牛糞堆肥場2号

最初に作った「牛糞堆肥」は順調
どんどん発酵が進んでいる
ユンボで切り返せばモーモーと湯気が立ちこめる

同じように牛糞発酵中のフーさんはというと
牛糞からもやしがニョキニョキ・・・・
これは、牛糞に含まれていた牧草の発芽だそうだ
原因は牛糞の量が少なくいことと
肥袋2~3杯分では発酵しても温度があまり上がらないからとのこと
道造は地下式というか竪穴式というか保温状態はいい
たっぷり軽トラ2杯分の量だから

そんなこんなで道造は気をよくして・・・・
堆肥場その2を作ってしまった
第2堆肥場
  今回も竪穴式堆肥置き場
穴の一番底には竹を並べて喚起と牛糞からの水分をのぞく工夫をした
そいでもって 本日牧場から牛糞をいただいて軽トラ2杯分を入れた
牧場主のおじさん(みんなは社長さんと呼んでいる)から発酵についての講義を聴く
早速 道造はもらってきた牛糞に
もみ殻を混ぜて
米ぬかを混ぜて
「えひめAI」の発酵液をかけて・・・・
ユンボで切り返して混ぜて・・・・
そんな風にして今日一日が終わった

ズボンもシャツも着替えて食卓に着いたが
 弓歩さんは「ニオウッ!!!」と、仁王立ちで 一言
牛糞の香りと老人の香りがほどよくブレンドされて
おらぁ~ 「香気高齢者」だで
スポンサーサイト

続きを読む

ただ今 牛糞 発酵中

栗山ではウグイスの音が山中に響き渡っている

栗園のはずれの牧場からもらってきた牛糞
ただ今順調に発酵中
  現在牛糞発酵中
  ユンボで切り返す
穴の一番底に入れたもみ殻と混ざり合って
地下穴式で温度が春先でも一日中安定しているからかな
とてもいい感じで
ユンボのバケットが牛糞をすくい上げれば
牛の糞だけにモーモーと湯気がたち登る
牛糞は発酵によりかなり高温になっている
べたついた塊ではなくサラサラ感が増してきた
きついアンモニア臭もほとんどしなくなった
とりあえず順調だで

1週間ほど前に「えひめAI」を牛糞にかけてやった
その成果が出ているのかもしれない
ここで「えひめAI」について説明しよう
  ヨーグルト菌 納豆菌 イースト菌 砂糖 水 
  を各々の適量を牛乳パックに入れて 
  一晩ヨーグルトメーカーで発酵させた
夕食後 ごそごそと こんなことをやっていると
値千金の春の宵は過ぎていく  
雑誌「現代農業」によればかなり発酵促進に役立つとのこと
それぞれの菌が牛糞に働きかけ分解していく
発酵は目には見えない世界
でも 牛糞の温度や臭いや色や塊りかたの変化で分かる

最終的には 植物に発酵牛糞の肥料がどう働くか
栗の木や野菜がどんな生長をするかを見ないと
その段階にならないと答えは分からないが

今回は 牛糞に もみ殻  米ぬか を混ぜた
次の牛糞発酵には 落ち葉も混ぜてみたい

それから
発酵済み牛糞に雨水を通して液肥を作ってみたい
液肥になっていればかなり即効性がでると思う

もうしばらくの間
道造は 牛のうんこ に遊んでもらうつもり

ついでに こんな遊びをした
   砂とりゲーム
   砂取りゲームのユンボバージョン
この測量棒倒した方が負け
こんなことひとりでやってもおもしろいわけないっ!!!





ぷくぷく発酵中

朝夕はめっきり涼しくなったものの・・・
日中は晴天の秋空でかなり暑い日が続いている
こんな日を「発酵日和」といってもいい
アケビの発酵中
   あけびの発酵             
          
サルナシの発酵中
              サルナシの発酵

青色のポリバケツのなかで発酵中
真上から写した写真

何かと思ったでしょう
つぶした果実が表面を覆い 
その下のつぶした果肉の液体が発酵して
発生した二酸化炭素が果肉のかすを表面に押し上げて
まるでふたをしているよう
こうすることによりかえって空気中の雑菌から守っているのか
いやいや
アルコール発酵は有酸素発酵だから
ふたをしない方がいいかも・・・・

いつものように この果肉の汁をなめてみた
酸味も甘みもまだどこかでしている
甘みが消えてアルコール臭がしてくるころ
そこを見計らっており引きをする

アルコールの濃度を上げたければ
砂糖を足してやればいい・・・補糖

我が国ではそのようなアルコールは造ってはいけないことになっている
酒税法という法律があるようだ

このとき いつでも酵母の力は偉大であると
思う
酵母様  (本当は弘法様かな)


この酵母種を使ってパンを焼くのもおもしろい

この一次発酵を終えたものを濾過して
砂糖を加えて密封すれば 
  スパークリングサルナシワイン
  スパークリングアケビワイン

一次発酵を終えた液に 肉片をひたすと
タンパク質分解酵素で肉がとても軟らかくなる

おっとと こいつはいけねぇ!!!
 発酵について語り出したら止まらない
発酵は道造を饒舌にさせる

宮沢賢治の作品の中に
床下に秋に収穫したヤマブドウをかめにつめたものが
発酵して 音を立てて割れていく・・・
そんなことを思い出した  そんな場面あったよね

あけびの発酵

栗山では・・・
イノシシが栗を食い散らかしている
やはり。。。本格的にワイヤーメッシュで囲わないと
そんな想いが沸々とわき上がる
観光栗園を止めた大きな要因もこのイノシシが原因
道造が栗山ライフを続けるなら
イノシシ対策を決断しなくては・・・
来年の収穫時期まで・・・・8月末までに・・・
そんなこと言わずに 作業は寒い内がいい
メッシュ張りを 冬の間から取りかからなくては

ところで
栗山はギンナンとアケビがイノシシの被害にあわずにいる
ギンナン拾いはほぼ毎日2時間くらいやっている
アケビも今が最盛期
あけび最盛期
今年はあけびの発酵に挑戦した
サルナシも発酵に挑戦した
発酵が始まると
ぷく ぷく ぷ~く と細かな泡を一日中だって見ていられる
こんなことをやっていると一日が短く感じられる

他にもやることばかりある
サツマイモ掘り  つくね芋掘り・・・
柿採りも・・・

道造はのんびりと田舎暮らしがしたいのに
心はそれなりに忙しい
セカ セカ セカ
端から見れば・・・・
「のんびりとあけびやサルナシと遊んでおいでる」と、
のほほん のほほん・・・・と、
そう見えるようだ


 

ブルーベリーのジャムでパンを焼く

ブルーベリーの収穫のピークは過ぎた
だども
ブルーベリーは収穫し続けている

ブルーベリーにはいろんな種類がある
小粒で光沢があり甘みが強いが皮が薄いものは出荷にむかない
だども  これが実に美味
産直に出荷すると痛みがひどく汁が出てしまう
それで こいつをジャムにした
といっても
ホームベーカリーにブルーベリーと砂糖を入れて
ジャムの番号にあわせスタートボタンを押せば
80分後にはジャムができている

このジャムをパンに付けたりヨーグルトに付けたり
それも飽きたので
パン生地にブルーベリージャムだけを練り込んで
ホームベカリーでパンを焼いてみた
    ブルーベリーのパン
  濃い紫色のブルーベリーパンが焼けた
ちょっとこれでは紫色が濃すぎるかな
味はどうってことはない 普通に美味しい
少々いつもよりもっちり感がある

ブルーベリーの苗を植えるとき
第一に粒の大きさぱかり気にしていたとおもう
多少は甘さ 酸味 収穫時期も気にしていた
出荷して「日持ち」するかなんてことは考えてもいなかった
それから
「雨に濡れて裂果するか」までは考えていなかった

これからブルーベリー農家を始めたい人
おらが多少のアドバイスをしてあげるで







プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる