黄色いコムスがやって来た

道造が日頃乗っているコムスは実証実験用
時々は山道の登坂・走行実験に使われる
そんなわけで、今回、実験が行われる間
代車で黄色いコムスがやって来た
  黄色のコムスがやってきた
  鮮やかな黄色のコムス
道造のというか道造に貸与されているコムスはついでに車検を受けた
本来は原付扱いなので車検は必要ない
だから正式には、タダの点検をしてもらった

真夏のド日中の炎天下ではコムスの運転は暑い
朝夕の運転は空気が少しは冷えていてきもちいい

就職して社会人になったとき
中古の自動車で通勤してた
何年かして クーラーを車に取り付けた
実にうれしかった 

一度クーラーを知ってしまった
コムスにクーラーがないと 不満
人間なんて そんなものなのか

時代は電気自動車に向かって一直線
ニュースでは・・・
「燃料エンジンの車の生産を○年後には中止する」んだって
本当なのか
そんなこと出来るのか
そんな時代が来るというのか
道造はどこら辺まで見届けてあっちの世界へ逝くのか

コムスはおらの住んでいる田舎というか中山間地に適しているのか
おらぁ~ 昭和40年代 高校へ通学するのに
近くのバス停まで原付バイクを乗っててもいいという時代
街場の高校では「三無い運動」とか言って、免許を持たせない とかバイクを買って与えないとか

そして50年・・・半世紀
道造少年は前期高齢者に突入して 道造爺さんになりかけている
ここでは 公共交通機関に頼ることが難しい
コムスよ 道造の足となるんだ

尾崎豊の15の夜ではないが
「盗んだコムスで走り出す65の夜ぅ~
 行き先も分からぬままぁぅ~ 」
こんなの あぶない老人の話ではないのか

どこから 中山間地域のモビリティから・・・こんなことになってしまったんだ
道造は 脱線と妄想の世界へ電動自動車で走っていくのであった。





スポンサーサイト

とにかく暑い

最近イノシシがよく捕まる
ハンターのトミーさんはやたらと捕まえている
この時期は 解体しては食べないようだ
そんなわけで
おらの栗山でユンボでの穴掘りを頼まれる
まだ縞模様があるうり坊が先日は5匹 こないだは6匹
続けて2匹  とんでとんで やや大きいのが1匹
その間にハクビシン2匹  タヌキのぽんた1匹

栗山では
今年、昨年植えた苗木の廻りの下草刈り
柄の長い鎌での作業
すくすく順調に生長している苗木
元気のない苗木
一喜一憂しながらの栗山巡り

栗山から帰れば 夕方に
ブルーベリー摘み
現在は一日に1㎏~2㎏程度収穫
例の冷凍庫にスットク
貯まっていくのが楽しみ

畑では
メインはナスとキュウリの収穫
(ナスとキュウリの漬け物は道造が担当者)
他にもトウモロコシもトマトもレタスも枝豆もピーマンもシシトウも・・・
あぁっ めんどくさいわ まとめれば「夏野菜たち」

そんなこんなで道造の夏は過ぎていく
はたから見れば
 人生の楽園 
 夢の田舎暮らし
 自給自足 
 わぁ~新鮮野菜

とにかく暑い
ちょっと栗山仕事・畑仕事で動けば
汗だくでパンツがケツに張り付く
張り付いたパンツがしゃがんだ拍子に・・・・
<オイオイ もうちょっと上品な表現はないもんかね!!>

それにしても この暑いのに
苗木も夏野菜達はがんばって生長している
「夏野菜が熱中症になりました」・・・なんて聞いたことないもんね
  

続きを読む

コムスで活躍

最近 温かくなってきた
「八十八夜の別れ霜」というくらいでもう寒さからは解放される

そんなわけで
最近はどこへ行くにでも
超小型電動自動車のコムスが大活躍
  はっきり言って「冬は運転してても寒かった」  
  しばれる両手に息をかけながらの運転だった
   コムスで栗山作業
  登坂力アップの特別仕様車だで
 登坂力の名前に恥じない実力
 専門家の言うには「トルク」とかがちがう
 栗山の作業道で行けないところはない
 栗山には専用の軽トラがあるので重たい原木などの荷物の運搬はそいつが担当する
 もっぱら栗山への往復にコムスを使用している

   コムスで農作業
   農作業にも使っている
  本日 田んぼは代掻きだで
  肥料などは30㎏まで積載可能だ
  田んぼのあぜ道まで行くことが出来る
  荷物を降ろしたその後のUターンが極めてスムーズだで

最初コムスは
「おぉ~お主はかわいいやつじゃのう」
ちびっ子でかわいいだけのホビー用と思っていたけれど
最近はちょっと違う
村の役員さんへの配り物
病院 郵便局の用事たし
それだけではなかった
百姓の作業や山作業に十分使えることが分かってきた

コムスで五月の風を受けてのドライブ
なかなか心地よい

  いつもの弓歩さんがチクリと刺した
「コムスは電動で静かだけれど 乗っている道造さんはやかましい」



   

サクラ吹雪

山の表情が日々変化する
新芽が出始めた
木の種類により木の芽の色がそれぞれ違う
  えんじ色の新芽からスタートするやつ
 白い緑色からスタートするやつ

   山笑う季節
   4日ほど前の道造の家の前の山
新芽でなく いきなり花から始める山ザクラ
その山ザクラは今はサクラ吹雪

一日の中でも変化する
日々 刻々と 山の表情は変化する

現役で働いていた頃
萌えいずる山の表情なんか 
変化する山の表情なんか
 見ていなかった
視界には はいていたが単なる風景としてそこにあった 
意識することはなかったと思う

現役の頃 とにかく 忙しかった
仕事に追われていた日々
朝はあわただしく家を飛び出し
帰りは夜 当然山なんて見られなかった

有名な観光地でも何でもない 道造の家の前の山
今 どれだけ見ててもあきない
標高300メートルの中山間地もいいかも
 
 

秋深まる

ここいら辺ではただ今紅葉ど真ん中
晩秋 それとも 初冬か
本日 終日 曇天
そいでもって
少しばかりの風が吹いても落ち葉が空高く舞うポポーの葉散る
  我が家のポポーの葉が落ちる
黄色く色づいたポポーの葉
ホウノキの葉を一回り小さくして黄色
ポポーの落葉した葉は地面を完全に覆っている
イチョウに負けないくらい地面を覆っている

それから
山茶花の花が咲き始めて
お茶の花も咲いていて
この二つの花の時期が同じと言うことで
やっぱり「茶」という文字が共通しているところを変に納得したりして

新緑の頃の山を「山笑う」というなら
紅葉の頃の山は「山泣く」となるのか

日没がやたら早くなって
午後からの作業時間が少ない
夕日に向かって「バカヤロー」と叫ぶのは
戸外で作業をもう少しやりたい人の叫びだと変に納得したりして

今週はもうじき寒くなるんだって
だから
道造はサツマイモを蒸かして
イモ切り干しをつくっている
蒸かしすぎてサツマイモが柔らか過ぎだ
うまくサツマイモを薄く切れない

つぶれたサツマイモにバターと砂糖とすこしだけ牛乳を入れて
オーブントースターで焼いた
柔らかいスイートポテトが出来た

本日は 極めて 正しい秋の過ごし方をした
しばらくはサツマイモはゾーブン
と、今は思っているけれど
明日からは ちいとづつイモ切り干しの試食が始まる
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる