大量のぶらぶら

  久しぶりに栗山に行った
  栗拾いでにぎわった栗山も
  今は静か
  そいでもって
  こんなのがぶらぶらぶらさがていたので
  採ってたら
  これはほんの一部で・・・・

    あけびの大収穫
   食べてみた
   とりあえず食べてみた
   ほんのり甘い
   つぶつぶの種を吐き出す快感

   今日のうんちく アケビ
   口が開くから「開け実」
   秋に食べるムベから 「秋ムベ」 → 「アケビ」

   ところで アケビの別名は
   アケビのことを我が家のばあ様(道造の実母で今年米寿)は小さいころ
  「牛の○○たま」と言ってただと・・・
  80年も前のことだで
  まぁ時効だで

  
   
スポンサーサイト

長くて涼しくなる種をもらった

 夕方 みち君がやってきた
 「これあげるで。」
   みち君はおらが村のおらより一つ年上の友だちだで
   みち君は定年間際から「百姓」に目覚めて
   いろんな野菜の種を持ってきてくれる
   おらが村では
   野菜の種を交換するのは男同士の友情の証
    <ほんとかぁ???>
長いへびうり
 「これあげるで・・・」
  の 後は・・・
 「種を採って来年育ててみたらぁ・・・」
  ということで

  それから みち君は
  「こんなのが何匹もぶら下がっていたらおもしろいぞ。」
  と、言ったが
  本当に 涼しくなると思う
  こんなので グリーンカーテン を造ったら
  そりぁ 涼しくなるで
  アサガオやゴーヤのグリーンカーテンなんて可愛いものだで  

  そいでもって
  早速 ネットで調べたら
  「セイロン瓜」というらしい
   普通に食べられるとか・・・

  みち君は帰るとき
  「今度は天狗ナスの種を持ってくるわっ」
   と言って
  

蜂の巣を採った

 蜂(ハチ)の続き・・・は九
なんて・・・少しは元気があるのですが・・・。
人並みに少し体調をくずしていたんです
 ハチをねずみとりもちでやっつけていたから
 ハチのたたりか・・・
 そいでもって
 蜂の巣を採ったんです
 ニスのスプレーで表面をコーティングしてみた 
 蜂の巣取ったで
 玄関のオブジェにしたんです

 ハチの巣は実によくできている
 ハチたちはこんなのを造ることができる
 





ハチを大量に捕まえた

 玄関の雨といの下からハチが盛んにかよっている
 先日 積水ハウスのお兄さんがやっつけてくれた
 だども
 完全に退治できていなかった思われ
 最近 蜂たちは復活した感じ
 
  そこで
 いつもの ねずみとりもち
 あの 粘着版の登場だで
   蜂とり
  一つ目の粘着版をハチの巣の入り口に設置
  見る見る間に
  どんどん ハチが粘着版に捕らえられていく
  いくわ いくわ
  
  1時間弱で ほぼ全面にハチが付着した
  そんなわけで 二つ目をすくそばにおいてやった

    粘着板に捕まった蜂たち

    いっぱい いっぱい ハチが捕まった

    ここで道造の秘策を教えてあげよう
    ねずみとりもちに蜂のエサをばらまいたのだ
    なんだと思う?
    
    実は・・・
    鮭のフレーク状にほぐしたもの
    (上の写真では肌色の粒々)
    それから
    自作のブルーベリージャム
    このどちらかが ハチのたちの大好物らしい

    今日の午前中は
    ほとんどハチを見ていた
    あっという間に過ぎ去った
    
    夕方 ひっついているハチを数えてみたら
    約120匹くらい 捕まっていた

    トミーさんは
    カメムシなどをやっつける粉末の農薬の殺虫剤を
    ティッシュペーパーに軽くくるんで
    巣をめがけて 「ぽぃっ」 と投げる
    そいで 終わりだ って言っていた

    おらぁ ねずみとりもち だで
       
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる