FC2ブログ

甘酒から泡が出た

うまくできた甘酒の続き

そのペットボトルに入れた甘酒に
イースト菌とヨーグルト菌を入れてみた
寒仕込みだで

1時間ほどしたら
 甘酒から泡が出た
   細かい泡が出てきた
  その泡は甘酒の中のふやけたご飯粒とくっついて
  浮き上がらせてきた

道造はその小さな泡を見ているのが好きで飽きない

温度が低くてかわいそうな菌
がんばれイースト菌
ファイトヨーグルト菌
と、心の中で応援をしながら

ペットボトルのキャップをしっかり閉めたら
泡はボトルに充満して
パンパンにふくれあがる

スポンサーサイト



続きを読む

甘酒をつくる

我が家ではあの麹味噌が人気で
またまたつくることになって
味噌麹を買うときついでに米麹も買った
糀屋のおばさんが 炊飯器を使えば甘酒なんて超簡単だ
って教えておくれたからやってみた

  甘酒作り
    炊飯器ですいすい

お粥を炊いて
水を加えて冷めたら米麹を入れてよく混ぜて保温で6時間
本当にあっけないくらい簡単に できてしまった

我慢のできない道造は
時々お粥をのぞいては試食というか試飲
あの味気ないお粥がだんだん甘くなっていく
と同時に 麹臭さもなくなっていく

家族に完成した甘酒を振る舞う
好評だで

でね
この甘酒にイースト菌を入れてみたくなった

おかず味噌と同級生

暮れもおし迫ったと、ある日の昼下がり
同級生のケイコおばあさん(いつも孫の世話で忙しそう)というかおばさんからおかず味噌をもらった
※  先日、となりの同級生のゆりさんにはこのブログに「おばあさん」と書いて、本気でこっぴどく叱られた・・・もう一歩で人権侵害で告訴されるところだった
   女性の同級生にはおばさんということにする

でね
ケイコおばさんは「一度道造さんも自分でもつくってみたら・・・」とレシピを添えて
これが結構美味しかった

一週間後に、
「造ってみましたか?」と確認のメールが入った
そんなわけで  造ってみることにした

でね、食材を買いに近くのスーパーへ行ったら
同級生のキヌさんがいて
レシピをみせたら・・・どんどん食材を選んでカートに放り込んでくれて
(同じ物なら値段の高いものばかりを選んで)
最後には営業用の笑顔で
「完成したら 試食したいから 持ってきてね 」と、ニコッ

  麹みそ作り
  食材・具をきざんで一日天日干し
 ヤマゴボウ ニンジン キクイモ 麦豆味噌麹などを弓歩さんやバア様の協力を得てきざみましたよ

こいつらを醤油とみりんにつけこんだら完成

楽しみだね
まあ  いくつになっても同級生はありがたいのお!!!

牛糞堆肥場2号

最初に作った「牛糞堆肥」は順調
どんどん発酵が進んでいる
ユンボで切り返せばモーモーと湯気が立ちこめる

同じように牛糞発酵中のフーさんはというと
牛糞からもやしがニョキニョキ・・・・
これは、牛糞に含まれていた牧草の発芽だそうだ
原因は牛糞の量が少なくいことと
肥袋2~3杯分では発酵しても温度があまり上がらないからとのこと
道造は地下式というか竪穴式というか保温状態はいい
たっぷり軽トラ2杯分の量だから

そんなこんなで道造は気をよくして・・・・
堆肥場その2を作ってしまった
第2堆肥場
  今回も竪穴式堆肥置き場
穴の一番底には竹を並べて喚起と牛糞からの水分をのぞく工夫をした
そいでもって 本日牧場から牛糞をいただいて軽トラ2杯分を入れた
牧場主のおじさん(みんなは社長さんと呼んでいる)から発酵についての講義を聴く
早速 道造はもらってきた牛糞に
もみ殻を混ぜて
米ぬかを混ぜて
「えひめAI」の発酵液をかけて・・・・
ユンボで切り返して混ぜて・・・・
そんな風にして今日一日が終わった

ズボンもシャツも着替えて食卓に着いたが
 弓歩さんは「ニオウッ!!!」と、仁王立ちで 一言
牛糞の香りと老人の香りがほどよくブレンドされて
おらぁ~ 「香気高齢者」だで

続きを読む

ただ今 牛糞 発酵中

栗山ではウグイスの音が山中に響き渡っている

栗園のはずれの牧場からもらってきた牛糞
ただ今順調に発酵中
  現在牛糞発酵中
  ユンボで切り返す
穴の一番底に入れたもみ殻と混ざり合って
地下穴式で温度が春先でも一日中安定しているからかな
とてもいい感じで
ユンボのバケットが牛糞をすくい上げれば
牛の糞だけにモーモーと湯気がたち登る
牛糞は発酵によりかなり高温になっている
べたついた塊ではなくサラサラ感が増してきた
きついアンモニア臭もほとんどしなくなった
とりあえず順調だで

1週間ほど前に「えひめAI」を牛糞にかけてやった
その成果が出ているのかもしれない
ここで「えひめAI」について説明しよう
  ヨーグルト菌 納豆菌 イースト菌 砂糖 水 
  を各々の適量を牛乳パックに入れて 
  一晩ヨーグルトメーカーで発酵させた
夕食後 ごそごそと こんなことをやっていると
値千金の春の宵は過ぎていく  
雑誌「現代農業」によればかなり発酵促進に役立つとのこと
それぞれの菌が牛糞に働きかけ分解していく
発酵は目には見えない世界
でも 牛糞の温度や臭いや色や塊りかたの変化で分かる

最終的には 植物に発酵牛糞の肥料がどう働くか
栗の木や野菜がどんな生長をするかを見ないと
その段階にならないと答えは分からないが

今回は 牛糞に もみ殻  米ぬか を混ぜた
次の牛糞発酵には 落ち葉も混ぜてみたい

それから
発酵済み牛糞に雨水を通して液肥を作ってみたい
液肥になっていればかなり即効性がでると思う

もうしばらくの間
道造は 牛のうんこ に遊んでもらうつもり

ついでに こんな遊びをした
   砂とりゲーム
   砂取りゲームのユンボバージョン
この測量棒倒した方が負け
こんなことひとりでやってもおもしろいわけないっ!!!





プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる