FC2ブログ

道造ホイホイにかかる

今朝も8時前から
セッセ・セッセとストイックにブルーベリー摘み
1時間半ほど摘んで道造が家に戻ろうとしたとき
おらの髪の毛を引っ張るヤツがいる
なんだぁ???と、
最初はわからんかった。

何と言うことでしょう
(まんだ この言葉が気に入っていて・・・)
犯人は あのヒヨドリホイホイに
自分の髪の毛がさわってしまったのだ
自滅だわっ
少ない髪の毛がむしりとられたぁ~

べったりネズミ取りもち着いた髪の毛
まず
  使い古しのタオルに灯油をしみ込ませ
そいつでネバネバの髪の毛を何度もこする
なんとか粘りがとれた

次に
灯油臭い髪の毛をシャンプーで
何回も何回も洗った

ぬれた髪の毛をタオルでふきとる

バア様が
どうしただぁ と、

おらが今朝のことを話すと
「それくらいの 災難でよかったわ」と、
90過ぎたバア様の言葉で
苛立ったおらの気持ちは
「それくらいでよかった」ことにした
もともと そそっかしいのは自分だから 仕方ないか
スポンサーサイト



夏野菜を食べてても太る

熱い
体温ほどの気温
もともと無いのにさらにさらに
体力はもちろん気力も奪っていく

でね
午前中にブルーベリー摘み1時間と少し
そのあとは夏野菜の収穫
ナス 2回目のキュウリ トウモロコシ エダマメ トマト ズッキーニ・・・・

9時過ぎには畑を切り上げて
10時のおやつは
時計型薪ストーブでトウモロコシやエダマメを塩茹でて
止められない止まらない  
これだけ暑いのに食欲は衰えない

最近の定番
 昼飯はナス焼きとヤッコとキュウリの漬け物

午後は
エアコンのきいた部屋でゴロゴロ
昼寝と読書

なんと 贅沢な時を過ごしていることか
しあわせなる日々
しあわせの自覚症状はある



ブドウ栽培日誌その7

この暑さで
となりのハウスのブドウたちは悲鳴を上げているかも
<もっとも あれだけのブドウが一斉に悲鳴を上げたら
 ハウスの中は・・・外も ヤカマシィー>と、思う

   7月22日のブドウ
   7月22日のブドウ
かなりふくらんできて
ほんのちょっぴり色づきはじめた

でね
となりのユリさんは8月下旬に
友達集めてブドウパーティをやりたいという

道造は
各自ブドウ狩りをして
各自の家で冷やして 食べればいいっ! と、
思っているんだが

ハウスのご主人様の願いなので
ブドウの冷え冷えジェラードとスムージーでも作ろうかと

事前に
ブドウの皮むき 種だし 凍らせる 作業が必要になるのだが
道造とて 初めてのこと
試してみたい気もする
まぁ ユリさんにつき合ってあげることにした

とにかく 暑くて 暑くて
道造は身も心もなえている
そうです
だれぇ~ だれぇ~ も一つおまけに だれぇ~ としている
 「言うまいと  思えど  今日の  暑さかな」

ひよどりホイホイ

長雨が終わったら
ブルーベリーが一斉に色んできた
   ウサギの目
   ウサギの目 ラビットアイ
 収穫までに色はどんどん変化する
きみどり→ピンク→あか→くろむらさき→白い粉
ブルーベリーというとハイブッシュ系とラビットアイ系がある
途中でウサギの目みたいに赤くなるのがラビットアイ系

でね
ウサギの目はなぜ赤いか?
それはね
悲しいことがたくさんあったから泣きすぎたんだ
なんて・・・

そいでもって
収穫の時期になると
ヒヨドリがブルーベリーをついばみに来る
こいつをやっつけるようにネットが張ってある
だども
ネットのすき間からヒヨドリは入ってくる
そこで
道造とヒヨドリの仁義無きバトルがくり広げられる
ひよどりほいほい
  ひよどりホイホイを作った
ネズミ取り用の粘着板を半分に切り
ひもを通してぶら下げた
ヒヨドリが近づくと羽が引っ付く
全部で20枚作りぶら下げた

張りのある肌

雨が降る日は外での作業はできない
そんなわけで
こんな日はインドアワーク
農具倉庫の片づけと
草刈り機の刃をグラインダーで研ぐ

それから
昼寝をたっぷり じっくり2時間
体が軽くなった感じ
頭の中も軽くなった感じ
最近の暑さで体力が落ちていたかも

それから
ネットでシカ皮なめしについて調べる
シカ皮はコラーゲンの三重螺旋(さんじゅうらせん)だとか
皮膚の張りにはヒアルロン酸が有効だと

そうだっ!!!
シカ皮は皮膚なんだっ!!!
道造は ひらめいた

なめしの完成したシカ皮にヒアルロン酸入り乳液を刷り込めば
しなやかで 張りのある皮ができるのではないか

弓歩さんにその乳液を持っているか聞いてみた
持っているようだ
何で そんなことを聞くの と 逆に聞かれた

道造は一瞬迷ったけど
別に 聞いただけ と言っておいた

とりわけ
こんなに雨の続く日には
もめ事なんかない方がいい

タケさんに この乳液のアイディアを知らせなくては

雨 雨 雨

実によく雨が降る

道造の庭
1本だけの背の高い百合が大きな花を次々と咲かせている
百合の香は風に乗ってくる
花とつぼみを数えると全部で9個もついている
せっかく咲いた花も雨に打たれている

玄関脇には小さなクチナシの花がひっそり咲いている
それでも甘い香りは一人前に
礼儀正しく玄関から家の中まで入ってくる

歌謡曲にあった「クチナシの花のような人」ってどんな人
白い清楚な花
と 同時に 妖艶な香りを漂わせる人・・・・なのか

でね
雨が降る前にやっつけなくては・・・と、
がんばりました
スモモの収穫・・・・はしごをかけて
 → 冷凍にし保存ました
ジャガイモの収穫あとの空き地に
   可愛いぼっちゃんカボチャと
   2回目のキュウリの苗植え

反省
がんばってはいけなかった!!
蒸し暑かったのが原因か
今、流行の「熱中症」気味かもしれないと・・
冷や汗が出た
食いしん坊なのに昼飯が食べたくない

そんなわけで
少し涼しいところで
経口補水液を飲んでゴロゴロしてたら
なんとか なんとか 少し復活

道造よ 身の程をわきまえなさい
おらの辞書には「がんばる」なんて載ってなかったのに
「道造の分際」だな
 
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる