小型石窯で焼きました

おらが村では
小型石窯を造ったいつもの仲間といろんな人が15名ほど集まった

ついに ついに 火入れです
土壁の乾燥状態が心配
うまく焚きつけられるか心配
温度が上がるか心配
ピザが焼けるか心配
・・・心配の四重奏
でね
これがうまくいったんですよ
もちろん試行錯誤の結果ですが
  小型石窯で初焼き
   発見したんです
焚き口の空気の動き方が分かったんです
焚き口の下の方から焼き床をはって薪を燃やす空気が入り
燃えた薪の煙は窯の天井を伝わり外に出る

これが実にスムーズに流れるのです
そして 温度は350℃まで上昇
ピザはちゃんと焼けたのです
ナンだって
お好み焼きだって
パンだって

でね
キーチ君は
ピザを直接焼き床に置くとピザの裏までカリカリ
ピザをピールですくい天井に近づけて最終焼き加減を調節
ピザ職人デビューだで

「なにぃ~
こんな簡単にやけるだぁ~
おいしいわぁ~」
なんて 言われたりして・・・・

達人 匠は 一見して難なくこなしているようでも
細部に配慮しているんだで

「おらもこんな石窯が造りたいっ!!!」
と、騒ぎ出す者が約2名
疾病名 伝染性石窯づくりに感染




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる