冬の栗山の山小屋

          2009年 冬の山小屋
  ここのところ 晴れた日が続いています
  冬の日差しを浴びた山小屋です

  山小屋の周囲の木々はすっかり葉を落としました
  正面の大木は「クヌギ」
  それは クリニギ・・・・栗似木 栗に似た木 からきているとか

  小屋の奥の白っぽい木はオニグルミです
  まだ木の下にクルミが少し転がっています
  
  午後の一時
  小屋の中でコーヒーを飲んで
  ぼんやりと得意な「妄想」に耽っています

  小屋に三時間以上滞在するときに
  薪ストーブに火を入れます

   新年に想うこと
   ブログに 短歌か俳句でも載せようか
   道造は想うのですが   
   道造心の短歌   
   楽しみは   そぞろ読みゆく ブログの中
        我と等しき人を見つけしとき
 
 (訳)   暇にまかせて いろいろなブログをのぞいていると
       自分と同じような趣味の人をみつけた
       おお  仲間じゃないか と うれしくなった


       実は、江戸時代末期のの歌人・橘曙覧(たちばなのあけみ)の「独楽吟」からの
       パクリのなのです。

      道造心の短歌 これも ちびまるこの「ともぞう心の俳句」のぱくり
      今年もぱくりぱくりと生きていこうと想う道造であった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる