栗山の蜘蛛の巣

    霧雨の中
    栗山で早朝作業
    ふと、枯れた栗の木を見上げれば
    霧雨が蜘蛛の糸に着いた
    いくつもの蜘蛛の巣が白く浮かびあがっかている
    へぇっ~ こんなにも蜘蛛の巣があったのかと     

   クモの巣1
    作業の手を止める
    蜘蛛はいるのかなぁ
    蜘蛛の巣に近づいてみる
    クモの巣2

    いるいるちゃんといる
    蜘蛛の巣に水滴がつき
    蜘蛛自身もそま真ん中で濡れてじっとしている
    
    蜘蛛は糸を張った後
    獲物がかかるのを
    ただただ そして ただただ待つ
    待つと決めたら どこまでも待つ
    いいですね
    実に潔い
    途中で迷わない・・・ただ待つ
    蜘蛛のことが好きになった    
   
    道造は また 鼻歌でホイホイ
     私待つわ いつまでも待つわ
    そんなうたもあった
    これは 蜘蛛の歌だったのか 
 

   
   
   
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる