大蛇2匹と遊ぶ婆さま

セイロンウリの認知度が少々上昇
JAに出荷したら 2~3本売れている
 「あんな(気味が悪い)ものを買う人がおるもんだ」
と、ばあ様はうそぶく
失礼な!お客様に対して
実は、JAの方がセイロンウリについての説明文を
書いてくれたことで効果てきめんのようだ

そこで
来年に向けて 種を採ることにした
ということは 来年も栽培する予定だ
種とりといっても
ほったらかしにして 大きくしているだけ
そこへばあ様が通りかかったので
モデルになってもらった
  2匹の大蛇
   1メートル以上で太い2匹の大蛇だ!!!
どんな種かって?
まるでゴーヤのようなドローンとした黄色に包まれた
平たいギザギサの種

とにかくセイロンウリのよいところは
生命力というか生長力旺盛で
病気と害虫の影響をほとんど受けない
一言で言うと
ほったらかしでも育てやすいことだ

ただ欠点と言えば
とにかく「へび」に似ていることだ
スポンサーサイト

こんなのが採れました

猛暑日からの解放
ちょっと涼しい日があり
なんと過ごしやすいのかと 感謝しきり

恵みの雨もあり 畑では 野菜が息を吹き返した
そいでもって
    とぐろを巻くセイロンウリ
 こんなウリがなりました
まっすぐな形状はまれ
ほとんどが少しは曲がったウリ
だども これは特別「へび」だで

気持ち悪いんだけれど
なんとなく放っておけず
写真にとってみたくなったりして

こんなとき 弓歩さんが決まって現れる
「ウリは作る人のこころののようにへそ曲り」 
「ナスは作る人の心のようにトゲがある」
なんて 聞こえるか聞こえないか程度の小さな声でつぶやく

こんな会話ができるのは 仲がいい証拠だで~

「ふんっ
弓歩さんなんか ツクツクボウシ だわ」


長くて涼しくなる種をもらった

 夕方 みち君がやってきた
 「これあげるで。」
   みち君はおらが村のおらより一つ年上の友だちだで
   みち君は定年間際から「百姓」に目覚めて
   いろんな野菜の種を持ってきてくれる
   おらが村では
   野菜の種を交換するのは男同士の友情の証
    <ほんとかぁ???>
長いへびうり
 「これあげるで・・・」
  の 後は・・・
 「種を採って来年育ててみたらぁ・・・」
  ということで

  それから みち君は
  「こんなのが何匹もぶら下がっていたらおもしろいぞ。」
  と、言ったが
  本当に 涼しくなると思う
  こんなので グリーンカーテン を造ったら
  そりぁ 涼しくなるで
  アサガオやゴーヤのグリーンカーテンなんて可愛いものだで  

  そいでもって
  早速 ネットで調べたら
  「セイロン瓜」というらしい
   普通に食べられるとか・・・

  みち君は帰るとき
  「今度は天狗ナスの種を持ってくるわっ」
   と言って
  

アオダイショウ騒動

アオダイショウ画像 001

道造の実家にツバメが巣をかけました。ところが、ここ数年このアオダイショウにヒナがおそわれた。
今年は、まだヒナにかえっていませんでした。ツバメの鳴き声の異常に気づいた。
竹の棒でへんびを追っ払いました。どきどきしました。
ツバメが南の島から道造の家にやってきた。
アオダイショウも生きるためにツバメを・・・
ゴールデンウイークのできごとでした。


プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる