見てるだけで幸せと感じるとき

                           画像 024
 これは、道造の庭です
至る所にブルーベリーの苗があります
挿し木で増やしています
鹿沼土 + ピートモス で挿し木をします
発根するとポットに植え替えます
次に植木鉢に植え替えます
次に畑や土手に定植します
半年もの  一年もの  二年もの  ・・・・・
これらをただ見ているだけで幸せな気持ちになれるのです。
とりわけ今 一年間の生長分の半分以上は今この時期に生長しています
おおきくなあれと・・・・・おおきくなったねと・・・・・
いやされるってこのことだと思う
どれだけ見ていても飽きない
こだわりですね
もうじき緑枝挿し木をします
 


スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

小雨の中の小梅

                画像 046
小梅の収穫
梅雨前線が北上
まずは小梅の採りころです
道造はジャムにします。やってみらっせ
  ①水につけます
  ②つぶします・・・。板でおしつぶす
  ③ビンに砂糖と一緒に入れます
  ④水があがってきます
  ⑤煮ます  発酵させないため
  ⑥密封容器に入れます
   ジャムとしてまたは氷水で薄めてジュース

アスパラの花と実

  アスパラの花と実                                   画像 045


画像 048

                 アスパラには花が咲く
                花が咲いたら実ができる。
               アスパラにはオスとメスがある
               ・・・・・・雨の中  はな蜂がきていました。
              うす黄色の釣り鐘状の花
          まんまるい黄緑の実はやがて赤くなります。
        そろそろ収穫できます。
       根本から毎日のびてきます。
      秋口まで収穫していきます。
  野菜を食べて・・・・レポーターが「あまぁーい」と言うじゃない
  とれたてのアスパラは本当にそう感じるときがあります。
道造はこの味は実に贅沢だなと思います。そして大満足です。

ブルーベリーの実がふくらむ

           画像 040

     ブルーベリーの実がふくらんできました。早く色んでほしいものです。
そうそう 桑の実も色んできました。
道造がご幼少のころ口の周りを紫にしておやつとして食べていました。
今時は、上品にマルベリーとかいうんだって。
これは、八房桑といって、食用です。あのころは何ともなかったのに今ではちょっと生臭く感じます。画像 041
ゆうやけこやけ
桑のみ摘んだはいつの日か・・・・



サルナシとミニキウイ

さるなし画像 044

ミニキウイ画像 049


よく似ているでしょう。
花も果実もほぼ同じです。
サルナシはジャムにし食べます
ミニキウイは糖度が十以上しかも、樹上完熟。
道造は、果樹をとにかくいろいろ育てでいます。
もちろん栗が一番で五百本以上
イチョウも百本以上
ブルーベリーも百本以上
   

ジュンベリーの赤い実

画像 039

ジュンベリーの実が赤く色味始めました。
白い可憐な花から二ヶ月・・・・・
梅雨時 雨によく似合います。
おいしいですよ。適度な甘み。
小さなつぶの種が少し気になりますが、おいしいです。
ヒヨドリがねらっています。
道造のサクランボは全部ヒヨドリが食べてしまいました。

作業用林道

             画像 038
林道
          そんなわけでどんどん道ができていきます。
          今日はさわやかな風が吹いていました。
          林の中での作業でしたが、夕方から顔がひりひりします。
          日焼けしたのでしょう。
          坂道での作業なので操縦するとき自然と踏ん張っていたのでしょう。
          足の裏と股が張っています。
          最近、考えないで操縦しているようです。
          無意識に操縦でしているのです。
          なれた頃が危ないのです。

雨上がりのユンボ

        画像 032
雨上がりは滑ります
キャタピラだってぬかるんでいればスリップとまでいきませんが、ちゃんと滑ります。
屋根付きですが雨が少し降り込みます。
雨の日は簡単な透明のビニルシートを屋根の周りに・・・・
夏になったらすだれを屋根の周りに・・・・
冬になったら、操縦するところ全部を温室に・・・
ニュルニュル滑りながらの道造はご機嫌です。

          画像 034

やまこ゛やのそばのスモモはピー玉くらいの実をたくさんつけてます。
スモモの色むころ夏が来ます。ホトトギスの鳴き声が聞こえます。

廃線に自転車を

この廃線で遊びたいたのしもうよ
            画像 027

道造の近くに廃線があります。このレールで自転車に乗りたいのです。レールバイクとか軌道自転車というものがあると聞きました。ピーパルでもみたような気がします。ユンボのことはちょっと休んで、この軌道・廃レールで遊びたいのです。どなたか教えてくださいマウンテンバイクの改造方法。それともアタッチメントご存じの方教えてください。

大根の花の続き

大根の種子
画像 021

大きな大きな種子ができました
ボールペンの大きさと比較してみて
収穫したらまた紹介します。

花から実へ ブルーべリー

    ブルーベリー 画像 022

 道造の家のでは、ブルーベリーの花が終わりました。まだ時々はな蜂がきています。ハイブッシュ系が一足早く蒼い果実をついています。今年六月末に収穫できるかな。

ホウノ木芳香の薫風

  栗山ではホウノ木の花が咲いていて、芳香がします。風が吹くと香ります。だから薫風ですよね。
            画像 018
画像 017
イチョウの新緑もいいものです。もう、小さな銀杏をつけています。緑色のビビー弾くらいの大きさです。

オイル交換ができたよ

進んでるよ画像 013

オイルとエレメントの交換ができました。
軽油の補給  グリスをさす  オイル交換  進化しています。
次はライトがつくように補修します。
栗の花のつぼみって知ってる画像 016
花が咲いたらまた紹介します。

あかつきの栗山

画像 006

午前四時半。栗山にて。
東の東の方角です。
この山は恵那山です。
栗山からは恵那山がどっかと見えます。雪の恵那山もいいのです。
恵那山・・・バケツを伏せた形。
頂上がどこかよく分からない山です。
本日、午前四時半からユンボにて作業開始。
暁にユンボがうごめく。
道造、朝から満足のスタート。

アオダイショウ騒動

アオダイショウ画像 001

道造の実家にツバメが巣をかけました。ところが、ここ数年このアオダイショウにヒナがおそわれた。
今年は、まだヒナにかえっていませんでした。ツバメの鳴き声の異常に気づいた。
竹の棒でへんびを追っ払いました。どきどきしました。
ツバメが南の島から道造の家にやってきた。
アオダイショウも生きるためにツバメを・・・
ゴールデンウイークのできごとでした。


五月の風の中のポプラ

青い空・・・ポプラを見上げているだけでうれしくなります。
ポプラ五月の風にざわめく画像 135
栗山には大きなポプラの木があります。
巨木もあります。一昨年ポプラにヒラタケの菌を打ちました。とてもよくでました。

 ほかにもイチョウの木があります。百本以上あります。道造の父が昭和五十五年ころに植えたそうです。銀杏がなります。たくさんたくさん落ちます。道造は銀杏を洗う<あのくさい果肉をとる>高圧洗浄機を昨年買いました。ときどき銀杏農家になります。

進んでいます。

どんどんみちができます
道路財源不足ですが・・・・・。自分で造っていますので。でも軽油代はもろに影響を受けています。
工事現場は大変です。ユンボの燃料に灯油や天ぷら油を混ぜてもいいみたいですね。やってみようかな。壊れないかな。道造は快調に道づくりに励んでいます。薫風の中。栗山の中。大満足の道造。画像 141

新緑の栗山

木々が芽吹き始めました。新緑です。草ぼうぼう季節がやってきました。
くるみの花が咲き始め画像 147
画像 146
みえるかな・・・わらびだよ

エンジンメインテナンス

 今までとりあえず。軽油だけを補給していました。四月の安いときにポリタンクに備蓄しました。
軽油以外のことが気になり始めました。エンジンオイルとか・・・・
よく分からないエンジンルーム
とりあえず、ディーゼル用オイルを少しつぎ足しました。エンジン音が少し小さくなった気がします。
ガソリンスタンドのおじさんは・・・・・オイル交換しなくても継ぎ足しておけば・・・・・
オイルエレメントのこともきいたのですがね。スタンドへ持っていくことが゛できない。
ラジエターのこと。バッテリのこと。分からないことばかり。栗山で自分でメインテナンスができるようにならなくては。
 学習することばかりです。
 ユンボのことが詳しい人と友達になろうと思っています。画像 148
ユンボのエンジンルーム
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる