今年のブルーベリーの初摘み

今年はいつもより2週間以上早い収穫そして出荷
いつものように一粒ずつ丁寧に摘みとる
ブルーベリーの収穫始まる
    「みんなちがってみんないい」
だれだぁ そんなのんきなことを言ってるのは
どっかの詩人だで・・・
だども そんなことは言ってられない
ごらんのようにみんな粒の色がちう
白みどり ピンク 青
そして どの粒も白い粉・ブルームをつけている
だから 青色に熟した順番に 一粒ずつ丁寧に摘んでいく
ブドウみたいに房ごと摘み取れたらラクチンなのにぃ

おらは どこにいるかと言えば
ルーベリー畑のネット張り"
  このネットの中にいる
ヒヨドリよけの防鳥ネットの中での作業
ネットを張るだけでたいへんだで

とにかく 今年も 収穫のシーズンが来た

もちろん 一番美味しそうなぷくぷくなぶるーべりーの粒は
おらの口の中に一直線だで
摘みとる人の特権だで

本日 出荷した分は午前中に完売だぜ
道造はご機嫌だで
スポンサーサイト

小型石窯を造り始めた

  造ることにした
移動式の石窯だで
おらの村のキーチ君が造ると言いだして
そりぁおもしろいということになり
いつも自然災害のことを心配していて、
薪でご飯が炊けなければといっているオサ君も参加して
それから おらが村の大工の棟梁のアッ君
最後は左官のヒロ君
ヒロ君は石窯を造ったことがあり 
  レンガ組みのプロだで 
おらたち最強(自称)5人集まっただ
    石窯の土台と焼き床
   奥の方が土台
  手前が焼き床とドームの立ち上がり部分

  手前の焼き床に砂を入れてドームの形をつくり
 そこに土壁でドームを造り・・・炭窯と同じ方式
 乾いたら砂をほじり出したら完成

最初は
アサヒキャスターでドームを造るとか・・・
耐火レンガでドームを造るとか・・・
それではヒビが入る・・・
ヒビなんて入るもの・・・
ヒビが入ってからが石窯だで・・・

 あ~でもない こうでもない
 と、設計やら材料集めの方法とか
そいでもって
一番頼りになるヒロ君が
用事があって来られないので
造り始めてからも あんまり自信がないものの
だども
おらたちは なんとかなるという自信はあり 
 あ~でもない こうでもない
と始めたのであった

 とにかく 石窯づくりがスタートした
 とにかく楽しみだで



 

種を蒔いた野菜の苗を植える

5月に野菜の種を蒔いた
いろいろ蒔いた

とうもろこし
落花生
枝豆
セイロン瓜(1メートルくらいになるながぁ~~い)
なた豆
トマト(脇芽を挿し木にして発根した苗)
・・・とにかく 畑に植えた
なたまめの定植
  大きな大きな葉を広げたなた豆

なた豆は昨年はとなりのおばさんにもらって
”ナターシャ”なんて名前をつけて遊んでいたっけ
今年は自分でチャレンジしてみた

落花生と枝豆は塩ゆでがいい
ビールのおつまみがいい
そうそう ビールも造ることにした

とうもろこしは皮付きのまま石窯で焼く
ワイルドだろう!!!

へびのようにながぁ~~い セイロン瓜はどうしよう
みんなに配って回ろうか

それから 本日きゅうりを初収穫した
野菜は楽しみだで

酵母を代えてみた

あの実の娘から父の日のプレゼントを贈ってきた
あの・・・・とは
恐竜の飼い方の本を買ってきたり
動物園にカビバラを調査にいった子 あの子
プレゼントは何がいいかと聞かれたので
問われれば 答えてあげるのが世の情け
「発酵だ! 」と一言 
言ったら 通じてしまうのが おらたち親子だで
ヨーグルトの種菌と酵母の種菌をアマゾンの宅配で送ってきた

牛乳パックのままにヨーグルトの種菌を入れひなたぼっこさせて
冷蔵庫で冷やしておいて
おらとばあ様と二人でヨーグルト三昧
毎食後のヨーグルトなんてなんかリッチな気分だで

そいでもって
天然酵母に挑戦
 種菌を生育中
24時間かけて育てた種菌
ピザを焼いてみた
なんだかマイルドな生地  と、弓歩さんが言った
やはり天然酵母だけあるわと・・・

だども 弓歩さんは
「種菌」もいいけれど お金が増える「種金」がいい!!!
と、弓歩さんはそっちの方へ話を持っていった

弓歩さんはしっかりものだで
だから おらぁ こんなことをしていられる


梅雨入りの栗山

5月末で30℃を越える日々
異常です
そして、先日ついに梅雨入り
ニュース・天気予報では
「梅雨入りしたと思われる」
なんという語尾だ
このぼやけた表現は何だ 何なんだ
近頃の流行りの
「梅雨入りしたみたいなぁ~」

おっと 前置きが長すぎた
栗山では栗の花が一斉に咲き始めたみたいなぁ~
栗の花が咲き始める

今年も栗の花の咲く季節が巡ってきた
ちょうど梅雨入りのころ開花する
梅雨の晴れ間には
栗山 全山栗の花独特な花の臭気と
蜂の羽音のうなりにおおわれる

やがて 梅雨が明けるころ
イモムシのような栗の花が落下する
と、同時に栗のいがが生長し始め
真夏の日差しを受けて一機にふくらむ

イモムシで思い出したが
今年は とにかく毛虫が多い
やたら多い
異常発生
阿鼻叫喚
被害甚大
極力退治
疲労困憊
支離滅裂











プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる