FC2ブログ

「栗の湯」風呂に入る

少し前の雨で水槽に水がたまり

そこからホースで薪焚き風呂の浴槽に水を張る

薪に火が着けば ゴォゴォ音を立てて燃え出す

お湯を沸かすのに約40分

気温が上がり水温も上がってくればもっと短時間で沸くと思う

風呂に入る
    春雨の中での初入浴
  
途中から少し雨が降り出した

傘を差しポツンポツンと雨音とうぐいすの鳴き声を聞きながらの初入浴

最初はぬるめのお湯  やがてだんだんと体が温まって来るのがいい

薪で沸かしたお湯独特の体の芯から温まって来るお湯がいい

小雨の降る冷たい外気も気にならなくなる

贅沢なひととき

 「ぽつんと一人風呂」だな

道造は湯船につかり鼻歌を歌う

「だめよ~  あ~の人に 見ぃ~られたら  はぁ~ずかしいわ 」
スポンサーサイト



たっぷり貯まりました

お金ではありません
雨水が貯まりました

二日続けての雨です
最初の日の少ない雨量でも水槽には貯まりました
栗山に一番近いアメダスの記録で確認したら積算降水量は25mm・・・
これだけでは2.5cmの水深なんですが・・・・
ですが
今回悪戦苦闘して屋根にも降った分を集めたので水槽の約80%くらいたまっていた
水槽の水満タン

水を貯めるのは大成功です

ちょっとまった!!!
今度は水槽から風呂の浴槽までのパイプがうまくつながらない
ポンプなどの動力を使わず高低差というかサイフォン式なのでパイプに空気が入ってしまうと水槽からの水を吸わなくなってしまう

そんなわけで
硬いパイプでなくその辺にある極普通のビニールホースでやってみた
お風呂の水満タン
   やっと お風呂に水張完了しました

今回も帰りがけに水槽をもらったあのコンちゃんに報告してたら
コンちゃんの奥さんから
「残りの水槽で「メダカ」でも飼ったら・・・・」と、話題に 
今どき いろんな種類のメダカがいると メダカ談議に花が咲く

どうしよう メダカを飼っちゃおうかなぁ 面白そうだけどぉ
栗山にメダカに会いにいそいそと・・・・それもいいかも
だども
あれもこれもはやらないときめたのにぃ

そうだね
薪釜風呂がちゃんと完成したら
湯船につかりながらメダカのことはじっくり考えてみよう

雨水集め大作戦

大作戦というより大苦戦

原因は水槽にキャスターがついているから ・・・硬い地面の移動にはよいけれど
砂地にはめり込んでしまうからだ

屋根からの雨水が直接水槽にたまるように軒下に設置するからだ

ユンボでバケット5杯の砂で盛り土して 固めて ならして いざ設置

水槽に雨水集め
  雨水が沢山たまりますように!

こんなことが楽しみで  ワクワク

このあとは
この水槽の水を薪風呂釜の浴槽までホースでつなぐ

明日からは雨が降りそうだで
どれだけたまるか楽しみだ

どうしよう まだ3つも水槽があるんだけどぉ

露天風呂の続き

雨水に頼っていた
井戸水から
今回は栗山の沢の水
露天風呂その2
  浴槽の部分を拡大してみました
 ステンレスの浴槽は解体した現場からのもらいもの
 薪の釜は大国釜で これは買ってきました
 極めて調子がいい薪釜
 少しの薪で簡単に沸く
 でね この釜は2つ目だで

やはり作業をしたり生活するには水場が近くにないと
この露天風呂付近を整備して
栗やクルミやギンナンを洗ったり
シカの皮の肉を削いだりなめしをしたり

そして 作業の始まる前にお風呂を沸かしておけば
作業を終えた頃にはお風呂が沸いていて
疲れた体に いい湯加減

というより 
体にまとわりついた
ぎんなんの臭いが・・・・
シカの毛皮のだにや臭いが・・・
洗い流しておうちに帰宅できる

ぎんなん洗いの後は
弓歩さんに
「ニオウッ!!!」
と「仁王」のような顔つきで言われてましたので

栗山に薪の風呂を復活した

露天風呂だ
久しぶりの 実に久しぶりの露天風呂を復活した

30年くらい前に
山小屋を造ったときにこの露天風呂もそなえつけた
このときは山小屋の屋根の雨水を樋で集めて風呂に入っていた
雨水がたまらないと入れなかった
夏は浴槽にたまった水にボウフラが ピントコ ピントコ うごめいていた

20年くらい前に
山小屋から道造の自宅の庭に引っ越してきて
実に11年間、中庭の露天風呂に入っていた
井戸水をポンプでくみ上げ引っ張ってきてのお湯

2年前
自宅の古民家の建てかえのとき中庭の露天風呂を片づけた

そして 本日
栗山の山小屋の近くの沢に露天風呂を設置した
やはりお風呂は水が命
ホースで沢の水を引いて来た
  栗山に薪の風呂を作った
   杉木立の木漏れ日の沢沿いに設置した

ここは栗山の一番奥地
県道からの自動車やバイクの音もとどかない
静かなところだ
道造が「まっぱ」の「すっぽんぽん」になっても
だぁ~れにも迷惑はかけないところ
山田べにこさんにも見つからない場所

ひょっとしたら・・・・
若いメスのイノシシがどこかでのぞき見をしているかもしれない・・・・
おっとっ・・・
道造の妄想が始まりそうだ・・・・
今日は 思いとどまる
 自制力がまだあるところを見せなくては・・・
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる