春をくらう

  タケノコのこのこ湯がいて
  
  本日は 久しぶりの快晴 
  野のものをいただきました

  となりのおばさんが
  竹の子をくださいました
  となりのおじさんは
  イノシシがタケノコを食べていってしまったと嘆いていましたが  

  
  さっそく米ぬかがゆでまして
  酢みそで食べました

  実に柔らかい
  美味

  うどのまわりうろうろ  
  それから 道造は 土手のうどを収穫
  枝の上に草をかぶせておき
  その上に 遮光ネットをかけておき
  
  それでも うどに光が当たり
  白いうどでなく 赤いうどです
  これもゆでまして
  皮をむきまして
  酢みそで食べました
  うどの風味 オトナの味だで

  うどの先の葉の部分は
  しいたけとアスパラも加えて
  ごま油で炒めて つゆの素をたらして
  夕食の一品

  道造 大満足です
  野のものを体が欲しがります

  春の野に出てきたたけのことうど
  ごちそうさまでした      
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる