FC2ブログ

お化粧直し

道造には母屋と離れの二棟ある  納屋が二棟  作業小屋が一棟

でね 離れのプレハブは築約35年

そんなわけで 今までも時々自分で外壁塗装などをやってきた

今回は雨戸と格子を塗り替えた

雨戸はかなり経年劣化して薄くまだらに剥げていた

雨戸のペンキ塗り
    赤い塗装が映えてるぅ

道造はペンキ塗りが大好き

ペンキの濃さに神経を使う

薄ければたれてくるがはけは滑らかに進む

濃ければたれにくいがはけの跡が残る

二度塗り 三度塗りして 塗りムラとはけ跡を消していく快感

ペンキを塗ると 今までと違った新鮮な光景が現れ

作業量は 塗った分の面積として成果は一目瞭然

山小屋の丸太の外壁も塗らなくては・・・

ユンボと軽トラの車庫も塗らなくては・・・

ついでにユンボも塗ってやろうか

今 道造は いろいろなところが塗りたい気分

  車は急に止まらない
     ペンキ塗りも急に止められない

 しばらく ペンキ塗りの日々が続きそう
スポンサーサイト



扇風機付き作業服

そうっ  あれは4年前
  「止める あなた 駅に残してぇ~」
そんなんじぁなくて
我が家の家の工事をするときに建築作業の人が着ていたファンジャケット
作業着は風をはらんで膨らんでいた
あこがれていた
欲しかった

でね
おらんとこの農協が半額補助してくれるというではないか
そんなわけで やっと買いましたよ
 ファンジャケット
  襟元ら袖から風が吹き出す

道造の体からの汗というかその湿気を
外からの空気が運び出してくれるから
涼しく感じるという

早速着てみた
ファンジャケットデビュー
バッテリーは少々重たく感じるが
なかなか 調子がいい

ファンジャケットのおかげで少しくらい涼しくなると言っても
おらぁ 真夏の草刈りはイヤダ

今からは  土手で
ファンジャケットを着て
ブルーベリ摘みだな




キノコのほだ木運び

一月ほど前に栗山のサクラの木を切った

そのサクラの木をキノコの菌打ちほだ木用として集めをした

きのこの原木
     原木運びにユンボが活躍


ユンボでつり上げ 軽トラに乗せて持ち帰って

 明日はナメコの菌打ちをする

  梅の花の咲くまでに原木を切り

  サクラの花の咲くまでに菌を打ち

  梅雨の明けるまで仮ふせをする

今 菌打ちにぎりぎりセーフかな

スーパーで売ってるナメコはナメコではない

本物の原木ナメコは最大直径4㎝くらいまで大きくなり

表面は透明なゼラチンの光沢

炭火焼きで喰ったら もう最高だぜ

ナメコ汁にしたって もう最高だぜ

 打たぬ菌はキノコは生えぬ

倉庫の床のパネル塗装

本日の栗山だより・・・
梅が満開
ショウジョウバカマも満開
下手くそのウグイスの初音
それは それは 早春のぽかぽか陽気

道造は鉄骨倉庫の改修工事に熱中
倉庫の中の物をあの芝の屋根の小屋に運び出して
空っぽにして
穴の空いた床パネルを運び出し
床の張り替え作業からスタート

新品のコンパネに枠を取り付け
防腐剤での塗装

  1倉庫の床パネル
   床パネル6枚の塗装

道造が栗山から家に帰り昼飯を食べ始めると
弓歩さんは

「クサイッ !!」

と言う

防腐剤の臭いが衣服・髪の毛・体に染みついているらしい
自分ではわからない
かつてのクレオソートに比べれば
今の防腐剤は相当優しい香りだで
それでも 弓歩さんの嗅覚は鋭い

昼からはこの床パネル張り

はぁ~るのぉ~
木漏れ日の中でぇ~
床張りというより床パネルはめぇ~

道造はご機嫌だぜ
鼻歌が出るぜ

栗の苗木植え

3日ほど前
それは それは 春が来たようで
道造は なぜか 早春の歌と言えば・・・
「・・・流氷とけてぇ~ 春風ふいてぇ~ 宗谷のみさきぃ~・・・」
こんなうたを くちずさみながら・・・
道造は 栗や菓子クルミの苗木を植えた

  栗の苗木植えつけ
      わぁ~い 春だで  栗は約20本
栗の品種は 銀寄  国見 森早生 丹沢 大国早生 天津甘栗
それと 菓子クルミ6本

 まぁっ!何と言うことでしょう!
予定していた通り
  その翌日は 「春のあらし」がやって来た
なま暖かい南風にのって雨がたたき付けた
植えた栗やクルミの苗木にたっぷりと雨水が注がれた

苗木たちよ 
すくすくと育ってほしいものだ

続きを読む

プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる