久しぶりユンボ始動

道造の栗山は台風の被害はそれほどでもなく
何本か栗の幹や枝は強風で折れたものの

ところが
となりのミノさんの栗山では、
作業道の一部が土砂崩れで通行不能

そんなわけで
となりのミノさんに頼まれて
ミノさんの山まで出張作業
道造のユンボの小屋からは片道25分 作業40分 帰り25分

最近はそんなこんなで9月からは
栗拾いとギンナンひろいばかりしていたけれど
ギンナンひろいに飽きてたので
久々のユンボでの作業

苗植えの準備
        栗の苗木植えの準備

そしたら
ユンボ心に火がついて
ユンボのディーゼルエンジンの音と
軽油の排気ガスの臭いに心躍り
やたらとユンボで栗山に苗木植えようの穴をほじりたくなり
山をほじり始めた

スポンサーサイト

栗山夏模様

道造の日常は
  朝夕ブルーベリー摘み
  夏野菜のお世話
  栗山の苗木廻りの草刈り
  村のお役の仕事
  お昼寝と読書
 
こんなんで 今年の夏も過ぎていく

イガ日々生長中
     本日・8月2日のイガ
 
 どんどん生長している
楽しみだで
あと ちょうど一ヶ月余りでイガが口を開けて
文字通り栗色の光沢の栗の実の収穫となる

7~8月のブルーベリー
9~10月栗
10~11月のギンナン
11月~シカの皮
なんだか 追い立てられているみたい
天候・天気を気にして
ヒヨドリやイノシシの被害の対策をして

原因は趣味を越えているからだ
果実の出荷で小遣い稼ぎをしようとしているからだ

忙しくしない方策は
だれかに一部分でもバトンタッチすることだ
もう一度栗園として観光化して拾ってもらう根性はない

今日から その「だれか」を探すことにした
ヘイ! そこのあんた
  「ブルーベリー摘み
   栗・ギンナン拾い
   やってみないかい!!!」

「 忙しいくらいがちょうどいい
  でないと 惚けちゃうよ」
   と弓歩さんは言う 

 おらぁ~ 聞き流すことを学習しつつある

梅雨入り前に作業道直し

梅雨に入る前に作業道を整備して
梅雨の終わりの大雨から作業道を守らねば・・・
そんな思いでいた

梅雨に入る前にと 思っていたけれど
本日 天気予報では梅雨入りだとか
梅雨入りみたいなぁ~
梅雨入りしたと思われるぅ~
どうも 語尾がはっきりしない
意志薄弱な表現だ

 ふぅっ~ 
なんだ なんだ 今日の道造は
天気予報にまで 八つ当たりしたい気分

でね
   道をふさいでいる倒木
   作業道をふさいでいた枯れた栗の大木をどかして

小雨の降る中 チェンソーで枯れ木を切って
ユンボで引っ張って退けて

沢の水がオーバーフローして
作業道を削って陥没したところを埋めて

沢の水を流れやすくして
作業道の水切りをして

あっという間の午後の作業
思っていたことが
だいたい思い通りに出来た満足感
かっこよく言えば・・・心地よい疲労感 だで
道造の本来あるべき姿 だで

梅雨入りと同時に栗の花が咲き始めた
年々歳々 花相似たり だね
梅雨の晴れ間には
栗山の全山はハチたちの羽音のうなりに包まれる

おっとととっ
ササユリも今が盛りだで

沢沿いの作業道が出来てきた

最近夜明けが早くなってきた
自然と目覚めも早くなる
栗山へ作業に出かけるのも早くなってきた

今 栗山では一番好きな作業をしている
肥入れ 苗植えの穴掘り 消毒・・・・
作業はいろいろ有るけれど・・・
ユンボにまたがり 作業道を造っているときが一番楽しい
ユンボが好きだからだけでなく
作業道が出来れば軽トラやいろんな機械がそばまで行けるから
人力での作業から解放される

    作業道が少しずつできてきた
   栗の丸太を敷きながらの道づくり
この作業は沢のそばだからぬかるんでいてキャタピラが埋もれやすい
ユンボだってぬかるんだ地面ではなんともならない
緊張感がある
もしもはまって自力で脱出できなければ
業者の人に引っ張り出してもらうことになれば
 ものすごい出費を覚悟
大きな栗の老木の丸太を敷き詰めながら進めていく

前回も書いたけれど 一日にというか一回の作業で3~5メートルくらい作業道が出来る
今まで湿地というか沼地だったところに道が出来る
   「まぁ なんということでしょう!!!」

そんなことがうれしいです
だから 最近 家を出るのが早いのです

早春の栗山で
今のところ ユンボのディーゼルのエンジンを軽快に響かせている
今のところ 道造は ご機嫌だ!!!
いつまで続くか このご機嫌
明日も続け このご機嫌

 ほな みなさぁ~ん ごきげんよう

続きを読む

ユンボで広場造り

一年間で今が一番寒い時期
ここでもよく雪が降る
降ってもうっすらと白くなる程度でほうきではけば 雪かきは必要でないくらい

栗山での作業というと
肥入れが終わり
剪定とのびた草刈り
寒中水泳とかがあるけれど寒中草刈りがあってもいいもん
同じ作業を1時間以上すると疲れがたまる
違う作業へローテーションをしながら

剪定作業終了15分前にユンボのエンジン始動
こんな寒い日はウォームアップしておかないと
へんな音がするしユンボの動きがぎこちない
人間だってウォームアップが必要
暑くないから 汗をかかないから ついついやりすぎてしまう

     ユンボでの広場つくり
   午前10時  栗山に平地というか広場を造る
平地と言ってもフルフラットとは行かない
なだらかな斜面ではあるけれど 山肌を削っていく

今日は風が無いので 日差しを受けていれば 結構暖かい ユンボ日より
削った後  雨水の逃がし方を決めて
移動した土をキャタピラで圧し固める
栗の苗木を植える場所には大きな穴を掘っておく

自分の思うように整地できれば ご機嫌だ
出来なくたって だぁ~れも文句を言う人もいないし

あっという間の午前の部終了
一人だと休憩はしない


 
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる