FC2ブログ

観光・紅葉・渋滞

道造の家の近くに「香嵐渓」がある
紅葉で有名な観光地

そこのおみやげやさんに勤めてるおじさんが道造に
「ほいっ!!農産物で(観光客用に売りに)出すものはないかねぇ?」
と、声をかけてくれたんだ
「あるある あるわぁっ ギンナンがいっくらでもあるで」
栗山にいっぱいいっぱいあるで
ということで
道造は 朝早く8時前に
ギンナンを持ってお店に出かけたんだ

   香嵐渓
      早朝の香嵐渓

こんな時間から観光客がいっぱいおいでる

とにかく道は渋滞する
道造の生活に多大なる影響をおよぼす・・・・
 軽トラの給油のガソリンスタンドにいけない
 食事の買い物にスーパーにいけない
 インフルエンザの予防注射に病院に行けない
とりわけ土日は出かけない でかけれない

こんなことは 今年だけではない
この紅葉のシーズンはいつだって
もう何十年も・・・・

分かっているなら 事前に準備しておかない道造の方が悪いのか

 道造はこの渋滞にいらだちての一首

  世の中にィ~ 絶えて紅葉の なかりせばァ~
      我が心は のどけからましィ~


本当の 正しい 香嵐渓の楽しみ方を 道造が 教えてあげるわ

   紅葉の葉が散ってしまい
   その落ち葉が散策道を覆う中
   人影もまばらでひっそりとしていて
   聞こえてくるのは巴川のせせらぎのみ
   そんな初冬の香嵐渓こそ
   わび さび の世界そのものだで

道造は コートの襟をたて
ひとり 物思いにふけながら
時折 川面をみつめて
遠くを見る目で ため息一つ
紅葉の落ち葉を踏み分けていく
・・・おらぁ~ 妄想の世界に入っていきそう・・・
スポンサーサイト



カリンがたわわ

あの小春日和がなつかしい
最近の寒さは・・・・と、愚痴がついてでる
この寒風の中 ギンナン拾いをセッセ セッセ と も一つおまけに セッセ

そんなとき 流れる雲を見上げていると
 ふとっ 気づいた
「まぁ 何と言うことでしょう」
(このフレーズが気に入っていて・・・・
 「まぁ!何という!!」ブログにしようかと・・・・)

でね 何に気づいたかというと
栗山には1本だけカリンの木がある
今年はカリンの当たり年 だで
枝もたわわに カリンの実がぶら下がっている
  当たり年かりんの
     寒風に震えてる  枝はもう限界だね
この後 カリンはもう少し黄色くなる
そして 表面に粘り気があり いい香りがしてくる

どうしましょう
こんなにたぁ~へんのカリン
リンゴみたいにそのまま食べられたらいいのに
かじれば 堅くて 渋くて 歯が立たない
あの物好きなカラスたちも突っつきにこない

最近の道造は「乾燥」にとりつかれている

カリンをスライスして天日干し

どうなるかなぁ~
まぁ いっぺん やってみるわ

いも切り干しつくり

なんと言うことでしょう
偶然にも 同じ日に
サツマイモを二人からもらった
イチゴ農家のキヨさんと栗山の仲間のウイさんに

道造はとりわけ食べ物をもらえるとうれしい
だども
一度に たぁ~へんもらっても

一昨年だと思う
道造はサツマイモは寒さに弱いことを学んだ
大事に保存していた
発泡スチロールの箱にもみがらを入れて その中に
だども
焼きいもにいたら 何ともいえない 変な苦くてくさい味
聞けば 寒さにやられたんだとか

そんなわけで
とにかく サツマイモは 保存なんかせず
寒くなる前に片っ端から食べることにした
といっても 
戦時中みたいに ご飯の代わりにいもを食べると言うことも・・・・

そこで いも切り干しにして保存することにした
  ほしいも作り
  干しいも点検に行くごとに ついついつまみ食いしてる
  ※ 気を着けよう いもは胸につかえるぞ

最近は
イチジクかんそう
ぎんなん乾燥
柿乾燥・・・干し柿
いも乾燥・・・切り干しいも

乾燥の日々だぜ

最近 道造のお肌も乾燥してきた
はり と つや が一段と無くなってきた
「テレビショップの通販で 美容液でも注文しようか?
 今から30分以内なら サラニ さらにっ!」

と、弓歩さんに言ったら
何も言わずに いつものように無視された
別に弓歩さんのことを言った訳じぁないのに

久しぶりユンボ始動

道造の栗山は台風の被害はそれほどでもなく
何本か栗の幹や枝は強風で折れたものの

ところが
となりのミノさんの栗山では、
作業道の一部が土砂崩れで通行不能

そんなわけで
となりのミノさんに頼まれて
ミノさんの山まで出張作業
道造のユンボの小屋からは片道25分 作業40分 帰り25分

最近はそんなこんなで9月からは
栗拾いとギンナンひろいばかりしていたけれど
ギンナンひろいに飽きてたので
久々のユンボでの作業

苗植えの準備
        栗の苗木植えの準備

そしたら
ユンボ心に火がついて
ユンボのディーゼルエンジンの音と
軽油の排気ガスの臭いに心躍り
やたらとユンボで栗山に苗木植えようの穴をほじりたくなり
山をほじり始めた

親子で干し柿つくり

土手のお茶の白い花が満開だ
そして 心地よい小春日和

昼前の庭でのひととき
道造親子は干し柿つくりをした

  干し柿作り 
   バア様が柿の皮をむく  
 「日ずるいわ うまいとこ写っれたかやぁ」 と 言う

気温が下がらないと 干し柿がうまくできない
暖かいと 消毒してつるしておいても
カビが生えたり  だらけて落ちてきたり

バア様は現在92歳 年が明ければすぐ93歳
実によく食べる
何でも食べる
ほんとに好き嫌いがない
だからこの歳になっても身体は動くのか
今でも 晴れれば 畑に2時間くらい仕事にいく

バア様にむいてもらった柿を
ああだ こうだ と言いながら
息子がつるす

晩秋の穏やかな日差しの中で
穏やかな時が流れてく

いつの日か
今日のこのことを なつかしく思うだろうな・・・と 


なさけないわ

10月は実に雨の日が多かった
11月になり秋晴れ、小春日和

ところが
なんと言うことでしょう!!!
道造は風邪をひく
寒暖差に身体が対応できないのか
背中が寒い 悪寒
長シャツの背中に貼るカイロ

前回のインフルエンザとはちがう
あのときはやたらウトウトと日長まどろんでいたが
今回はただこたつでウダウダとしている
われながら体調不良がなさけない

弓歩さんはちっとも優しくない
「また 風邪をひいたのぉっ
   緊張感がないからだわ
      うつさないでよっ」 だって

こんな体調だけれど
道造は干してあるギンナンをみながら
「なんだか座薬に似ているわ・・・」と
イチジク乾燥といい座薬といい・・・
本当に我ながらなさけない妄想をする

こんな妄想ができるようになるっていうことは
体調も少しずつ回復してきたことかなぁ
明日からまたギンナン拾いを再会しようっと
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる