コムスで活躍

最近 温かくなってきた
「八十八夜の別れ霜」というくらいでもう寒さからは解放される

そんなわけで
最近はどこへ行くにでも
超小型電動自動車のコムスが大活躍
  はっきり言って「冬は運転してても寒かった」  
  しばれる両手に息をかけながらの運転だった
   コムスで栗山作業
  登坂力アップの特別仕様車だで
 登坂力の名前に恥じない実力
 専門家の言うには「トルク」とかがちがう
 栗山の作業道で行けないところはない
 栗山には専用の軽トラがあるので重たい原木などの荷物の運搬はそいつが担当する
 もっぱら栗山への往復にコムスを使用している

   コムスで農作業
   農作業にも使っている
  本日 田んぼは代掻きだで
  肥料などは30㎏まで積載可能だ
  田んぼのあぜ道まで行くことが出来る
  荷物を降ろしたその後のUターンが極めてスムーズだで

最初コムスは
「おぉ~お主はかわいいやつじゃのう」
ちびっ子でかわいいだけのホビー用と思っていたけれど
最近はちょっと違う
村の役員さんへの配り物
病院 郵便局の用事たし
それだけではなかった
百姓の作業や山作業に十分使えることが分かってきた

コムスで五月の風を受けてのドライブ
なかなか心地よい

  いつもの弓歩さんがチクリと刺した
「コムスは電動で静かだけれど 乗っている道造さんはやかましい」



   

スポンサーサイト

サクラ吹雪

山の表情が日々変化する
新芽が出始めた
木の種類により木の芽の色がそれぞれ違う
  えんじ色の新芽からスタートするやつ
 白い緑色からスタートするやつ

   山笑う季節
   4日ほど前の道造の家の前の山
新芽でなく いきなり花から始める山ザクラ
その山ザクラは今はサクラ吹雪

一日の中でも変化する
日々 刻々と 山の表情は変化する

現役で働いていた頃
萌えいずる山の表情なんか 
変化する山の表情なんか
 見ていなかった
視界には はいていたが単なる風景としてそこにあった 
意識することはなかったと思う

現役の頃 とにかく 忙しかった
仕事に追われていた日々
朝はあわただしく家を飛び出し
帰りは夜 当然山なんて見られなかった

有名な観光地でも何でもない 道造の家の前の山
今 どれだけ見ててもあきない
標高300メートルの中山間地もいいかも
 
 

秋深まる

ここいら辺ではただ今紅葉ど真ん中
晩秋 それとも 初冬か
本日 終日 曇天
そいでもって
少しばかりの風が吹いても落ち葉が空高く舞うポポーの葉散る
  我が家のポポーの葉が落ちる
黄色く色づいたポポーの葉
ホウノキの葉を一回り小さくして黄色
ポポーの落葉した葉は地面を完全に覆っている
イチョウに負けないくらい地面を覆っている

それから
山茶花の花が咲き始めて
お茶の花も咲いていて
この二つの花の時期が同じと言うことで
やっぱり「茶」という文字が共通しているところを変に納得したりして

新緑の頃の山を「山笑う」というなら
紅葉の頃の山は「山泣く」となるのか

日没がやたら早くなって
午後からの作業時間が少ない
夕日に向かって「バカヤロー」と叫ぶのは
戸外で作業をもう少しやりたい人の叫びだと変に納得したりして

今週はもうじき寒くなるんだって
だから
道造はサツマイモを蒸かして
イモ切り干しをつくっている
蒸かしすぎてサツマイモが柔らか過ぎだ
うまくサツマイモを薄く切れない

つぶれたサツマイモにバターと砂糖とすこしだけ牛乳を入れて
オーブントースターで焼いた
柔らかいスイートポテトが出来た

本日は 極めて 正しい秋の過ごし方をした
しばらくはサツマイモはゾーブン
と、今は思っているけれど
明日からは ちいとづつイモ切り干しの試食が始まる

久しぶりの星

最近晴天が続いている
こんなのを「小春日和」というとか

夕方 西の空 三日月 金星
夜九時頃  村の寄り合いが終わり家に着くとき
天頂のアンドロメダ それからあのスバル あのぎょしゃ座 のカペラが目立っている
秋から冬の星座はわかりやすくて好きだ

そして 本日は おうし座流星群のピーク

道造は星を見ることにした
久しぶりの双眼鏡を引っ張り出して
   久しぶりのお星様
   実に久しぶりの双眼鏡
もう30年くらい前に買った物
あのころは よくお星さんを眺めていた
前にもこのブログに書いたかなぁ~

道造はお星様の中でも
星団 星雲が好き

今宵はまず三日月より太く半月よりも少しやせているお月様からスタート
このくらいの月齢だとクレーターがよう見える
次に あのやたら明るい西の空の金星
おらの双眼鏡では三日月形の金星までは期待できん
それから アンドロメダの星雲
いつだってアンドロメダの星雲は薄い白い雲のかたまり
それからスバル

オイどうした 道造?
双眼鏡を引っ張り出してお星様なんか見て
余裕というかゆとりあるおじさんなんかやって

最近 少し心にゆとりが出来てきたかも
できんことはできん
やなことはやだ
なんてね・・・

そんなの 最近ではなく 今まででも わがままな道造だったような気がするけれど

今宵は結構寒いわ
あんまり星は流れてないし・・・

星座を考えた人は妄想出来る人
今宵道造は妄想できる人とつき合ってあげよう



電動自動車

まだ飽きていない
あの小型電動自動車に乗っている
シカかわシート
  シートカバーはシカの毛皮だ

とても軽快 爽快 スイスイ・・・
いや タイヤがデコボコのせえか 結構大きな音がする

近くのごみの集積場にゴミ出しに
郵便局へ振り込みに
精米所に新米の米つきに
自治会の広報誌や回覧の配達に
軽トラのガソリン代の節約になっている
だから 二酸化炭素の発生が少なくなっている
もっとも
電気をつくるのにどのくらい二酸化炭素を発生しているかは分からないが

行く先々で
「面白いのに乗っとるねぇ」
と、みんなは話しかけてくる

実証実験のモニターだで
日本の未来に役立つように乗ってる・・・・

なんていう 意識はあんまりない
今は 楽しくて 秋風が気持ちよくて

やがて 冬が来る
最近ちっとも乗ってないねぇ
なんて 言われるのか
完全防寒対策で 鼻水を垂らしながら実証実験を続けるのか

シカ皮で真田丸みたいなベストを3着ほど重ねて着なくては・・・・
超現代的な電動自動車と
超縄文的な衣服と
二つの組み合わせなんて面白いではないか
単なる移動の手段と快適な移動の手段  この当たりが実証実験のテーマかな
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる