うぐいす 姿をみせろ

  栗山きん 御歳 八十半ば
  これがなかなかのばぁさまだで

  畑にいたら 近くの椿の木でうぐいすが鳴いていただと
  「ケッケッケキョッ・・・」
  実にへたくそ
  声はすれども 姿が見えぬ
  
  そこで ばぁさまは・・・
  近くにあった 木ぎれを 椿の木に向かって投げたとさ
  
  そしたら
  うぐいすが 椿の木から 飛び出していったとか
  ・・・・・
 「確かに うぐいす色  小振りなすずめほどの大きさ」
  と、うそぶいてた
  
  いいのかなぁ
  こんなことして・・・
  ううんっ  そうじぁなくて・・・

  こんな年寄りが 木ぎれをうぐいすに投げてみる なんて
  許されるだか

  道造の母だけのことはあるだか。
  この親にしてこの子ありだか。

  そいでもって
  「このうぐいすは 今朝は午前5時23分から鳴き始めた。」
  とか・・・ばぁさまは言ってた

  道造の母は変かもしれない
  好奇心が旺盛と変とは同じことかぁ・・・
  



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる