シカ皮を椅子に

それは 4日ばかり前のこと
午前7時 
シカがワナにかかっていると隣のチー君から電話
午前8時少し前
ハンターのトミーさんが来てしとめる
ワナにかかった足の骨が折れていた
そいつ(シカ)を林の中から担ぎ出す
雪の中をよたよたと担ぎ出す

2日ばかり前のこと その日は
10年ぶりの寒波とか 
南の九州の方では寒波で大騒ぎとか
午前9時過ぎ
あのシカの解体をする
おらの手が指が足が冷たい
刃物を持つ手が感覚がなくなる
アブナイ 自分の手を切りそうだ

正午ころ完了
シカ肉とシカの皮をもらって帰る
午後2時
高圧洗浄機でシカの皮から肉をこそげ落とす
外側の毛の方もていねいに洗剤で洗う
高圧洗浄機のしぶきが顔にかかる
手が冷たい
午後2時半
シカの皮の内側に塩とミョウバンをつけてよく揉む
手が冷たい とにかく冷たい
午後3時過ぎ
漬物用の樽に着けて完了

午後4時
引き続き 燻製用シカ肉の下処理
水で洗う
テンダライザーで肉に小さな穴を開け
調味料液をつくりビニール袋に入れ肉を浸す
重しを置いて完了
そんなわけで 道造にとって 終日 シカの日
シカの皮を椅子に
  これは以前になめしたシカ皮
色 艶良し 手触りも良し
座ってみると何てったって温かいんいだから

「特別なぁ~ 毛皮を~ あなたにあげるぅ~
 あったかいだからぁ~」

今回も ことの始まりはシカの肉や皮をもらったから・・・・
もらうと言うことは 「覚悟」のいること
とりあえず くれるなら もらっておこうというのは間違いの始まりだで
もらったものの後処理、後始末をきちんとすることが必要
この覚悟なしにもらっうと大変なことになる

約40年も前のこと
おらぁ~ お嫁さんをもらった
あんまり 覚悟がないまま もらった
だから 今というかずぅ~と大変なことになっている
スポンサーサイト

続きを読む

砂糖ショウガ

こないだ キンカンジャム作りをした
・・・・
キンカン塗ってまた塗って・・・・でなくて
キンカン食べてまた食べて
少しキンカンの皮が感じがするんだけれど
パンに塗って ヨーグルトに混ぜて 食べております

でね
今度はショウガの砂糖煮を作ってみたんです
ショウガの砂糖菓子
   ショウガがベタベタしてシートに並べるのに一苦労
   ショウガ乾燥中

①ショウガを薄く切ってから水でゆで お湯をいったん捨てる
②砂糖でゆっくりそしてゆっくり煮付ける
③クッキングシートの上に広げ砂糖を振る
そして ただ今乾燥中

こんなことが楽しいのです
ロケットストーブでの調理がしたくて

ロケットストーブの上にオーブンをのせてピザでも焼こうと思った
わぁ~~い 思ってしまったんです
そんなわけで おらぁ~ もうしばらく ロケットストーブと遊びます
ちょうど寒波が来て 外での作業が大変だから

今週は火遊び週間だで
だども とりわけ砂糖を扱うときは焦げ付かないように気を遣うのは大変だ
そいでもって 今のおらのテーマは
ロケットストーブにおける火力の調節
ガスコンロみたいに火力は思い通りにいかない
だども そいつを手なづけて調教する
そこがそれなりにおもしろいわけで

砂糖菓子つくり

やはり 冬です 雪が降りました
暖かくて穏やかな歳の瀬そしてお正月
ここに来て 寒波 そして雪

どうした おい カメムシ
今年の冬は あんたの お告げがなかったのではないか
昨年なんか 窓ガラスにもぞもぞ  洗濯物にも・・・
そういえば 靴下にもぐりこんでいたりして

そんな こんなで カメムシに八つ当たりをしながら
あのロケットストーブをつかって砂糖で煮付けた
なんだかんだといっても ロケットストーブで遊びたくて
  キンカンの砂糖煮
 キンカンの砂糖煮というかジャムを作る・・・ことにした
それにはわけがあり
突然 友達が たくさんキンカンを 持ってきてくれた
どうしよう こうしよう ああしようと 悩んだけど
それで
①まずキンカンを水で煮て
②つぎに種を出して
③最後に砂糖で煮る
茹でたての熱いキンカンから種をだして
砂糖が焦げないようにゆっくりそしてゆっくり煮詰めていく
砂糖は何回にも分けてキンカンに入れていく

ついに完成だで
焦がさずにとろとろでオレンジの光沢のキンカンジャムが完成
もちろん美味
だども 少々 キンカンの皮が固いような気がしたり
少々苦味も というか ほろ苦いのも気になるが

パンに付けてもいい
お湯で溶かしてキンカン湯でもいい
冬にぴったり

もらい物をするとき覚悟がいる
今日半日キンカンと友達になり遊ぶとは想定外

友 遠方より来たり
たくさんのキンカンを持って
そのキンカンを砂糖でトロトロと煮る
また、楽しからずや

間伐材の後始末

栗山の杉・ヒノキの間伐をしてもらった
間伐材で丸太ロケットストーブをつくった
その後が続かない
 切り捨て放置の間伐材
  このまま腐っていくのはもったいない気もする
もう少し若かったらログハウス作りに挑戦してた
小型のツリーハウスは・・・
エイルーフの三角屋根の小屋・・・
いろいろ間伐材の有効活用の想いを巡らす
・・・・
道造の好きなことは小屋造りだと言うことを再確認できた
一番やりたいことは小屋造り
だども
弓歩さんは「 死ぬまでに まだ体が動く内に
今ある栗山の山小屋をたたみなさい、片づけなさい。」
という
今更 新たに小屋なんか造ると「叱られる」
だども
好きなことをたくさんやって死んでいきたいもんだで
でね
たどり着いたのが
あの「ホビットハウス」
カッコウはおしゃれ
半地下式縦穴住居
朽ちていったときに、自然と土に帰る

そんなわけで
最近はホビットハウスの資料集め
といっても
インターネットで いろいろなサイトをのぞき見
ユンボがあり半地下はすぐできる
間伐材はごろごろある
栗山に自由になる土地はある
あとは 道造の「やる気」だけ
いつから始めようかな
「今でしょっ!!!」
なんか とっても なつかしい 言葉を 思い出した

遠き山に日は沈む

今日も今日とて栗山にせっせと通っている
最ほとんど毎日栗山に通っている
それなりに作業をしている。今の作業は・・・
肥入れはほぼ完了した・・・他に
①クリの苗木の植える穴の埋め戻し
<大きな穴を掘っておいて、植える土がふかふかベットになるように、肥料やわらを入れてから埋め戻してやる。こうすると、苗木にとって、とってもいい。>
②枯れた枝を切る
③間伐材の作業道までのユンボて゜運び出し
  残った間伐材の枝打ち
④山小屋の整理・・・肥袋の処分・・・・
⑤ユンボの整備・・・グリス打ち
なんやかんやで栗山はやることがいっぱいある
枝打ちなんか上ばかり向いているので、首が痛くなり約1時間で終えて次の作業へ移る
でね
夕方 道造は家路に急ぐ
ちょうど栗山と自宅の中間ぐらいに
「感動的な雲海と夕日」が見られる丘というか峠がある
道造は夕日の沈むころそこを通ることにしている
雲海に沈む夕日
  道造は軽トラから降りて、まぶしいから目を細めて眺める
西の空が開けていて、いつ見てもきれいだ
作業を終えての帰り道・・・
夕日に向かって「バカヤロォ~~」と叫びたいが
近くに人家が4軒くらいあるから ガマンしている
道造が叫んだら通報されるかも

でね
夕日を見ながら道造は何を想うかというと
あの人と二人で眺めたい・・・などと言うロマンチックなことではない
地球の自転について考えてしまう
夕日は沈み始めるとアッと言う間に沈んでいく
太陽と地球上の道造の今いる位置と地球の回転方向
今の時期 太陽は地球の下の方=南半球を主に照らしている
頭の中でイメージするとき これが楽しい

今日の歌
しぼったばかりの夕日の赤が・・・・
今回も拓郎だな

火遊びの続き

普通のロケットストーブを作ってみたら
普通でないのも作ってみたくなった
そこで
丸太をくり抜いてのロケットストーブ
ちゃんと  先人はいるもので 
たいていの先人はユーチューブにいる

だども・・・・
丸太の中心部分をくり抜く大きなドリルは持っていないし・・・
そこで 道造は考えた
丸太を大きな斧で4分割
4つの割れた木片の中心部分を5㎝くらい割って取る
ついでに風のはいる穴をチェンソーでくり抜く
そしたら もう一度4つを集めて元の丸太にする
どうだ ちゃんと 丸太の中心に穴が開いたロケットストーブが完成
丸太のロケットストーブ
  杉丸太のロケットストーブ けっこう実用性がある

ちゃんと お湯が沸く
薪を下から補給しなくても燃える
丸太自身の中心材が燃えていく

最初 中心が燃えるまでに苦労したが
丸太の穴に端材を入れて、灯油を少し垂らしてから点火したら
煙が多く出たが少したつと安定して中心が燃えだした
下からの薪の供給は無しで

道造は科学する
「杉丸太以外ではどうか」というテーマ
イチョウとクリの木で丸太ストーブを作ってみたいと思う
作ったら やってみたら またレポートするね

杉丸太ストーブで沸かしたお湯で飲んだコーヒーがうまかった
インスタントコーヒーだったがセブンイレブンのコーヒーには負けてはいなかった(個人の感想だで)
杉だけにうまスギ・・・・
道造は今年もこんな悪い癖は直っていない

今年もおつきあいのほどよろしく






ロケットストーブを作ってみた

今朝は少しばかり冷えた 
そんなわけで  大人の火遊びだで
おらが村のオサ君が「ドゥーパ」を持ってきて
こういうのが作りたいとロケットストーブのページを開いて
そんなわけで
ロケットストーブを作ってみた
材料はおらの家の納屋にあったものばかりで作ってみた
古いさびた縦型の石油  ストーブ煙突  ストーブの煙突のメガネ用グラスウールみたいなもの<断熱材>
取っておけば役立つことがあるんだ
だども 弓歩さんは いつでも 片づけなさい 処分しなさいと言う
なんでも取っておきたい道造
何でも処分したがる弓歩さん
こんな関係がもう何十年も続いている
 ロケットストーブ試作
   ゴオゴオ音を立てて燃えた
「やかましいストーブだ」とばあ様は言った
パチパチ薪がはぜると、火の粉も煙突から出てくる
初めてにしては実に簡単にできた 
初めてにしては実に性能もよい

でね
厚さ2㎝の鉄板も拾いもの
こいつがじんわり温まってきた
これでステーキかなんか焼いたらさぞ・・・
弓歩さんに聞いてみたら
そんなステーキ用の肉なんかはないとのこと
「今あるのは豚小間切れならあるわ」
そんなわけで
道造はこだわらない 
予定変更というか無いものは無いので
お正月の餅の残りがあったので焼いて食べた

今日のひと言いや三言
火のあるところに人は集まる
火のあるとこと親の元に集まってくる
火遊びするとおねしょをする

おっと 道造に近寄ると ヤケドをするぜ

自転車の初漕ぎだぜ

新しい年が明けた
とりあえずそれなりに健康で元気に新しい年を迎えることができたことに感謝
道造くらいの歳になるとそのことが心から「めでたい」ことだと思えるようになってきた

春のような日々
正月は・・・栗山で剪定したり肥入れの穴を掘ったりバッテリーの上がった軽トラの充電をしたり
本気で動けば汗をかいた
栗山から御岳や恵那山の遠くの山を見渡せば春霞かと・・・
よく見たらめがねのレンズが汚れて曇っていただけ・・・
と、いうより 今年も
道造の頭の中は「春霞」というか「もや」がかかっている
まるで「脳内PM2.5」

今日は 自転車が漕ぎたくなった
自転車の初漕ぎ
 香嵐渓をスタート 
巴川を常に左手に見て上流に向かって漕ぐ
杉や桧の植林してある木立の中を漕ぐ
昼なお暗い ほとんど光が差さない

小さな堰堤や小さな発電所がいくつもある
矢作川よりアップダウンが少しきついが
自転車をおりて押し上げるような箇所はない
なんと言っても人も車とも全く出会わない
その代わり いつイノシシやシカが出てきてもおかしくない
事実 道の端はイノシシしに掘り返された跡が随所に見られる

香嵐渓出発  安実京 川畑 戸中 平瀬のやな で引き返す
自転車は実におもしろい
頬に体全体に風を感じることが心地よい

いつの日にか 電動アシスト自転車を手に入れたいとおもう
そしたら 体力が落ちた分助けてもらえるから
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる