FC2ブログ

雑草おさえ

道造の家は 標高260メートル
それなりの低い山と狭い田んぼとまわりはとにかく雑草地

でね
道造の家は田舎なので2つ納屋があり納屋と納屋との間に空き地がある
もともとは牛を飼っていたころはそこには干し草小屋があって

牛を飼わなくなってからはそれを取り壊して空き地ができて
そこには シイタケのホダ木が置いてあったりした

そこは放置しておけば  一瞬のうちに雑草だらけなる
我が国は 高温多雨 実に植物の生育に適した土地だ  といつも思う

そこで
防草シート
  ぼろシートを集めて敷いてみた

この写真で シートの敷き方で道造の性格がわかる
道造はあまりこだわらない
・・・人はそれぞれこだわるものがちがうだけなような気がする
乗用車には興味がない   衣服にも興味がない
 新しいものを汚さないように神経を使うのが負担になるタイプのようだ

我が家の納屋にあるものをそれなりに持ってきて・・・・
お金を出してホームセンターでロールの防草シートを買ってきて、ビシッときれいに敷くという発想はない。
シートおさえもいろいろ・・・とりあえず目についたもの あるものを載せておいた・・一言でいうと「手あたり次第」

道造は シートを敷いた後 心を込めて 
「雑草に負けるなぼろシートたち」
と、声をかけた




スポンサーサイト



沢の葉わさび

道造の自宅は普通の田舎で
家の周りは田んぼに畑にそいでもって山が迫っている
でね
自宅の庭の横に小さな沢があって
一部は3メートルと2メートルの2段の滝になっていて
だから・・・道造の家では窓を開けていけば常に沢というか滝の音が聞こえてくる
道造少年だったころはこの沢の水で風呂を沸かしていた
食事飲料用は井戸水を使っていた記憶がある

その沢には葉わさびが勝手に自生している
最近 白い十文字の花をつけ始め 葉も広がり始めたので目立ってきた
そんなわけで 本日は雨
 外での作業ができないのでわさび漬けを作ることにした 

沢の葉わさび
    昔から沢に勝手に自生している

葉わさびは引っこ抜いてからが 汚れた葉っぱや根の周りを掃除するのが一苦労
葉わさびは 根といっても細くて小さくてほんのちょっとしかついていない 

葉わさびの料理方法
熱湯をかけて・・・・注意 煮てはいけない
砂糖でもんで
冷やして
絞って
密封容器に入れておく

これで 3~4時間後に密封容器のふたを開ければ
鼻と目に あのわさび特有の刺激がおそってくる

そして食べるときは
醤油をかける みそにまぶす 粕にまぶす  ・・・など

他にも道造の家の周りには今の時期は普通に そこらへんに勝手に
 セリ フキノトウ つくし ノビル ・・・なんかがある
 最近 食べたことがない 
というか 食べたいと思わんなぁ~

夕食にみそ漬けの葉わさびを食べた・・・・「ツンッ」と、きた

暖かな冬

ここではこの冬初めて
3日前にやっと雪か霙か戸惑うがとにかく5分間くらい舞った

道造はスタッドレスタイヤに交換してない冬は今年が初めてだ

栗の苗木は3月を待たずに もう植えしまいました(完了形)

肥え入れも終えました

剪定も終えました

そんなわけで のんびりしてます

こんなの今までにないことです

だから・・・・
山小屋の整頓
納屋の整頓
整頓といってもガラクタというか不用品の処理というか処分
それから
 シカ皮なめし この冬10枚目・・・の日々

なんで こんなに のんびりできているのか・・・・

自分の中で 「あれも これも」という意識が 意欲が 気力が 等々 が減少してきた

「のんびり」はこんなに近くにあったんだわっ

「のんびり」は 周りから まわりのものを 心おだやかに遮断することだ

周りからは「偏屈」といわれてるような気もするが・・・

おらぁ~おまえが欲しかった!!!

おれは おまえにあこがれてた

ずぅ~と想い続けていた

おまえは高嶺の花

だども やっと この手に入れた

ハンマーナイフモワタイプ
  新品の草刈り機

お前は
ハンマーナイフタイプだ
ゴムクローラータイプででこぼこも湿地でも
突き進んでいくことができる

道造は ご機嫌 大大大ご機嫌

早速栗山で試行

道造は 大満足だで

この草刈り機のおかげで今年は栗が拾いやすい

栗山で出会った三人に言われた

「よう 弓歩さんが 草刈り機を買っていいって言ったねえ」・・・・と

みんなは知っている

弓歩さんの決済がなければ道造が行動に移せないことを

今年の秋はしっかり栗を出荷しなくては・・・・







ひまわりオジィサン

ひまわりが咲いた

最近は道造はなぜかご機嫌で鼻歌でホイホイ

だれのぉ~ ためにぃ~ 咲いたのぉ~・・・ 

おっかの上ひまわりのはぁ~なで 占うのぉ・・・

いぬのひまわりさん こまってしまって・・・・

ひまわり咲いた
    ひまわりは道造の家の方を向いて咲いている

となりのおばさんが病気で倒れて
空き家になって
畑も そのままになっていた

そこへ 街に住んでる息子さんが 休みの日毎にやってきて 農作業

そいでもって 畑にひまわりの苗を植えたんだ

次の休みの日までの間 道造が水やり当番を進んでやってたんだ
というのも
道造の畑のとなりだし おばさんに百姓についていろいろ教えてもらったお礼も兼ねて

そのひまわりが ついに花を咲かせた

道造は毎日水をやったから愛着が湧いた

ここで一句
「あるじなき 畑にひまわり 夏近し」





 
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる