あこがれのヨーキさんと山歩き

あのグレートトラバースの
あの百名山の
あの二百名山の
田中陽希さんと山歩きをしてきた
午後から講演会も聞いてきた
田中陽希さん
 ストーブについて説明されているところ
テレビで見ていた陽希さんと本物の陽希さんの違和感はあまりなかった
ちょっと背が高かった くらいかなぁ
テレビでは身長180㎝の大きさには見えなかった

コースタイムの半分でガツンガツンと山を攻めていく
そんな気迫は感じさせない
サービス精神旺盛 気配り陽希さんでした
陽希さんの方からとても気さくに話しかけてくれたりして
陽希さんのストライドはすごい
あれがスピードアップの源か

今回のお出かけは道造にとってとてもよい刺激となり
もう一度 山に登ってもいいなぁ~という高揚感にしたりました
道造の青春時代のど真ん中で山に登っていたころの 少し思い出しました
「若かったあのころ ピークハンティングをしていた」ころ


スポンサーサイト

続きを読む

タケノコとわらびの保存食

 春です。春爛漫です。山笑う時期の到来
栗山ではわらびが日々ニョキニョキでてきて
とってもとっても取り尽くせなくて
休みの日には親戚の人が栗山にやってきて
とてつもなくたくさん採って行く
あんなに持って帰って大丈夫なのかと心配するほど

ほいでもって
タケノコも近所の方から 
「ホイッ タケノコを持って来たで」
とか 電話で
「タケノコを取りにおいでん」 カシャリッ・・・

道造も食べ飽きたわらびとタケノコを保存食に加工した

わらびとタケノコの保存食
  わらびの塩漬け ゆでたタケノコの乾燥
やがて来る夏の日に今日の春の日を思い出して食べてみたい

ところで
タケノコの花言葉ってあるんかい

続きを読む

祝 8周年だで

思い起こせば・・・・
8年前の 3月28日 初めての 第1回のブログスタート
そして ただ今9年目に入りました
よくぞ よくぞ ブログが8年も続いた グッスンッ!!!

まぁ あることないこと 何でもかんでも とりあえずブログにアップ
そんなこんなで8年間で 今日が823回
年平均ちょうど100回  3~4日間で1回

道造流に言えば・・・・
「800回 こんなの通過点だで」って言うところかな
そんなに苦痛でも義務感も逆に高揚感も無く まぁちょっとした遊び感覚パソコンに向かっていたと思う

でも 自分なりでいいから ブログに載せてもいいなって いう活動や体験や出会いのできごとがあるといい
書くことでボケ防止 認知症遅延のためにも続けていけたらと思ってる

今後とも 時々は そこんところ よろしく!!!

わらびがニョキニョキ

最近とっても暖かい
それなりに雨もふりおしめりもよい
そうなれば「わらび」の出番だ

わらびが出始めた
栗山のなかでもちゃんと日当たりの良好の場所から生え出す
  栗山のわらび
   今年初めての収穫
わらびは そのものを食べる楽しみもあるが
採る=採集する楽しみもある
採りだしたら止められなくなる

でね
道造は灰汁抜きをして
おしたしにしてドレッシングをかけて
みそ汁の具に
わらびは少しぬるりがあって それなりに美味しい
春を食するという精神的な喜びの方が大きいかも入れない
もちろん 食費の助けになる

最近不穏な状況
イノシシが家の周りも栗山にも出てこないみたい
かつては わらびの根っこというか地下茎のデンプンを食べるために
やたらとほじくりかえされていた
なんだか どこにも イノシシの被害がないと かえって心配になる
道造は平穏無事だと返って心配になるタイプだで

どうか 神様 このままイノシシやシカが出ませんように

ところで わらびの 花言葉って・・・・
そんなのあるんかい・・・と、つっこまれそうだけれど
あるのです ちゃんと
「ふへんの愛」 とか「まじめ」だそうだ

おらぁ~
ますます「花言葉」のいい加減さというかおもしろさを感じ始めた
こうなると しばらく 花言葉に遊んでもらえそうだ





 

栗山のやまざくら

おらたち村人が集まり
「今年のウグイスは、はじめからうまいとこ鳴いとる」
「いんにゃ おらが(家)のそばで鳴いとるのは けっこうへたくそだで」
こんな会話が聞かれるのどかな春
栗山は・・・・と言えば
   栗山の桜
     花曇りの栗山
なんか絵になる
実に絵になる
ソメイヨシノほどのボリュームはなく
ソメイヨシノほどの赤味もない
たぶん この山桜はだぁれも見に行かない 見られない

今 道造はサクラもいいけれど
牛糞の発酵の進行状況の方が気になる
スコップで牛糞を一部すくい取ってみる
一時ほどの熱さはないがそれなりにぬくとい

でね
栗山のウグイスは けっこういい声で鳴いている
栗山に響いている

最近の雨と高温でいろんな木の芽が動き始めた
グミの葉が一番緑かな
栗の木の芽は最後の最後にしか出ない
それでも遅霜にやられることがある

栗山のサクラは道造の独り占めだ
贅沢な時間が流れてる
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる