FC2ブログ

春のかおり

春風にのって
いろんな香りがやってくる

道造の前世は「犬」だったと思うくらい臭いに敏感だで
といえば
弓歩さんは
「えっ! 前世が犬だって
     うっ・そだねー
 我が家のモクレン
  我が家のモクレンが満開
我が家の西側のあるので
モクレンの香りが部屋の中まで入ってくる
少し甘い香りだ
おらにとって 春 そのものの香りだ

満開を過ぎると 木の下は
茶色に変色した大きな花ビラで埋め尽くされる
そして その後は大きな大きな葉が一斉に伸び始める

我が家の東側には沈丁花が植えてある
こいつも春そのものの香りだ

それから
我が家の南側にはヒサカキがある
今臭い始めた
ヒサカキは香りと言うより臭いだ
なぜだか道造は この臭いはショウジョウバカマとツツジを連想させる
ヒサカキの臭いとペアになっている

道造がちょっと家の廻りを巡れば
いろんな春の香りと出会える
スポンサーサイト

いっきに春

ここに来て
初夏のような気候

ウメの花吹雪
サクラ咲く

栗山でも 花が咲いてる
 アーモンドの花が咲き始める
  アーモンドの花が咲き始めた
アーモンドは桃の仲間だけれど
桃の花ほど密集はしない
今年こそたくさんの実を着けて欲しいものだ

そして
栗山ではわらびが出始めた
例年より少し早いような気がする

 わらびが出始める
 わらびがニョキニョキ
道造は作業の手を休めて
わらび採りを始めた
かっぱえびせんのみたいに 採り始めると
  「止められない 止まらない」

栗山では他には
真っ白なプラムの花が咲いている


続きを読む

はぁ~るが来た

あったかな日々
作業小屋の改修作業に熱中の日々
気がついたら
はぁ~るが来ていた
おらの家の裏の土手で見ぃ~つけた
 ふきのとう
  もうふきのとうはどんどん背を伸ばしていた
やがて花が咲き
やがて綿毛でおおわれて
春風に誘われてどこかへ飛んでいく
「おらも どこかへとんで行きたいなぁ~」
なんて言えば 
弓さんは たぶん
「行けばっ!」と、短く
春の雨のように冷たく言うだろう

倉庫の床のパネル塗装

本日の栗山だより・・・
梅が満開
ショウジョウバカマも満開
下手くそのウグイスの初音
それは それは 早春のぽかぽか陽気

道造は鉄骨倉庫の改修工事に熱中
倉庫の中の物をあの芝の屋根の小屋に運び出して
空っぽにして
穴の空いた床パネルを運び出し
床の張り替え作業からスタート

新品のコンパネに枠を取り付け
防腐剤での塗装

  1倉庫の床パネル
   床パネル6枚の塗装

道造が栗山から家に帰り昼飯を食べ始めると
弓歩さんは

「クサイッ !!」

と言う

防腐剤の臭いが衣服・髪の毛・体に染みついているらしい
自分ではわからない
かつてのクレオソートに比べれば
今の防腐剤は相当優しい香りだで
それでも 弓歩さんの嗅覚は鋭い

昼からはこの床パネル張り

はぁ~るのぉ~
木漏れ日の中でぇ~
床張りというより床パネルはめぇ~

道造はご機嫌だぜ
鼻歌が出るぜ

落ち葉マルチ

ついに というか とりあえず
芝を貼ったが・・・
芝の乾燥が心配になった
そんなわけで
堆肥用に集めてあった落ち葉で芝を覆って
屋根が乾くのを防ぐことにした

 落ち葉で乾燥防止
    芝を落ち葉でカバーしたら保温と乾きの防止と土の流れるのを防止
3つのねらいで落ち葉で覆った
文字どおり多目的ののマルチ

もう少し暖かくなって
芝の芽が生え出したら
落ち葉をそっとどけてやろうと想う

明日は一日中雨の予報
屋根の土は流れるだろうか

あさって当たりに確かめに行くのが楽しみ

ついに芝を貼る

ここまで来ると
先へ先へと急ぎたくなる
自分でもせっかちの性格だと言うことは認めてる
はやる心をしずめながらの作業

 屋根に芝を貼る
  屋根に芝をならべてみた

ホームセンターで2しばり買ってきた
種類は姫高麗芝
1しばりは1枚30㎝四方の芝が9枚
1枚を細長く3分割して
たっぷり水を含ませて貼ることにした

少し掘って芝を固定して植え付けて
まわりにバケット1杯分の目土を入れて
少し肥料をばらまいて完成にした

ほんとうに・・・・
これで・・・・
緑の芝に覆われた屋根ができるのか・・・・
と・・・心配というか不安だけれど・・・
なるようにしかならないし

楽しみに待つことにした
「芝の芽が出るまで待とうホトトギス」



作業小屋根の芝貼りに向けて

ルーフィングの次は
不織布貼り
少し厚手の不織布
     不織布は化学繊維で出来ていて真綿みたい
これで雨水の保水力を高めて
芝が枯れないようにする

この不織布を屋根前面に貼った
これだけでは保水が少し心配なので
少しだけ土も敷くことにした
  不織布に土を敷く
   ユンボが大活躍  バケットで3杯分
屋根の高さは約2メートル
ユンボのバケットは楽々届く高さ
そんなわけで
ユンボを使って屋根に土をばらまいた

屋根の両サイドは
土がこぼれないように板でとめた

屋根に不織布を貼ったり
屋根に土をばらまいたり
こんなことをやっているときが
とりとめもなくただただ楽しい

作業小屋の屋根に芝生の工事再開 

雨の前に苗木を植えたり
村の役員の総会の資料を作ったり
ケアマネージャーとバア様の介護の相談
介護用手すりの業者との見積もり立ち会い
などなど 
やることがいくらでもある わき出てくる
(定年後はやることばかりだで プンプン プッツン)

でね 少し 暇ができた
そんなわけで
春の木漏れ日の中で
中断してた 作業小屋作りを再開した

ルーフィングを貼る
    外壁用デコラボードのつなぎ部分にルーフィングを貼る
どっちが表か裏かようわからん
そいでもって 春一番のなごりの風が吹いたり
とりあえず貼り付けた
これだけでも雨漏りはしない

続きを読む

栗の苗木植え

3日ほど前
それは それは 春が来たようで
道造は なぜか 早春の歌と言えば・・・
「・・・流氷とけてぇ~ 春風ふいてぇ~ 宗谷のみさきぃ~・・・」
こんなうたを くちずさみながら・・・
道造は 栗や菓子クルミの苗木を植えた

  栗の苗木植えつけ
      わぁ~い 春だで  栗は約20本
栗の品種は 銀寄  国見 森早生 丹沢 大国早生 天津甘栗
それと 菓子クルミ6本

 まぁっ!何と言うことでしょう!
予定していた通り
  その翌日は 「春のあらし」がやって来た
なま暖かい南風にのって雨がたたき付けた
植えた栗やクルミの苗木にたっぷりと雨水が注がれた

苗木たちよ 
すくすくと育ってほしいものだ

続きを読む

プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる