小型石窯2段目完成

昨日の続き
道造は いそいそと
小型組み立て式石窯の2段目に取り組んだ
  完成小型石窯2段目
  とりあえず完成
まだ 焼き床(さな)の部分はできていませんが

セメントのブロックをしいて 
その上に耐火レンガ(SK32)で敷き詰め
この小型石窯を置く

各パーツの接合部分にすき間がある
当然煙が漏れる
当然熱気ももれる
道造はそんなことは気にしない

コンクリートが十分温められれば
下部から熱を供給すれば
ノープロブレムだと想う

いよいよ明日は
焼き床をつくる
楽しみだで
  
だんだん アサヒキャスターと友達になってきた
キャスターに加えねる水の量の調節が分かってきた
「習うよりなれろ」の世界かな

今回は曲線にこだわった
アサヒキャスターだからこそ曲線が簡単にできる
そこんところにこだわった
だから 今回はほとんど曲線を取り入れた
薪や炭が燃えた時出る熱風を曲線
でなめらかな流れにしたいとの想いから
直線ならブロックを使えばいい

理屈はこれまで
組み立てて完成した窯で
薪を焚けば 火を入れれば
答えが できばえがわかる  

たのしみ その日がくるのが
ただ ただ たのしみ
石窯造りは 実に贅沢な遊びだと想う


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる