いちじくの乾燥に挑戦

 いちじくを隣村のえっちゃんおじさんにもらった
えっちゃんは「明日から雨が続くで それ前に たぁ~へん採って来たで!!」
といって 竹かごにいっぱいのイチジク 

道造は食べ物をくれる友達はいい友達だと思う
だども
こんなにいっぺんには食べきれない
となりのおばさんにお裾分け
それでも まんだ たぁ~へん余ったので
乾燥イチジクを作ることにした

道造は少年の心を持っている
イチジクの乾燥と聞いただけで  なんだかうれしくなってしまう
イチジクカンソウ → イチジクカンチョウ がたやすく連想できるタイプだで
これは自慢することではないか
60歳半ばをこしても精神年齢は 少年と言うより小学校低学年レベルかも

ネットで調べれば 自然乾燥もあるが160℃で熱したオーブンで熱すれば・・・と

そこで 道造の薪ストーブを改造したオーブンで加熱することにした
   乾燥イチジク
     イチジクカンソウ
   クッキングシートの上に裂いて並べた
加熱すること3時間
最初は果汁がいっぱいでたが 少し乾燥してきた
このあと
カビが生えてきてしまうのか
見事にイチジクカンソウができるか

毎朝 いそいそと イチジクカンソウに会いに行く
スポンサーサイト

コスモスの花秋風にゆれて

栗をセッセと拾い
ついでに ギンナンもセッセと拾い
熊やシカの皮をセッセと鞣していたら
村の祭やお役の仕事をセッセとしていたら
気がつけば 早 神無月の半ば・・・

  道造は ふとっ 想う
   コスモスの花ゆれて
  家のそばの土手の秋風にゆれるコスモスをみつめて

あれも これも あんなことや こんなことも
やっていくエネルギーがだんだんと無くなってきて

でね
欲張ることを止めることにした
見栄や外聞を気にすることも止めることにした

止めたのか
あきらめたのか
投げ出したのか

あきらめたり投げ出したりするにもそれなりのエネルギーがいるが
なんだか ちぃと気が楽になって・・・

秋風に吹かれるコスモスみたいに
気まぐれに吹く風任せ 気まぐれにゆれていこう

まぁ~
今日のところはそう想った






小熊がやって来た

栗拾いもほぼ終了
イッセさんやイクジーさんとマス姉さんが拾いに来てくれた
感謝 感謝

でね
そんな折り、ハンターのジュンさんから
体長がちょうど1メートルの小熊の毛皮をいただいた
それは ただの小熊の毛皮ではなく
頭と足が着いていた
熊の毛皮
本日午前中は 小熊の毛皮なめしに挑戦
熊のなめしは 初めてだで
熊の前足
    小熊の前足

熊の後ろ足
     小熊の後ろ足

まぁ なんと言うことでしょう
小熊の毛がこんなに細くて長くて柔らかいとは
熊の足の裏がこんな色そしてヒトと似た形になっているとは
熊の足の爪がこんなに鋭いとは


熊の毛皮は どんな仕上がりになるのか
不安だけれど 楽しみも半分あり


栗を拾ってあげるわ

ほとんど毎日栗山へ行っている
やっと 栗が本格的に落ち始めた

ところが
まぁ なんと言うことでしょう
イノシシの侵入を防ぐワイヤーメッシュ柵をこじ開けて
道造の大切な栗を食べにどこからか入ってくるのだ

ワイヤーメッシュに沿って点検をする
山の中を何百メートル歩く
一カ所柵をこじ開けているところを発見
鉄の棒で補強して侵入を阻止する

お菓子屋さんからは栗きんとん用の栗を持ってくるように
催促 催促 催促 も一つおまけに 催促

昨日 栗山の仲間の協力を得てまず100㎏出荷
本日 70㎏出荷

そんなこんなで栗拾いとイノシシ対応でヘロヘロ
そんな愚痴を聞きつけてハンターの一人が
「ミョウガとブルベリーのお礼に栗拾いしてあげるわっ!!!」

道造の栗山に栗拾いに来る友達みたいな人はそれなりにいる
今回
道造のために栗を拾ってくれるやさしい人が現れたのだ
感謝 感謝 心から感謝


続きを読む

クルミとタンニン

お彼岸さんだ
道造はお墓掃除・墓参りにいく
途中 キンモクセイの甘い香りが秋風に乗ってやって来た
栗の木やイチョウの木を植えたご先祖様にご挨拶だ
そして
そのご先祖様には大きな栗を一つずつお供えをしてきた
それから
本日 栗山に栗拾いに石窯の仲間がやってきた
お彼岸さんというものの まだ午後は夏の名残がある栗山では
わいわい ごそごそ はあはあ・・・と、くりひろいが展開された

でね 
先日拾った栗山のクルミかタンニンを採りだしてみた
と、言っても 
クルミを水を少し入れた桶の中に入れ時々かき混ぜただけ
  クルミとタンニン
  桶の中はどろどろ状態で茶色と言うより黒色で
表面は一面に細かい泡で覆われていた
発酵が終わったら布でこしてペットボトルに詰めて保存してみよう

本日も和菓子屋さんから
「早く 栗きんとん用の栗を持ってきて欲しい」とメールがあり
クルミからタンニンなんか採りだして遊んでいてごめんなさい
どうかタンニン(かんにん)してください


プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる