FC2ブログ

白いボールのようなキノコ

近くの田んぼの土手で発見
なんなんだぁっ!!!
というより
「何と言うことでしょう」に出会った
  オニフスベタケ
   オニフスベタケ

こんなボールみたいなのが3つ
一つは道造の心のように真っ白
こんなの見つけるとうれしくなる
なんだか楽しくなる

調べたら食べられるみたいでけれど
食いしん坊の道造だけれど
なんか食欲がわかない

自然界には思いもよらないものがあるんだ
おらの知らない世界はいっぱいだ
おらが生きてる間にはほんの少しのことを見てるだけ

おらぁ 秋の冷たい雨の中で
こんなまぁるいキノコを見ながら
人生を語ってしまった
スポンサーサイト

秋を味わう

午後、となりのあの元気なおばさんから・・・・

何と言うことでしょう
「マツタケがあるよ
 マスの塩焼きがあるよ!!!」
お誘いがあった

食いしん坊の道造は
鼻歌でホイホイッ・・・お出かけ

みごとなマツタケ
     長野産のマツタケたち

マツタケの炊き込みご飯は
マツタケを細かく裂いてオリーブオイルで炒める
しんなりしたらお米3合に対してお玉しゃくし1杯分の醤油
しかっりからませ、炊き終わったご飯と混ぜる
 まぁっ なんというおいしさっ

そいでもって
焼きたそして炊きたて
今朝釣ったマスの備長炭での塩焼き

とにかくあの火鉢で時間をかけてじっくり焼く
マスにまぶしたのはモンゴルの塩

ごちそうさまでした

道造は60年以上生きてきて、いい人とそうでない人のちがいは
単純だで
「おいしいものをくださる人がいい人」

となりのおばさんは「いい人」
マツタケを持ってきてくださった方
マスを釣ってきた方
料理をしてくださった方
みんな「いい人」
ありがとうございました

これからは(オモッテイテモ) 「おばあさん」なんて言わない
だって
ご機嫌をそこねたら
お誘いが無くなるから 

半球ドーム型石窯造り

栗が落ち始めて・・・・
猫の手も借りたいのに
「石窯造りを手伝いに来て」とキーチ君から

「どこでぇ~作るの?」

「老人福祉施設だで」

折しもちょうど本日は「敬老の日」

まぁっ! 話せば長いことになるが
縁あって老人福祉施設で石窯を造ることになった
石窯のある福祉施設なんてオシャレッ

ドーム型石窯
  老人福祉施設の裏庭の半球 ドーム型

あのバランスボールの半分を使い型をとった
バランスボールに耐火セメントを塗り
乾燥したらバランスボールから空気をを抜く

美しい半球のドーム型
炎が球形の天井をなめらかに巡り
窯全体を包み込むように暖める

最初の焚き付けはどうか
火の、炎の流れ方はどうか
窯の暖まり方はどうか
焼きの加減はどうか

火を入れる時が楽しみだ

わくわく

栗きんとんの素

「栗きんとん  そんなに作ってどうするの?」
と、弓歩さんに問われれば
そんな気もした

ゆで栗は温かい内の方が鬼皮を切りやすい
それに栗の中を身をほじりやすい

とりあえず
ほじった栗の中身を 真空パックして冷凍保存をしてみた
  ゆで栗の真空パック
   パックの中は栗

ここまでしてあれば、
食べるときに自然解凍をして
ハチミツを少々つなぎに加えて茶巾しぼりで
栗きんとんのできあがり
一年中いつでも食べられる
お正月に栗きんとんをつくってみようかな

活用は栗きんとんばかりではない
ピザ生地にトッピングすれば
香ばしい焼き栗ピザだって味わうことができる

おれって
道造って 天才かも
・・・実は
これは 栗園のオーナーのコンちゃんに教えてもらったんだ

コンちゃんは茹で栗を半分にカットしたものを、真空パック・冷凍保存している

栗の皮をむいた生栗に砂糖を振りかけて冷凍保存でもいいとか・・・

道造は・・・・思う
あの縄文人はどうやって生栗を保存したのか

生の栗はすぐに劣化する
腐りやすいしムシが出る

本日の格言
愛も栗もとても腐りやすい

気をつけよう暗い夜道と生の栗




ブドウ栽培日誌その9

「ブドウの会」を終えて ほっ
後は好きなときに好きなだけ食べればいい
9.jpg
  たわわ たわわ ブドウ畑
 あれは ザワワ ザワワ でしょっ

お店で売っているようなまとまった立派な房ではない
だども
それなりの房でブドウの粒も大きい

ここに来て 色づくのがおくれている
こんなのが一斉に色んだら食べるのが大変
保存方法を考えねば・・・
と、思っていたが そうでもない

ここまでも 今までももうたくさん食べた
今年は人生で一番ブドウを食べた
じっくり色んで来るのを待つゆとりがあるで

空き家になったとなりの家の温室のブドウの木
そのお世話か係を引き受けたけれど
自信はなかったけれど
一年目からこんなに立派に実が着いた
結果オーライかな

この温室の主人だったとなりのおじさんは
ブドウの生長や収穫の向こうに
子どもや孫そしてひ孫たちがよろこぶ顔を思い描いて
毎年お世話をしていたんだろうな

道造はブドウ栽培という新しい経験ができたことに感謝だで
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる