FC2ブログ

ブドウ栽培日誌その8

何と言うことでしょう!

この酷暑で
温室のブドウの葉っぱが焦げた
茶色になり枯れ始めた
このまま枯れてしまうかと思ったが
何とか持ちこたえている

そして
何と言うことでしょう!
8.jpg
  大きくなり色づいてきた  8月11日
手のひらサイズをとびこした

8月最後の日曜日に
ブドウパーティーの予定
あと2週間で収穫できるかなぁ?
9月の第1日曜日の方がいいかも

温室へ水やりに行くたびに
色の濃いのを選んでは
一粒ずつつまんでの試食
お世話係の特権だで

それにしても
たわわに実った果実を眺めてるのは
実にたのしい

もちろん
食べるのはもっと楽しい
糖度が16度もありました


スポンサーサイト

猛暑

何でこんなに暑いっ!!
とりわけ「老人は外出は控えるように」とのこと

といっても
ブルーベリーは収穫の最盛期
栗山の苗木は水を欲しがる

そんなわけで
朝の内2時間だけ作業をして
昼からは冷房の部屋で ゴロゴロ ウトウト

猛暑はこんなにも道造から活動意欲を吸い取っていく
ブログの更新ですか
猛暑ですのでもうしょわけありません

道造ホイホイにかかる

今朝も8時前から
セッセ・セッセとストイックにブルーベリー摘み
1時間半ほど摘んで道造が家に戻ろうとしたとき
おらの髪の毛を引っ張るヤツがいる
なんだぁ???と、
最初はわからんかった。

何と言うことでしょう
(まんだ この言葉が気に入っていて・・・)
犯人は あのヒヨドリホイホイに
自分の髪の毛がさわってしまったのだ
自滅だわっ
少ない髪の毛がむしりとられたぁ~

べったりネズミ取りもち着いた髪の毛
まず
  使い古しのタオルに灯油をしみ込ませ
そいつでネバネバの髪の毛を何度もこする
なんとか粘りがとれた

次に
灯油臭い髪の毛をシャンプーで
何回も何回も洗った

ぬれた髪の毛をタオルでふきとる

バア様が
どうしただぁ と、

おらが今朝のことを話すと
「それくらいの 災難でよかったわ」と、
90過ぎたバア様の言葉で
苛立ったおらの気持ちは
「それくらいでよかった」ことにした
もともと そそっかしいのは自分だから 仕方ないか

夏野菜を食べてても太る

熱い
体温ほどの気温
もともと無いのにさらにさらに
体力はもちろん気力も奪っていく

でね
午前中にブルーベリー摘み1時間と少し
そのあとは夏野菜の収穫
ナス 2回目のキュウリ トウモロコシ エダマメ トマト ズッキーニ・・・・

9時過ぎには畑を切り上げて
10時のおやつは
時計型薪ストーブでトウモロコシやエダマメを塩茹でて
止められない止まらない  
これだけ暑いのに食欲は衰えない

最近の定番
 昼飯はナス焼きとヤッコとキュウリの漬け物

午後は
エアコンのきいた部屋でゴロゴロ
昼寝と読書

なんと 贅沢な時を過ごしていることか
しあわせなる日々
しあわせの自覚症状はある



ブドウ栽培日誌その7

この暑さで
となりのハウスのブドウたちは悲鳴を上げているかも
<もっとも あれだけのブドウが一斉に悲鳴を上げたら
 ハウスの中は・・・外も ヤカマシィー>と、思う

   7月22日のブドウ
   7月22日のブドウ
かなりふくらんできて
ほんのちょっぴり色づきはじめた

でね
となりのユリさんは8月下旬に
友達集めてブドウパーティをやりたいという

道造は
各自ブドウ狩りをして
各自の家で冷やして 食べればいいっ! と、
思っているんだが

ハウスのご主人様の願いなので
ブドウの冷え冷えジェラードとスムージーでも作ろうかと

事前に
ブドウの皮むき 種だし 凍らせる 作業が必要になるのだが
道造とて 初めてのこと
試してみたい気もする
まぁ ユリさんにつき合ってあげることにした

とにかく 暑くて 暑くて
道造は身も心もなえている
そうです
だれぇ~ だれぇ~ も一つおまけに だれぇ~ としている
 「言うまいと  思えど  今日の  暑さかな」
プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる