ふとんがふっとんだ

ゆうさんから筆柿をもらった
小型の石窯遊びのお友達から
そいでもって
ばあ様とおらとで干し柿造り
この寒さならだいじょうぶだで
暖かいと柿がとろけて落ちてしまう

柿の皮を剥いてぶら下げた
高いところに干すのは面倒だから
それに
ヒヨドリなどが食べに来るときネットがかけやすいから
    干し柿造り
  ふとん干しにぶら下げた
晴れた日はより外に
夜は軒下に・・・ 移動可能だで
グッドアイディアだ!!!

弓歩さんがやって来た
いつものようにやって来た
いつものように 何か言いたげ・・・
不安 不吉 緊張 ・・・・
おらは複雑な感情が脳裏をかすめていく

「干し柿ができるまでふとんが干せないわね」
と・・・静かに言われた
その通りだ
確かに弓歩さんの言うとおりだ

いいアイデァだと思ったのにぃ~
ふとんがふっととんだ
自慢しようとしてたのに ふっとんだ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる