栗山のてっぺんでギターを弾いてみた

とにかく暑い
これが5月か!!!ぷんぷん!!!
まあ なんという暑さでしょう

タダでさえ 勤労意欲がないのにぃ~
そんなわけで
5月の風に吹かれて歌うことにした
    コムスと森の中でギターを
   栗山でギターを弾いてみた
コムスの荷台に腰掛けて
コムスで木陰を探す
暑いと言っても5月の風は心地よい

暑ければ作業はしない
歌いたくなったら歌う
好き勝手 というのはこのことだろう
なんという贅沢な時間

誰かに聞いてもらうのではなく
歌ってみたい気分だから歌ってみた
下手も上手いも関係なく

道造は歌いながら どこかで
足助のかじ屋さんのことを想い出しながら歌っていた
スポンサーサイト

五月の風の中で

今 栗山での作業というと
栗の苗木にカミキリムシの幼虫が穴を開ける
そいつが近寄らないように
そいつに穴を開けられないように
そいつが嫌いな薬を塗る
ガットサイトという白い防虫材を塗っている

作業の手を休めて 一休み
栗山は一気に青葉が出始めた
  ヘイッみんな!!
 風薫る五月の栗山の景色のおすそわけしてあげるわ
   五月のはじめの栗山
   これは 黄砂が来る2日前に撮したもの
  五月の青空は実に気持ちよい
  山小屋の隣のこの大きな木はクルミの木
  そいでもって
  クルミの花が咲いた
  クルミの木に近づけばこんな房状の花を着けている

あれぇ~ どこかからほんのり甘い香り
うすむらさきの藤の花が近くにあるから

前回は ひさかき のかおりというより におい について書いた
比べるまでもないが やはり藤の香りはいい
そして ウグイスの鳴き声が響く

藤の次はホウの花の香りがつなぐ
そして ホトトギスの鳴き声
ホウの次はトドメの栗の花の臭いだ
そのときは ハチの羽音で栗山の全山が包まれる

作業の手を休めて
大きなクルミの木の下で
クルミの木により掛かり
道造は藤の花の香りを運んでくる五月の吹かれている
風の強さ方向で藤の花の香りの濃淡

今日のブログの終わりは
弓歩さんは登場しない
ギャグも駄洒落もない

ねぇっ!?
だったら このブログから
自虐と駄洒落をとったら なぁ~にが残るのかなぁ

大きな木の株

あの大きな黒柿は昨日製材所で板に引いてもらった
午前中に製材所に板を受け取りに行った
黒柿の板の表面に木工ボンドを塗ってひび割れを防ぐといいというアドバイスをもらった
板にしてから2年間水に浸けておく方がよかったかも

そいでもって 今度は午後
木つながり
大きな木の株をもらった
家の近くの巨木が朽ちてきて危ないからクレーンを使って伐採した人から
栗山の仲間のコンちゃんがもらって
そいつが巡り巡ってコンちゃんから道造のところにやって来た
  大きな切り株
 株の中は空洞
こいつでテーブルを作ろうと思う
黒柿の板のボンド塗り
株の天版作り
いろいろやることがある

今は田植えの準備が最優先されるとき
だども

仕方ない 
田んぼの仕事を優先しよう

墨を流したような黒柿の模様

あれは ちょうど2年前
春 4月
道造の庭の渋柿の大木を倒した
その丸太を製材所で半割にして
栗山の沢に2年間浸した
そいつを 本日沢からワイヤーをかけユンボで引き上げた
こいつが なかなかクサイのです
泥と柿の木発酵臭のとでもいおうか

  2年間水につけた黒柿
     2年ぶりの再会
 ぬれているせいもあってかなりはっきりした墨の模様です  

でね
この半割丸太をまた製材所に持っていって
今度は板にしてもらう
ところが
この板をまたまた2年間沢に浸けなくては
「まぁ なんてことでしょう」

楽しみです
板にするのが楽しみです
どんな模様が出てくるか

板の活用ですか
今のところテーブルを作ろうと思っている
端材で小物を・・・・

こんなことをしていたら春の日はあっという間に過ぎていく



何だこの臭いは

栗山で今咲いている花は
アセビ・・・真っ白な粒状の花のかたまりが目立つ
スモモ・・・真っ白な花
ツバキ・・・赤い
そして
    ヒサカキ

      姫榊(ひさかき)
1~2メートルくらいで榊の葉に似ているけれど小さい
でね
こいつが今咲いているんだ
そいでもって
春風に乗って  ふわぁ~ っとこの花から漂ってくる
こいつ は こいつだ
この臭いがクサイ!!!
この臭いを例えると・・・・
  公衆トイレの臭い
  猫のおしっこ臭い
  塩ラーメンの粉末の臭い・・・・
臭いが先で 後から 周囲のひさかきの 木を目で探している

ギンナン農家の道造は それなりの臭いになれている
何日も履いた靴下の臭いに例えられてることが多い
でも こいつはというかひさかきは 好きになれないな

栗山では 季節の移ろいとともにいろんな花の香りが風に乗ってやってくる
ホウノキ  栗の花 ササユリ・・・

我が家のそばにこの ひさかき がある
もちろん 風に乗って あの臭いがやってくる
弓歩さんは言う
「なんか 変な臭いがする
 道造さん なんか 除草剤でもまいたのっ?」

どうだ  弓歩さんは
なんだって 不快なことや 不便なこと 不都合なこと 不可解なことは 道造が原因だと はなから思っている
諸悪の根元は道造だと思われている

道造は心に堅く誓う
「弓歩さんより先にボケてやるぅっ!」
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる