ぼっこぼっこひなたぼっこ

  山小屋の入り口に
  寝袋を引張りだしてきて
  ごろんと 寝ころんでの
  ひなたぼっこ



       2ひなたぼっこ
  
  ついでに 読書
  文庫本4冊をローテーションで
  読みながらのひなたぼっこ

            ひなたぼっこ1

   読書に疲れて ときおり
   先日カットしたクヌギの木越しに 空を見上げれば
   初冬のどこまでも青い空 それに
   少しばかり弱々しいけれど暖かい日差し

  でね・・・
  本当は 痛いのです かなり痛いのです
  連日のチェンソーでの枝の伐採の作業のしすぎ
  右の背中の横の筋肉がが  痛くて 立ち上がるのに一苦労
  寝返りをうつも一苦労
  そんなわけで
  本日は 骨休め というか 筋肉休めで

  作業するときのペース配分がうまくできない
  チェンソーで作業をやり始めると
  止まらなくなってしまう 
  筋肉がきちんと筋肉痛という叫びをあげてくれ
  やっとのことで 立ち止まる

  道造くらいの年齢になると
  筋肉痛は約二日後にやってくる
  このタイムラグがいけない
  
  作業したらその日の夕方疲れが出ればいい
  さっさと疲れが出ないものだから
  続けて翌日もその翌日も作業をしてしまい
  今回のような結果となった

  これは・・・道造の性格的なところであり
  のんびりやる習慣があまりなさそうで
  要するに「せっかち」のため

  時間はある 暇な時間はある 有り余るほどある
  あるはずなのに

  まぁ・・・そんなわけで
  午後は ひなたぼっこでした
  ところで
  「ひなたぼっこ」の「ぼっこ」てなにぃ~   

  
スポンサーサイト

リバーサイドポタリング

    こんないい天気の日は
    どこかに行きたくなってしまう
    小春日和っていうのかな
    穏やかな初冬の日差し中
    昼から自転車を漕いでみた

           リバーサイドポタリング

    川沿いの道を自転車を漕いだ
    カッコウをつけて言うなら
    リバーサイドポタリングかな
    その川って言うのはあの夏の日にカヌーを漕いだところで
    紅葉と落ち葉の中を漕ぎました
    「川の駅」までひと漕ぎだで
    
    自転車を漕いでも汗が出ない
    暑くもなく寒くもない
    なんだかいつもよりペースがいいみたい

    申し訳ないほどの静寂
    川の瀬音と時折小鳥の鳴き声
    それと自転車を漕ぐギアの音
    
    誰とも出会わない
    こんな日 こんな時間に漕いでる人も
    散歩してる人もいない

    ダム湖には水鳥が集まっていた
    その水鳥たちをカヌーで追っかけてみたいと思った
    思っただけだで
    
 

続きを読む

鯛の塩窯たい

  「またやったんですかぁ~」
   鯛の塩窯準備

   えっえっ やりましたよ
   いつものように 
   いつもの仲間が
   いつもの石窯に集まって
   いつもの窯に入れて
   待つこと40分  

    塩窯完成
   
    でっ できましたよ
    塩をたたいて壊して
    出てきた鯛を 
    つっついて
    もぐ もぐ もぐ 

    「遊んでばかりで いいんですかぁ?」
    なんて 聞くのは誰ですか

    いいのです
    おいしくて 楽しくて
    
    でね
    来月は石窯でローストチキン
    (久しぶりに 言わせてください)
    ワイルドだろう
  
    大満足の 大満腹の道造でした
     

栗山の紅葉

   紅葉です
   秋のど真ん中です  
       秋色の栗山
   
   栗山で一人て作業
   チェンソーで枯れ枝の伐採
   チェンソーのうなり声が栗山に響く
   エンジンを止めれば
   一機に静寂が戻る 
  

いいことがあった

  今日も今日とて栗山での作業
  枯れた栗の木の枝の伐採
  それで
  午前の作業を終えて軽トラック戻ったら
  トミーさんからのメール有り
  <注 トミーさんとは蜂取り名人 イノシシとり名人のハンター>

  ・・・焼き肉です
     早く食べにきてください・・・・

   そんなわけで 駆けつけました
  いのしし肉だ
   ワイルドだろう  トミーさんやトミーさんの師匠のアーさんたちが作業中で・・・
「そこは堅いぞ」
    「ここがヒレ肉だ」
      

    そんなわけで
    道造は作業には参加せず お手伝いもせず
    早速 食べ始めました
    いのししの焼き肉
     
    本格的な 炭火焼き
    でもって
    塩・胡椒のみ
    通の食べ方だで

   「堅い すごい弾力! 歯でかんでもかんでも跳ね返されるぅ~
     あごが あごがくたびれたわ 」
    「こっちが柔らかいロースだ こっちを食べろや」
    「この骨付きをかじって見ろ ひと味違うぞ!」

    いただきました ぞうぶんいただきました
        
    前回のブログでは そんなにいいことなんてないもん
    とか ちょっびり いじけ気味でしたが
    道造 今日は大満足の大満腹

    トミーさんありがとう
    トミーさんの師匠のアーさんありがとう
    フーさんも焼いてくださりありがとう
    よっちゃんも栗ご飯ありがとう
    みんなみんなありがとうございました

     うんっ!!
     生きていれば いいことがあるもんです!!
               



    

へぇ 500回だって!

   このブログが501回目です
   500回を通過しました
   こんなに長く続くとは思いませんでした
   
   2台目のというか2代目のユンボがやってきたのを記念して
   栗山改造プロジェクトの足跡が残ればいい
   そんなおもいで  ブログを始めてみました
   途中 パソコンが壊れてしまい中断しました
   
   あれこれ その日の気分でおもむくままに
   そうです 「つれづれなるままに」の世界です
   親父ギャグも時々
   勝手なこと わがままなことをかいてきました

   ・・・・
   季節が巡ってくると
   また 同じことを思っていたりやってたりしていて
   こんなこと 前にもかいたよなぁ~・・・と
   変化のないブログになっているのに気づくことがあります

   変化やイベントなどは そんなに日常的に起こるものではないので
   同じような内容になってしまう

   ・・・・だから 続いたのかもしれません

   501回目にこのブログに訪問してくださったあなた。
   あんたに  いいことがありますように。   

   

   
      

山小屋日当たり良好

  栗山の山小屋の南に
  大きな大きなクヌギの木があって
  夏の間は木陰を提供してくれ
  そして 風よけの木になっていた

  だども 
  枝がどんどん伸びたので  
  思いっきりカットした

      山小屋剪定
   
   どうです
   とてもすっきりした
   これで 冬の間 日当たり良好です
   クヌギは冬になってもなかなか葉が落ちません
   年が明けても 最後の最後まで葉をつけています
   これからは
   晴れた日は 山小屋の前で
   ひなたぼっこなんかして過ごして
   どうしても 北風で寒かったら
   山小屋の中に逃げ込んで
   薪ストーブであったまって

   でね
   枝打ちした木がたくさんでてきました
       きのこ用原木
    きのこのほだ木にします
    年明けに菌打ちして
    まるっと二年間経つときのこが出てくる
    木だけに
    気の長いはなしだで

    菌打ちして 初めて出てくるきのこは
    ほだ木の栄養が満点なので
    それは それは 肉厚のきのこで
    それは それは おいしいのです
     
   

栗山の山野草

   最近また栗山通いの日々
   ギンナン拾いに疲れて
   ギンナン拾いに飽きて・・・
   野の花が目にとまる
   晩春の栗山の山野草
    リンドウとニガナかな それともヤマニガナかな?
  
   道造は植物はあまり詳しくはない
   詳しいものはあまりない
 
   栗山に ひっそりと咲いている
   道造以外に見る人もない
   
   道造は口ずさんでいる
   「野に咲く花のように~
    
    ご機嫌だで
    今のところ 野の花を愛でる 
    こころのゆとりがあるようだ

  
  

ギンナンひろい

   最近の道造は
   ギンナン拾い時々ユンボの毎日
   そのまた時々は温泉通い
   
   晩秋の空とぎんなん
    晩秋というより初冬でしょうか
    とにかく びっしりと枝もたわわに
    ギンナンがなっています

    栗山のあっちこっちにいちょうの木があり
    何本かはこんな風に鈴なりで

    栗農家になるとはどこかで思っていた
    だども ギンナン農家になるとはちっとも思っていなかった
    いわゆる「想定外」

    人生は 登り坂 と 下り坂 そして  ま坂
    ま坂の ギンナン農家

    ・・・
    「ギンナンを洗うのが大変でしょう!?」
     なんて よく言われる
   
     そうなんです 「実に大変です!!」
     そんな風に深刻にならず
     「大変でぇ~~す。」と、軽く答えることにしている

     おらのそばによるでねぇ!
     このギンナンが目に入らぬか
     におうぞ!
     
     でもって 時々
     道造は600円を握りしめ 近くの温泉に行くだ
     道造の家の近くに二つ温泉があり、両方とも約30分で行くことができる
     ウイークデーの温泉は のんびりゆったりだで

     

     
     

ユンボの故障でオイルの噴射

   軽快に作業をしていたら
   突然 オイルが噴射
   最初は何が起きたか分からなかった
   あわてて エンジンを止めたら
   オイルの噴射もストップ
   ほっっ!!!
    ユンボの故障その1
     2~3メートルはオイルが噴射しました
      
    油圧ホースの破裂
ホースの付け根が破損
    ホースの老朽化が原因
    オイル漏れなどの予兆なし
    突然の噴射

    こんなことは初めての体験
    油圧でシリンダーを押していることがよく分かった
    しかし、オイルという液体で大きな力を出す
    パワーシャベルを考えた人はすごい

    むかし。パスカルの原理とかを学んだ
    太い注射器と細い注射器をパイプでつなぎ
    そのピストンに重りを乗せた問題があった

    とにかく ユンボが老朽化している
    おらのユンボは後期高齢者
    一度しっかり点検をしてもらわねば
    大切に扱ってやらねば   
    まだまだ ユンボでやりたいことばかりだで
      
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる