盛り盛り

久しぶりに こんなに たらふくいちごを食べた
一年に一度くらいこんな日があってもいい

きのう 田植えが終わったところ
少しばかり農作業をがんばった
そんな 道造へのこほうびだったかも

もう10分早くさそいの電話があれば
朝飯抜きでいちご狩りにいったのに・・・
そんなことを思っている自分が
実に意地汚く・・・食い意地の張りつめた自分に気づく

とにかく キヨシさんは いい人だ
キヨシさんは海づりにもいく
帰りに新鮮な魚を置いていってくれる

「友を選らばば書をみて」
ちがうね
「友を選らばば食を見て」
  参考までに
道造のいちご栽培の様子
いちごの見張り人
  いちごの見張り人
きよしさんからいちごの苗を12本苗をもらった
そのうち7本しかいちごが成らない
そのいちごを守っていてくれるのです
これは
この番人というかかかしは
今年90歳になるばあ様の作品だで
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる