やきいも ほくほく

  年の瀬の大晦日の今日
  家の周りの薪を片づけまして
  たき火をして
  ついでに やきいも ほくほく
 
  今日は 冷えました
  だども
  ほかほかの  ほくほく
  焼き芋が できました

    やきいも ほくほく
   

  なんと 穏やかな 年の瀬  大晦日
  道造は たき火をしながら
  今年を 振り返るのであった

  ユンボを再開した年
  ブログを開始した年
  
  満足な年であったと思う
  好きなことができた
  これ以上のことはないだろう

  感謝です
  このごろ 感謝することを覚えました
  この歳になって やっとのこと 
  感謝という言葉の意味が 分かりかけたのです
  やっと ちいと感謝することを覚えました
  
  いろいろあって
  いいことがなくても 不幸でなければ 満足です
  やりたいことができた なんて 大満足です
  
  焼き芋をほおばりながら
  道造は 今年を振り返ったのです。

  
  
スポンサーサイト

寒風の空に向かって

                    空に続く道 空へ続く道
 
   頂上に向かって  空に向かって
   作業用道路を造り始めた
   空に続く道です

   本日は 寒気団のため
   かなり風が冷たい

   谷に向かって造るときもあるが
   それより
   頂上に向かって ほじる時の方が
   空が 視野にある
   青空だったら さらによし

   谷底へ向かうときは
   足で踏ん張っている
   だから   最近納得した
   ユンボには 足で踏み込む
   アクセルがないのだと

   さあ
   空に 続けよう
      
   
  
      

半日村

  ユンボで作業しているとき
  「半日村」のことを 思い出す
 
  その村は 高い山で 日陰になって
  半日しか日が当たらない 半日村って言われてた
  どうがんばっても お米がとれない

  それで あるとき ある男が山を削りだした
  みんなに そんなことをしても
  と ばかにされても
  一人だけがんばって  削り続けた
  ある程度削ったところで
  みんなが やっと 協力し始めた・・・・
  そんな 話だったと思う

  道造のことを
  ユンボのことを 大型イノシシ
  と 言う 人もいる
  ただ やたらと 栗山をほじくり返している  から

  だども
  道造の 頭の中には イメージがあるだ
  何年かしたら
  栗山に 作業用道路ができ
  栗の木の植裁広場ができている
  みんなは 驚くことになるだろう

  そうしたら  いつの日にか
  修身ではなく道徳の教科書に
  道造のことがのるかもしんねぇだ
  「不とう不屈」だな

  そのときは
  弓歩見返してやるだ

  おらの 十年後 否 五年後を 見てほしい
  
  だども
  弓歩に言われそうだな
  男って  困ったもんね。
  それは 理想ではなく 単なる 妄想よって

  だんだん 
  自分のことが 分かってきた 道造であった。 

認知症防止

  ユンボにはいったい いくつレバーがあるか
  答えは
       いっぱいある
  
  ①エンジンアクセル
  ②キャタピラ用 右と左 それぞれ 前後 
  ③右・左回転 アーム
  ④アーム・バケット
  ⑤廃(排)土板

  これだけを 組み合わせて 作業している
  どうだ すごいだろう

   最近は あまり意識せずに 操作している
   パソコンのキーボードも同じか
  
   だども
   百八十度回転しているとき
   キャタピラの操作を 間違えるときもまだ ある
   おっとと と あわてることもある
   「オウ ノゥ! 」
  
   そんなわけで
   いろんなレバーを操作する
   脳が活性化する
   認知症防止に最適です
   道造は鈍くさい方です
   スポーツは苦手です
   というより
   体を動かすのは 
   タダ動かすのはもったいなく
   スポーツより勤労として 動かしていた

   そんなわけで
   いろいろなレバーを動かしている
   すごいだろう

   今日も 今日とて
   自慢話だ。

   肥入れで おらぁ
   左足の 膝の外側が いてぇいだ
   今日は 風が冷たかった
   だども シャツ一枚だで

   自分をほめてやりたい
   道造であった  
















ただ ありがとう

   ;">「ころすけ」が死んだ   平成20年12月23日午後8時20分
   十四年間と四日の命でした
   
   どこにでもいる雑種(柴犬みたい)   
   我が家の大切なペットでした
 
   画像 ころ

   老衰です
   四日前までよろよろと散歩した
 
  この一ヶ月間ほど 何も食べていない状態
  この日が来るのは覚悟していた

  ここに来て ほとんど動けない状態であった
  ひくひくとけいれんを起こしていた
  
  苦しいなら もう逝っていいよ
  と 心では思っていた
  それほど 覚悟はできていたが

  ついに
  一声 うめき声を上げて 
  逝ってしまった

  家族みんなで
  近所の人 まで かわいがってもらった
  
  ありがとう ありがとう
  ただ ただ ありがとう

  いっぱい 散歩した
  いっぱい 愚痴をはなした
  いっぱい 不安な心を話した
  いっぱい こうなるといいな できるといいなと 期待を話した

  弓歩が大きなおおきな病気をしたときも
  一緒にいっぱい散歩する中で
  体力よりも気力を取り戻した
  回復の基になった 

のう天気ですよ

  ハァーイ
  私よ  わたし
  道造の 妻  弓歩(ゆんぼ)でぇーす。  
  毎度 まいど
  こんな  ハイテンションでの 登場

  でね。
  あの人ったら また始めたわよ
  ユンボの世界へ はいったわ
画像 205

  
  年末 とか 年始 なんと言うことは 
  全く関係なく 生きている人みたい
  
  「クリスマスがもうじきね。」
  なんて 話しかけても
  「そんなものは異教徒の祭りだ
   あんたは いつから キリシタンになったのか」
  なんだって
  今時 そんなこと言っても
  おもしろくも何ともないのにね
  
  べつに  今更
  クリスマスプレゼントがほしいなんて
  言ってる訳でもないのに
  カレンダーにも
  世間の行事にも
  村の寄り合いにも
  左右されない生活なんて
  ちょっぴり あこがれるけれど

  「おれは
    天気に左右されるけれど
    他のものには
    今までも
    今も
    そして これからも
    左右されない」


  でもね 
  限度というものがあるのよね。
  でね 私 言ってやったの
  「これが ほんとの 脳天気」

  
  
  


  


   

本日もふろんてぃあ だ

 今日は晴れです。 朝はめっきり冷えました。
 戸外に出したままの軽トラックは霜でバリバリ。

 栗山にて、作業用道路造り
 本日は ポプラの木を倒しました。

  もちろん
  ポプラはみんな生きている 
  なんて 歌いながら

画像 201


  ポプラの木の元をほじり始めました
  悪戦苦闘 二十分で 傾き始めました
  ユンボで 押してやると
  ゆっくり ゆっくり 傾き そして 倒れました
  一部 栗の木にポプラの枝が掛かったのですが
  無事 軟着陸に成功

  その後は
  チェンソーで ポプラの裁断
  栗山に チェンソーの音が響き渡りました。

  おお。 これぞ フロンティア。
  おらぁ 開拓者だ  と・・・
  道造は 自分の世界に入ってしまうのです。

  ポプラの木にきのこの菌を打ちたいです
  ヒラタケ
  来年の秋には出てきそうです。

  作業道路が急すぎます
  もっと もっと 道を改良しなければなりません
  明日も 続きだ
  
  



道造さん 大丈夫ですかぁ

  ハアーイ  またまた、弓歩です
  主人 道造が 駄文でお世話になっています。
  本当に お口汚しの私の登場ですわ

  そんな訳で
  お口直し 弓歩が登場です

  道造は最近の経済変動に対して憂いているのです
  資本主義の自由経済は自由ではなく放任であると・・・
  
  なんだか 難しいことを言い出したの
  熱でもあるかと 思ったんですが
  そうでもなさそうなんです

  お金を貸しすぎる
      借りすぎる
  ものを造りすぎる
  売り続ける

  競争は正義なんて
  信仰している信者たちよ
  今に しっぽが はえてくる
 ・・・・・・なんて 言い出したんですよ。

  あらら  アララ。おかしいわよ
  若者流に言えば  やばい

  やはり 
  ユンボの振動で
  脳がいかれ始めてしまったのかしら

  いつから 経済学者になったんだろう
  ニュースなんか見たことがあるんでしょうか
  ユンボ以外に 興味を持っているんでしょうかね

  でね
  私 道造に言ってやったの
  
  「いい加減にしないと
  今に しっぽが生えてくるわ。」って

  (評) 道造 談
  おいおい
  弓歩だって 道造と同じ仲間だわ
  どっか 変だが
  似たもの夫婦だな
  
  


  

一人でもいられるもん だって

  たいていの休日は
  道造は一人で過ごす

  家族以外とは逢わない
  家族とも会わずに栗山にこもるときがある

  ひきこもりというのがある
  最近は 外こもりもある
  物価の安い外国にこもる人がいる
 
  道造は栗山にこもる
  山こもり である。

  一人でいられるのは
  一人で妄想できるから
  自分の世界へ入っていけるから

  山の地形を見てるだけで
  あそこの丘を削って
  その土で
  ここの谷を埋めれば

  あの木を切って
  杭棒を造って
  土手の土留めをして

  あの木は
  あっちに倒して
  ユンボで引き上げて
  キノコの菌を打って
   残った木は
   薪ストーブに

  あの沢をせき止めて
  水たまりに
  どじょうを飼って
  食べてやる

  あの崖に
  横穴を開けて
  入り口に
  透明ビニルシートを張って
  温室シェルターだ

  ・・・・・・
  どんだけでも
  妄想ができる

  妄想はただである
  妄想に消費税はかからない

  もうそうは もうよそう
  
  道造はへんなのかもしれない
  道造は自覚症状がまだちいとある
  

  

小春日和の栗山

                     画像 190


                    みえますかぁ
                   中央に冠雪の恵那山
                   すごく薄いです
                   雲と見分けがつきません

              画像 194

   この青い空と
   葉を落としたポプラの大木と
   葉を落とした栗の木々と

   師走にしては
   穏やかな日でした
   こんな日は小春日和
   と言うのだって 
   
   おもっいっきり
   空気を吸い込んでみた。
  

開拓だに

        根を引っこ抜いただ
            画像 188

   道造は道を造っているだ
   こんなに大きな根っこを引っこ抜いただ
   木の生命力に感動する

   真夏のくそ暑い日に
   三十分間直射日光に当たっているだけで
   くらくら してくるだ

   今朝みたいな 氷の張る日は
   つま先が痛くなるだ
   三日前の 寒冷前線の通過時は
   とてつもない強風と雷雨

    そんな中で 生きていかなければならない木
    あんな というんか  こんなにも深い根っこを張っているのか

    とにかく 引っこ抜いただ
    松の木の根だ
    しぶといのだ
 
    だから根気よくがんばっただ
    根の周りから丁寧にほじっただ
    本日は 
    「根気」より「根木」のほうが似合う。
    おらあ ふろんてぃあ だ

    
  

これが「平和」ってこと

   
   ハアーイ
   道造の妻の弓歩でえーす
   こんな 軽いのりで登場していいのかな
   決して 酔ってなんかいません
   時々 このブログをのぞきます 書きます。

   このごろ 道造さんは また
   いそいそと ユンボに逢いに栗山に出かけてます
   初恋の人に逢いに行くみたい  いそいそと

   大人の砂遊び
   幼稚園児が公園の砂場で   トンネルをほじって
   開通だ  つぶれた
   と 遊んでいる延長上かな

   そのうちに 如雨露を持ち出して
   水をかけて
   いつの間にか ダム作り

   大人のくせに
   というか 中年のくせに
   遊んでいる

   道造 本人に言わせると
   単なる遊びではない
   極めて 生産的活動である
   作業用道路を造っている   
   とは 言っているんですがね・・・・・
  
   私 言ってやったわよ
   ああ。いいですね。
   ご機嫌で 何よりですね。
  
   そしたら 道造さんは
   ありがとうございます
   今日も ユンボと遊べるのは
   すべて 弓歩さんのおかげです
  
   とか言って
   小春日和の青空の下
   栗山に向かって 軽トラックに乗って行ったわ

   これが 平和  ということなんですよね。




 

   
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる