栗の木の肥入れが始まる

 JAから肥が来た
 いつものようにこ

   肥が来た
  
  いつも、この時期 1月中旬から肥入れが始まる
  昨夜雪がちらついた
   
  「凍えた両手に息をふきかけぇ~」
  と鼻歌で 作業開始
  15㎏の乾燥鶏糞が約110袋

  だども
  作業を始めれば体はすぐ温かくなる
  かえってこの季節、この時期がいい
汗をかかなくていい
  もちろん 肥入れの穴は地面が凍る前の12月中に掘っておいた

  雪をかむった恵那山が圧倒的な存在感で見える
  一人ガサガサ栗の木の落ち葉を踏み分け
  肥入れをしていく

  昨年植えた苗木
  2年目の幼木
  3年目で勢いの出てきた木
  ・・・
  もう何十年も経った老木
  ・・・
  一本ずつ丁寧に肥入れをしていく
 
  おらぁ~
  こうしているときが楽しい
  作業が進んでいくと
  肥入れの済んだ空の肥袋が増えていくのも励みになる

  
    

  
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる