日々ユンボで ほいほのほぉ~い日記に

  ふぁ~い 弓歩です
  どうですか この登場。
  ハイッ ハイッ ハイッ 弓歩です  なんて 
  気合いが入っていない
  ハイテンションでない 弓歩もいるのですよ

  でね
  道造さんのブログにユンボが登場しなくなってきているの
  「ユンボとのたわむれ日記」なのにねぇ
  どうして・・・と聞いたの
  そしたら
  「ユンボが日常化した」だって
  ブログはちょっとした変化があってからこそ
  書きたくなることができる
   だってさ
  
  理屈ぽいところがあるんだよね
  ユンボで栗山で道を造ることが「いつものこと」に
  なっただけのことでしょっ!

  もし 弓歩さんがよければ
  「弓歩のはなうたでほほいほいほい日記」にしてもいいよ
  だってさ

  私・弓歩にこのブログを譲るってこと
  そんなのぉ
 
  時々がいいのっ!
  毎回弓歩が登場したら みんなどう思う ねえっ!


     
スポンサーサイト

春の野に出てわさび摘む

  道造の家の脇に 沢があったそうな
  その沢にわさびが花を着け始めたとさ
  さて さて どうしたものかと・・・
  道造は眺めておったそうじゃ
  
  そんな 昔話風の展開ではありません

  一言で言うと
  わさびをとってきて 食べました
  めでたし めでたし
 
DSC04182_convert_20110403131225.jpg
   
  つんつん 来ますわ
  温かいご飯にぴったりです。
  
  わさびの 調理方法は
  前回といっても昨年の今頃紹介しました。

  今年も「半殺し」です。
  熱湯に通して 砂糖で揉んで 密封すれば
  完成で これを味噌と混ぜれば 食卓に

  なかなか好評です
  例の となりの おばさんに お裾分けだで

  野のものを食べていれば
  食費はかからない
  健康的だで

  旬のもの 巡り来る季節のものを
  いただきました。

  そうそう  他にも・・・
  しいたけは パンデミング
  ただ今 モーレツに出てきました。

  食前・食後にしいたけを食しております。  

野天風呂再会

  ここに来て 春めいてきました
  吹く風はまだ冷たい
  だども
  風が止み 日だまりは 春

  この 春の光のお誘いで
  外の風呂に入ろうかなぁ~
  そんな気持ちにさせる日でした

  そいでもって 
  夕方から 野天風呂を炊き着けまして・・・
  薪の煙の香りが好きです
  煙は臭いでなく香りです

  だども 
  夕方からは 日が沈めば
  まだまだ冷え込んだ 

  今宵は 熱めの風呂がいい
  見上げれば 春の星座
  しし座の ナテハマーク そしてレグレス
  
  西の空には オリオンがうっすら
  相変わらずの シリウスの輝き

  顔ばかり冷えてくる
  お湯で顔を洗う

  身も心も温ったまっただ
  風呂上がり ぽかぽだで
  冷気が心地よい・・・・

  大満足の道造であった。

いのしし当番

  今週はおらが「いのしし当番」だで
  今日から・・・
  今朝、寝起き、6時に檻へ行っただ

  三日前にしかけただ
  「三日前から いのししは檻の中の 丸太を動かしてるだ
  しかけをセットした」
  との 引継があり そして 今朝 捕獲・・・

  組長さんへ「かかっております」
  と、報告・・・
  
  だども
  本日、組の衆は・・・各自都合がありとのこと
  「そんなぁ いのししは みんなが休みの日にかからにぁいかんわ。」
   と・・・となりのおじさんが言う。
  「そんなぁ いのししは こっちの都合を考えて かからんわ。」
   と・・・となりのおばさんが言う。
  これは、午前7時の会話だで

  となりの組に応援を頼むことにする
  
  となり組の衆が快諾
  一件落着

  これが 今朝のできごとだで
  これが 中山間地に生きる と、いうことだで
  これが 田舎暮らしだで
  これだで 田舎暮らしはやめられん。
  

ブルーベリーの苗木の移植

  春は移植・定植のシーズン
  <春なのにぃ~ 定植でぇすかぁ~
   春だから 定植です>
  昨日はブルーベリー40本
  裏の畑に定植です。

  一昨年  挿し木   
  昨 年  苗の養生
  昨 日  苗の定植
       ①穴掘り
       ②ピートモスと鹿沼土入れ
       ③これを水でこねる
       ④苗木を移植
       ⑤根本にバーク堆肥と敷きわら

  どうですか 振り返れば 足かけ三年前
  苗木は50~80㎝で
  もう花芽もたくさんついているものもあります。
DSC04192_convert_20110403131745.jpg


  あと一月で花が咲きます
  あと四ヶ月で実が収穫できます。
  
  「いったい 今までに何本植えたの
   全部で何本あるの・・・。」
  と、弓歩さんが呆れた顔で、かったるそうな口調で問いかけた。

   わたくし 道造も 今日は そんなわけで
    <おい おい どんなわけ ですか・・・>
  「そんなに 気になるなら
           自分で数えたら・・・。」
  と、言うことば「グビリッ」と飲み込んで
   「ちょうど100本です。」と
  さわやかに応えた
   実は・・・160本です
  
  今年も、挿し木で 苗木を増やし続けます。
  この世に 空き地がある限り
  この世に 苗木がある限り
  
  おらぁ どんだけでも 植え続けるだで。  

  
   
      
 

まるっと三年間・ブログ記念日

  はぁい。いつもの弓歩でぇーす。
  私との結婚記念日なんて
  全然覚えてない。
  私だって・・・思い出せない
  遠い とおーーーーい 過去のこと
  結婚は「青春の蹉跌」そのものかなぁ

   今日はその記念日について
 
  でね・・・
  「今日はブログ記念日」・・・
  とか 道造さんは騒いでいるわ

  あれから・・まるっと 三年間 
  ブログのアップの回数も300回
  だって

  君がサラダをおいしいねと言ったから
  サラダ記念日・・・

  道造さんが今日で三年目と言ったから
  ブログ記念日

  私って 何回登場したのかしら
  ねぇ
  弓歩記念日もつくってよ

  

  

サルナシの苗木の移植とその先

  木の芽が動き出しました。
  サルナシの挿し木苗木
  一年間でかなり成長します
  これの芽が緑色に変化

  本日 栗山に引っ越し
  16本移植完了

  いつの日にか
  このうちの何本かが
  何年後か  何百 何千個のサルナシの実を着ける
  そんな妄想に支えられ 
  栗山のあっちこっちに定植

  あっちこっちに棚をつくり
  ヒヨドリよけのネットを張る
 
  道造ブランド
  サルナシの果実
  サルナシのジャム
  サルナシの発酵酒
  サルナシのツル工芸
  ・・・・

  おらぁ 今から・・・
  道造ブランドのキャラクターを考えて
  サルナシのちいさな加工場の設計して
  販売ルートの確保して・・・
  もうけた小遣いで・・・

  ちょっと 気が早くないかい
  そのとき その時まで 健康なら
  妄想できるって 最高だね  
  
  

栗山に春がきたぞとリス

  本日は春分です。
  三日前にウグイスの初音をを聴きました  
  当然 へたくそ ですが
  それがまたいい

  それから
  家の前のショウジョウバカマが咲きました
  
  それで今は
  鬼ぐるみの苗を栗山にいっぱい植えました。
  いっぱいとは 15本です
  鬼ぐるみは大木になります。

   道造の父が銀杏の木を植えたように
   道造がクルミの木を植える

   道造の息子の伊賀夫はどう思うか
   
   そんなことは シーラナイ。
   
   やがて・・・栗山の一角に
   クルミ林ができる
   バケツに何杯ものクルミの実が・・・

   いつだって 苗を植えるときは
   収穫をイメージする
   イメージの向こうの妄想までいっちまう時もあるだ

   クルミ林にリスが来る。
   今でも リスが穴を開けたクルミの実が
   山小屋の薪の間にいっぱいある

   そうだ。
   一度 リスを捕まえてみたい
   漢字で書くと 栗鼠   栗山にクルミを食べに来る
   ぴったりの漢字だ    

防災科が必要です

  はぁーい 弓歩です。

  ノーテンキな私だって
  あの地震と津波の映像は
  自分の中で どう受け入れたらいいのか
 
  道造さんと・・・
  ときどきは まともな話もします。
  
  でね・・・
  二人の意見が久しぶりに一致したの
  
  学校できちんと「防災科」の授業をやるといい
  「命」に関わることだから
  内容・カリキュラムとかいうとか
  ・地震・台風などの自然災害についての基礎知識
  ・学校・体育館で避難所生活体験
  ・ボランティアの実習
  もっと 組織的な学習と
  サバイバルの実習が必要だって・・・
  電気や水道がなくても生きられる
  そこを学ぶといい
   なんてね
  そいでもって 
  学校の先生に そんなことを 全部押しつけてもダメ
  地域と 行政 でおしえるといいわ
  
  そうしたら  
   道造さんは・・・・
   「おらぁ 得意のたき火インストラクター
    それから
    ユンボで 災害地で働くだ」
   なんて言ってました。

  で・・・・
  道造さんは・・・栗山で「くるみ」の苗木を
  植えに行ったきりです
 
     

 
  
  

栗の苗植え

      本日は 正しい 栗の苗の植え方を説明しよう
      栗の木とつきあって うん十年
      うん十年の うんちくだで
  
         苗植えのシーズン到来
           DSC04162_convert_20110310190413[1]
      道造は栗山で
      もくもくと苗を植えています 
 
      天気予報を気にして
      雨が降った後
      雨が降りそうなとき
  
      穴掘り
      わら入れ
      肥入れ
      埋め戻し
     
      これだけやったら
      やっと 苗植えだで
      植えた後は 根本に敷きわら
      草刈りの時に目立つように竹の棒
      
      これだけやって 苗植えだで

      穴って どれぐらいの大きさ?
      縦横最低60㎝は必要だで 
      理想は1メートルはほしい

       陽光うららかなれど
       寒風が時折吹く
   
       ももくもくだで
       ストイックだで

       栗の苗を植えるおじさんは  寡黙だで

   

         

一度に八枚

どうでかす            DSC04164_convert_20110310185200[1]
  これは 駅舎にある大型の石窯です
  春まだ浅い 駅舎に集まったのです
  総勢60人 
  食べましたよ 食べ続けましたよ  
  一度にピザを八枚焼くことのできるのです。
  子供30人 大人30人ほどが参加しまして
  次々に焼きました。
  道造は こんなことが 楽しいのです。
   
  で
  いったい何の会 どういう人たちなの・・・・
  そっ そっ それは 聞かない約束だで
  
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる