露天風呂の続き

雨水に頼っていた
井戸水から
今回は栗山の沢の水
露天風呂その2
  浴槽の部分を拡大してみました
 ステンレスの浴槽は解体した現場からのもらいもの
 薪の釜は大国釜で これは買ってきました
 極めて調子がいい薪釜
 少しの薪で簡単に沸く
 でね この釜は2つ目だで

やはり作業をしたり生活するには水場が近くにないと
この露天風呂付近を整備して
栗やクルミやギンナンを洗ったり
シカの皮の肉を削いだりなめしをしたり

そして 作業の始まる前にお風呂を沸かしておけば
作業を終えた頃にはお風呂が沸いていて
疲れた体に いい湯加減

というより 
体にまとわりついた
ぎんなんの臭いが・・・・
シカの毛皮のだにや臭いが・・・
洗い流しておうちに帰宅できる

ぎんなん洗いの後は
弓歩さんに
「ニオウッ!!!」
と「仁王」のような顔つきで言われてましたので
スポンサーサイト

栗山に薪の風呂を復活した

露天風呂だ
久しぶりの 実に久しぶりの露天風呂を復活した

30年くらい前に
山小屋を造ったときにこの露天風呂もそなえつけた
このときは山小屋の屋根の雨水を樋で集めて風呂に入っていた
雨水がたまらないと入れなかった
夏は浴槽にたまった水にボウフラが ピントコ ピントコ うごめいていた

20年くらい前に
山小屋から道造の自宅の庭に引っ越してきて
実に11年間、中庭の露天風呂に入っていた
井戸水をポンプでくみ上げ引っ張ってきてのお湯

2年前
自宅の古民家の建てかえのとき中庭の露天風呂を片づけた

そして 本日
栗山の山小屋の近くの沢に露天風呂を設置した
やはりお風呂は水が命
ホースで沢の水を引いて来た
  栗山に薪の風呂を作った
   杉木立の木漏れ日の沢沿いに設置した

ここは栗山の一番奥地
県道からの自動車やバイクの音もとどかない
静かなところだ
道造が「まっぱ」の「すっぽんぽん」になっても
だぁ~れにも迷惑はかけないところ
山田べにこさんにも見つからない場所

ひょっとしたら・・・・
若いメスのイノシシがどこかでのぞき見をしているかもしれない・・・・
おっとっ・・・
道造の妄想が始まりそうだ・・・・
今日は 思いとどまる
 自制力がまだあるところを見せなくては・・・

外の風呂はいとおかし

   昨夜来の春雨
   濡れてもあまり苦にならない
   咲き始めたさくらには影響なし

   午後から 一機に気温が上昇
   なま暖かい春風
   野山 草木が一斉にうごめきだした
   うす茶色の皮を破り緑の芽が
   
   道造は 今宵も 外の風呂
   三日月よりも少しメタボ月を見ながら

   橋本治によれば

   彼の 清少納言は・・・
   おかし・・・すてきだわ! と
   あわれ・・・ジーンときたわ!
   の世界だと

枕草子は清少納言のブログ
   徒然草は吉田兼好のブログ 
 
   いつの日にか
   この「道造のユンボとのたわむれ日記」も
   古典として 紹介されるだろうか
   
   第二五段
   春は野天風呂
 
   外の風呂は いとおかし
   
   ぬるき湯船に浸かりて
   よしなしごとを 思い浮かべる

   満月ばかりでなくとも
   さらに月なんかなくても
   全然 星なんかなくても

   冷気の中で
   薄暗闇の中で
   ぬるま湯の中で

   夜間飛行機が夜空を点滅して
   三つ四つなど飛び交うを見上げるも
   いと おかし

   これって 物好き
   ていうか
   贅沢なひととき だで
   ていうか
   満足  身に余る満足=贅沢だで

   ていうか  道造の場合は
   おかしは おかしい=おかしい人=変な人=物好きな人
   と訳した方が ぴったりかも
   
   ヒマラヤほどの小さな贅沢がいっぱいあるといい
      
 

野天風呂再会

  ここに来て 春めいてきました
  吹く風はまだ冷たい
  だども
  風が止み 日だまりは 春

  この 春の光のお誘いで
  外の風呂に入ろうかなぁ~
  そんな気持ちにさせる日でした

  そいでもって 
  夕方から 野天風呂を炊き着けまして・・・
  薪の煙の香りが好きです
  煙は臭いでなく香りです

  だども 
  夕方からは 日が沈めば
  まだまだ冷え込んだ 

  今宵は 熱めの風呂がいい
  見上げれば 春の星座
  しし座の ナテハマーク そしてレグレス
  
  西の空には オリオンがうっすら
  相変わらずの シリウスの輝き

  顔ばかり冷えてくる
  お湯で顔を洗う

  身も心も温ったまっただ
  風呂上がり ぽかぽだで
  冷気が心地よい・・・・

  大満足の道造であった。

月と金星と野天風呂と

   5月の風は気持ちいい
   野天風呂に入っているとき
   実に気持ちいい

   寒くはないし暑くもない
   とにかくこの時期は虫がいない

   もう少し経つと・・・
   蚊が゛出てくる
   おらのけつをつっつく奴がいる

   だども 今 今がいい
   もうじき 蛍が出てくるかな
   たんぼのかえるの合唱は聞こえ始めただ   

   それに
   西の空に 細い月とやたら明るい金星
   そんなのを眺めながら
   今日も 今日とて野天風呂

   それに薪の煙の香がいい

   とにかく 大満足だで
   月と 金星と 風と かえるの合唱と 薪の煙の香と・・・・
   今日一日 好きなことを気ままにできたことに 感謝だで

   おい  いつまで こんな 穏やかな日が続くだか
   
   続くときまで続くだわ
    
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる