温度計センサーがやってきた

  石窯料理にも 燻製にも
  共通して大切なことは「温度管理」
  
  薪の石窯はガスや電気のオーブンではないので
  温度が安定しない。
  その都度微妙に変化する
  そこがおもしろい そこを楽しむのが薪の石窯だで
  今度はちょっぴり早いとか 調度いいとか言いながら・・・

  ところで
  やはり 正確な温度が知りたいと思うときがある
  石窯ピザなら300℃
  燻製なら70℃
  そこで 電気のシステムの安藤さんに
  500℃まで測定できるデジタル温度センサーを作ってもらった

  温度センサー
    温度センサー データーロガー
  設定温度100℃
  道造の室内温度13℃
  設定温度から30℃以上ずれているので赤ランプ点灯

  実は
  育爺さんちの石窯に着いていたので
  おらもほしいほしいと騒いだら
  安藤さんが作ってくださった

  おらぁ なんでもほしがるタイプだで
  でも 騒げば作ってくれる友達がいるというのはいいもんだで

  この温度センサーがあれば石窯パンに挑戦できる
  砂糖やバターの入ったパンはすぐに焦げやすい
  一定の低い温度を維持するにはこの温度センサーは役立つはず

  最初は計量カップを使って料理してたが
  慣れてくれば適量が分かってくる

  やがては温度センサーを卒業できるかも
  道造の直感で焼くことができる日が来るかも
  炉の中に手をかざしただけで適温が分かってしまう
  道造の手は神の手だで
  人は「ゴツドハンドの道造」とささやくだろう
  そして・・・その時は
  パン焼き職人 ピザ焼き職人 燻製職人の道造と呼んでくれ
  「マイストロ道造」と呼んでくれ

  あっ また弓歩さんがこっちに来た。
  何も言うなっ!!
  おらぁ 手をかざしただけで 弓歩さんの言いたいことがわかるだ
 
  ・・・なんでもいいから 早く美味しいパンを焼いてよ・・・
  




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる