石窯新たな出発

   石窯の仲間が
   いつもの石窯に集まりました
   いつものように
   昔話と近況とを語り
   いつものように あつあつピザを食べ続けました
   おらが育てたズッキーニに肉を挟んで
   石窯で丸ごと焼きました 好評でした   
    石窯の仲間再会そして新たな仲間
   いつもと違うことがありました
   いつもの仲間のほかに新しい仲間が10人ほど参加しました
   道造の近所のおじさん
      石窯を喫茶店のとなりに造りたいんだって

   道造の近所のお姉さん
     子ども園のママ友と参加
     そまママ友のひとりも自宅に石窯が造りたいんだって

   道造のかつての職場の仲間
     道造と一緒でリタイアメント
     ご夫婦で参加・・・・
     「人生の楽園」バージョンかぁ
   パンの差し入れ
   
    それから それから いつものように
    パンの師匠のハーさんが
    こんなにたくさんのパンを差し入れてくださいました
    ハーさんはおばさんです。
    道造はハーさんに弟子入りして カンパーニュが焼きたい
    という目当てがあります。
    夢ではありません、目標です

    ハーさんの焼くパンはもう これは個人の単なる趣味を越えています
    商品として販売できます。
    今 ハーさんは時々パート出ているそうです
    大好きなパン焼きの資材を自由に買うために
    いいですね
  
    ハーさんは自分の趣味とのつきあい方が実に粋だで
    おらも見習うだ
      
    今回も いろんな方との出会いがありました
    おらぁ 元気をいっぱいもらっただ
    今年はあと5回石窯の会をひらくだ
    いろんな出会いが待っている。
    
    石窯とのいろんなつきあい方があるんだなぁ
    
    
スポンサーサイト

モトクロスで栗山を駆けめぐった日々

   道造が若かった頃
   30年くらい前
   友達から中古のモトクロスバイクをもらった 
   栗山を駆けめぐっていた
   ちょっとアクセルをふかすと・・・
   前輪が浮かんで ウイリー寸前
   エンジンを止めるときはクラッチをはなしてエンスト
   とてもシンプルなつくりになっていて
   とにかく、どんな急斜面でも駆け上っていく
     宙づりのモトクロスバイク
     そんなモトクロスバイクともお別れです
     ・・・・・
     昔やっていたこととお別れ
     昔やっていたことを再開する
     昔からずぅ~とやっていたことを続けていく
     そんな風に年老いていく
     最後に何が残るのかなぁ

     高貴高齢者には・・・・
     モトクロスバイクではなく
     四輪バギーの方が似合うかもしれない
     いつのひにか四輪バギーを手に入れたいものです

     道造は、いくつになっても栗山を駆けめぐっていたいのです
     おらぁ~ いつだって風を感じていたいんだ

枝だ

   ブルーベリー畑で見つけた
   あれっ??
   枝ではない・・・
   うっうっ動いている
   枝みたいなしゃくとりムシ
   どれだか わかりますか
      拡大してみます
        トビモンオオエダシャクの幼虫
     
  道造はこんな虫を見つけては楽しんでいます
  このシャクトリ虫は大きくなると何になるかって
  「が」になる。
  鳥に食べられないように
  枝を演じている
  シャクトリ虫は自分のことが
  枝にそっくりなことを 知っているのかなぁ
  最期まで大きく育ち が になるといい
  
  道造も 目立たないように
  周りにとけ込み 
  食べられないで 生きていきたい・・・
  
  しっしっまったっ!。
  弓歩さんがやってきた。
 
  「道造さん
   十分目立ってますよ
   でも 
   だれも あんたなんか たべませんよっ!」

   弓歩さんに 見つからないように
   道造は 何に化けたらいいのかなぁ

    

川沿いの小道を漕ぐ

     明日から雨ふりの日が続くとか 
     ちょいとひと漕ぎしたくなって
     軽トラに自転車をつんでいざ出発
     田植えの済んだ川沿いの小道
     川沿いの道で自転車をこぐ
      川を見たら ・・・・
     あいがもですか
     こんなところにいていいの 鳥さん
 
     あいがもですか
     本格的に梅雨が来る前に
     田をわたる風を感じて自転車を漕ぐ
     川からの風はちょっぴり冷たい
     自転車を漕いでほてったほほに心地よい

     おらぁ こんなことしていていいのかなぁ
     まだ・・・どこかで・・・贅沢な時間を過ごしている自分に
     ちょっぴり どこかで 後ろめたさを 一瞬感じた
     道造よ お前は けっこうちっちゃいぞ!!!
     今を楽しめ 楽しめられるときに 楽しめばいい
 
     感謝しています
     今日も今日とて大満足の道造であった     

植物は平等に

  明日からずぅ~と雨
  野菜の苗の植え時 チャンスッ!!!
  根性なしの百姓は、苗への水やりを一回でも省きたい
  雨が降ってくれれば水やりがパスできる
  苗だってそれが一番いい
      野菜の苗の植え付け
   カボチャが2種類
     「栗美人」とかいう食用小型のほくほくカボチャ
     「恐竜カボチャ」という恐ろしい名前の飾りカボチャ→うまくできたらまたお知らせします
   丹波の黒豆
      ハトに食べられないように自宅で苗を育てました→枝豆で食べようと思っています
   落花生
      これも種から育てました・・・やっとここまで育ちました
   以上を1時間半以上かけて植え付けました
   
    こいつらもズッキーニのように草に負けてしまうのでしょうか
    道造は野菜の苗に言って聞かせました
    ・・・・・
    道造はみんな平等に扱う
    スギナ ヨモギ セイタカアワダチソウ・・・・とおまえたちの苗は同じ植物だ
    野菜の苗だからと言って特別扱いはしない
    みんな一緒に育ってほしい
    仲良く育ってほしいとは言わない
    どちらかと言えば野菜の君たちはスギナやヨモギの雑草に負けないでほしい
    ・・・・おいおい
    要するに、草取りをしない、根性なしの言い訳ではないか。
    どのような結果になるか 楽しみです
    いつの日にか、収穫できるか 楽しみです

     

       

     

咲いた 咲いた ズッキーニの花が

    ついに咲きましたよ    
    ズッズッズッキーニの花
    赤 白 はなく 黄色だけ

     ズッキーニの花咲く
    全部で22株あります
   
    ところで 
   これは 畑ですか?
   雑草だらけです
  
   そうです
   道造はマルチを買うお金がありません
   マルチをかける根性もありません
   それに、雑草をとる気力もありません

   道造はそれに雑草のことなんか気にしません
   そんなちっちゃなこと
   いちいち気にしてません
   雑草が怖くて「はたけ」ができるか!!!!
   開き直っています

   近々 発売予定
   「貧乏で根性なしでもできる野菜作り
    -これでずぼらなあなたもお百姓さん-」
    著者 栗山道造
    

   

桑の実と赤とんぼ

    これは なんだ
    イモムシか・・・
    ある朝目覚めると 道造はイモムシになっていた
    そんなんじゃない
    桑の実です 

口の周りはあおむらさき
    舌をぺろりと出せばあおむらさき
    摘み取った指先まであおむらさき
    服にもシミができたあおむらさき
    ついばんだ小鳥の糞まであおむらさき

     桑のみとあかとんぼ
    でね
    夕焼け小焼けの赤とんぼ・・・
    山の畑の桑の実を小かごに摘んだはいつの日か・・・
    でしょ
    だから気づいたんです
    赤とんぼは夏の終わりか初秋
    桑の実は今 初夏
    季節が違う・・・・

    でね
    道造は調べたんだ
    そしたら 道造と同じ疑問を持った人がいて
    この歌詞は
    あれこれ思い出してるんだよ  だって
    そうなんだ
  
    ていうか
    同じ疑問を持った人がいたことがうれしかったです

    ちょうどそんな折り ピザ職人の NIKEさんに
    桑の実ジャムをいただきました。
    サンキュー マルベリー マッチ
    おいしくいただきました
    

蜂の巣に出会う

 栗山で草刈り作業していたら
   蜂の巣に出会いました
   刺されませんでした。
   ところで、二日続けて出会いました。
   ハチに出会った これは 「はち合わせ」
    
     蜂の巣その1

      蜂の巣その2
    両方とも
    南側斜面  ススキの群落のなか 地上20㎝くらい
    栗山のトミーさんも蜂の巣を見つけたと言っていた
    今年は、蜂が多いかもしれない。
    やだなぁ
    「アナフェラキシーショック」と言うことを覚えただ
    とにかく、刺されないようにしなくては。

    で、これって、何ていう蜂なのかなぁ
    スズメバチみたいなのがとっくりの形をした巣から出てきたと思う。

栗山の花は咲く

花は はぁ~なは 花は咲く
  この歌 最近耳に残っている
  「私は何を残すだろう・・・」と、続く
  なんて・・・考えてしまうときがある

  それで・・・栗山の花は
  栗山で作業をしていると
  初夏の風が吹くと ふぁ~っと香ってくる
  ポプラの枝をざわつかせて・・・
  2週間前 朴の木の花のあまい香りが風に乗ってやってきた
  1週間前 スイカズラの花の柑橘系の香りがやってきた
  そして 今
  ササユリの花の香りがやってきた
       三つ又のササユリ
      少し赤みが濃いピンク系
  ササユリの花の香りは、風に乗って来る程度がいい
  閉じた部屋ではきつすぎる
   そして・・・・ 
   栗山では栗の花が咲き始めました
       栗の花満開
   
   風なんか乗ってきません
   栗山全体がこの栗の花の香りに包まれています
   栗の花の「香り」と言うより「匂い」でもなく「臭い」かなぁ
   今年は、とにかくしっかり花を着けている
   秋の収穫が楽しみです。
  
   で・・・私は何を残す?

   ぁっ  弓歩さんが・・・・
  
   「道造さん 何も残さなくてもいいのよ
    
       

ドクダミ汁にチャレンジ

     ドクダミが家の周りで目立ってきた
     すくすく伸び始めた
     花が咲き始めた
     これをいっぱい集めました
      どくだみ1

       2どくだみ


     ミルサーで何回も何回も
     繰り返してドクダミ汁をつくりました
     約1時間くらい続けました

        どくだみ3
    
      そんなわけで
      汁がたっぷりたまりました 
   

    ドクダミ汁に
    ハチミツとイースト菌を加えました
    3ヶ月ほど発酵させます
    
    ドクダミ汁は
    リンゴ酒のようになるそうです
    これを飲むと・・・・
    とても元気になるとか

     午後からドクダミまみれです
     ミルサーも ザルも
     テーブルも 手も・・・
     ドクダミの臭いが体に染みつきました
     
    楽しみです
    発酵が進み
    毎日ぷくぷく泡が出てくるのを眺めているとき
    そして時々は試飲して・・・・

    今日はドクダミに遊んでもらいました。   

    

栗山通信5月末

     栗山通信5月末
   

 栗の木は、木々の中で葉を着けるのが一番遅い
    <ナツメには負けるが>

    道造はたいてい午前中は栗山にいます
    8時半に出勤で
    1時間は栗の木の手入れ
    1時間は休憩と山遊び
    1時間はユンボで土地の整備

     5月末の栗山
   栗の木は葉を着けると同時に雄花が着く
   やがて梅雨時にこの雄花が咲く
   栗山の全山が独特の香に包まれ
   蜂たちの羽音が全山をおおいつくす
  
   この木は、苗を植えて4年目
   そろそろ独り立ち
   

日々美変化するブルーベリー

   5月31日 晴れのち曇り
   道造の土手のブルーベリー
五月末のブルーベリー
    今が一年間で一番変化する時期です
    一年間の70%がこの一ヶ月間で生長します
    ブルーベリーは木でなく草みたいに生長します
    新しい葉をつけた枝は20~30㎝も伸びます
    そして
    桜の後に花が咲く
    花が散りがくが目立つ
    白い小さな果実が膨らむ
    みじん玉くらい
    BB弾くらい
    パチンコ玉くらい
    初夏の日差しをめいっぱい受けている
    ・・・・・
    やがてブルーの玉となる

    日々ブルーベリーは変化する
    6月の風の中、そんな変化を見て回る
    生長の変化を見て土手を巡るだけで
    道造は満ち足りた気持ちになれる
    風よ吹け吹け
    ブルーベリーの梢を揺らして      
    
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる