秋晴れ

   最近、秋晴れが続きます
   雲一つない青空
   青空だけ写してみた
   秋のどこまでも青い空
   こんな空の色
   そして地面には
   栗山の彼岸花
   彼岸花が咲き始めました
   ごんぎつねの世界を思い出します
   いつもの年より一週間近くおくれています


   栗の実も大変です
   この夏の暑さの影響でしょうか
   栗の実は小さい
   なかなかイガは割れてくれません
   だども
   せっかく落ちた栗はことごとくイノシシに食べられる
   そして・・・台風の接近
   栗のイガは落ちてしまう
   ・・・・・
   道造は落ち込んでいるだ

   夏の日照り
   台風
   イノシシ
   
   ・・・・おらぁ しっかり いじけているだ

    いいことは・・・・
    ありました
    稲刈りが無事すんだで
    今日の夕ご飯は「新米」だで
    色がちがう 艶がちがう 香がつがう
    そして
    味がちがう
    「みねあさひ」をいただきました
   
スポンサーサイト

ヤマゴボウ・スクスク・チクチク・フワフワ

  ヤマゴボウは生長を続けている
  現在は・・・スクスク
  山ゴボウの生長
  こんな風に生長するのです
  ところで・・・・
  一年前のヤマゴボウは・・・
  というか
  モリアザミの花は綿毛となりました
  山ゴボウの綿毛
   台風が接近しているとのこと
   綿毛がすべて吹き飛ばされてしまう前に収穫しました
   フワフワ~・・・
   ところが どっこいしょ
   痛いのです とてつもなく痛いのです
   枯れた葉や花のがくがとげのようです
   チクチク皮膚に刺さるのです

   この綿毛は風に乗り
   どこかに飛んでいき
   子孫を増やす。


   刈り取った綿毛から種とりをしなくてはなりません
   チクチクに耐えなければなりません
   ・・・・
   そうです
   ヤマゴボウの種が高価であることを大きく納得しました

蜂取り名人のトミー

  道造はこの夏
  3回蜂に刺された  手 肩 股
  痛かった 実に痛かった
  アナフェラキシーのショック症状は出なかったけれど
  3回目は病院で点滴を打ってもらった
  毎年病院のお世話になっている
  それにしても 蜂の毒はすごい

  下草刈りで蜂の巣を壊す道造が悪いのか
  そんな おおらかなことは言ってられない
  蜂取り名人

  栗山に蜂取り名人のトミー参上
  トミーが道造の敵討ちだで
  道造を刺したハチの巣を退治してくれる
  そいでもって
  トミーはイノシシとりの名人でもある
  おらぁ 尊敬するだ

  最近 
  道造は トンボを見ただけでも 蜂ではないかと びびる。
  PTSDというやつかな  

小さい秋みぃつけた

  今年の夏は暑かった
  ここ栗山ではとにかく雨が少なかった
  やっとの思いで実りました
  だども
  ほとんどの栗はまだまだ青いままのイガ
  堅く口を閉じている
  暑さの中栗の実収穫
    文字通り栗色の光沢の栗の実
    栗の実のてっぺんの白い産毛
    栗のみを見てるだけでうっとりする
    これぞ道造の作品だで
    
    秋がどんどん深まると
    いっぱいいっぱい栗の実が落ちる
    それをねらって
    イノシシもいっぱい出てくる

    栗ご飯がいい
    やっぱり 焼き栗も捨てがたい
    イノシシに負けずに道造は食べてやる
    栗を食べたイノシシを食べるのがいいかもしれない 
  
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる