FC2ブログ

何の花?

道造はご機嫌に 歌いながら土手をめぐる

   「こぉ~の木 何の木 気になる 木
     名前も知らない~ 木ですから~・・・」
のメロディーで
 「こぉ~の花 何の花 気になる 花
     名前も知らない~ 花ですから~・・・」

フェイジア
  これはフェイジアの花

もう 4年くらい前に 苗をもらったので 土手に植えて置いたら
今年 初めて花が咲きました
まあ まんときれいな花でしょう

去年 このフェイジアの実をもらって 食べたことがあるんですよ
緑色で小さなイチジクのしなびたような形をしていて
とっても いい匂いがして 少し甘かった

でね
フェイジアは「フトモモ科」なんだって
界 門 網 目 科 属 種 の分類でいう科

 フトモモ科だけに フト オモウト
なんとなく フトモモなんて 色っぽい名前でないか

道造は妄想老人となり 暴走老人化する
ジュクジョ目  フトモモ科  とか・・・・ 

危ないな という 自覚症状は まだ うっすらとある

花が咲いたなら 果実をつけてほしいものだ 
スポンサーサイト



ただ今 そこら中で産まれ中

栗山では 栗の花のピークが過ぎた

茶色の毛虫のような花はポタポタと落ちている
そんな枝をよく見ると

まあ 何ということでしょう

栗のイガの 赤ちゃん誕生
栗山中 オギャァ  オギャァ もひとつおまけに オギャァ・・・と
道造には その産声が聞こえてしまう
道造はなんてたって 栗の育ての親
道造には栗の気持ちがわかるのだ

栗のイガの赤ちゃん
  オギャァ 栗のイガの赤ちゃん誕生

9月には ピンポン玉というかテニスボールくらいの イガとなり
その中に 栗ができる

真夏の太陽の光を浴びて
でんぷんをたっぶりと貯えて
やがて
ぷくぷくの栗となれ

弓歩さんは言う
  「なんで 栗の声聞こえるのに
   私の言っていることが聞こえないの」

 道造は 本当に耳が遠くなってきている  老化だわ

 そして   とりわけ 弓歩さんの声は・・・

クルミも お前もか

ギンナンの木の根元に・・・・緑の粒がいっぱい だった

クルミはどうかな・・・と  確認に行ったら・・・

まあ 何ということでしょう

クルミの落下
  ここでも落ちてた

クルミは 今年は いつもよりたくさん実を着けていると思ってた

クルミは 気分屋さんで 気まぐれで

年によって収量が大きく違う

この緑の中にクルミができる

こいつを拾うと 表面はねばねばしていて マツヤにぽい匂いがする

栗山ではいろんな出来事に出会う

自宅に帰って ネットで 調べるのが 楽しみだ

道造は スマホ もパッドもあるけれど
娘のおさがりなので 通信機能がなく 自宅のWi-Fi環境がないと
残念ながら ネットにつながらない

それにしても こんなふうに いろんなことを 簡単に 調べられる時代が来るなんて

そして いつも 思うのです
・・・道造と同じような疑問を持った人がいるんだ・・・・と

せっかく実ったのにぃ~

イチョウの木の根元に
パチンコ玉からビー玉くらいの緑の粒がいっぱい落ちている
落下ギンナンの
  いっぱいおちてるぅ

いつもは こんなに落ちてはいない
今年は どうしちゃたんだい ヘヘイッヘイッ
(まぁ 何ということでしょう・・・が少し飽きてきたみたいで)

逆に 何年か前には 枝にびっしりとギンナンの実を着け過ぎて 
枝が垂れ下がり 強風の時 枝が折れたことがあった
それに おらがギンナンは 園芸種の大粒のギンナンでないから 
少しくらいは落ちてくれたほうが自然に摘果されて
ギンナンの粒が大きくなるかなぁ

こんな風に 途中で緑の実が落ちるのを「生理落下」というらしい
受粉 肥料 日照 樹勢・・・いろんな条件で 落ちるらしい
道造にしてみれば 「生理落下」 というより 「整理落下」だな

そういえば・・・
カキの実の赤ちゃんは 根元によく落ちている
ブルーベリーは 途中で実が落ちることはほとんどない

さて 最終的な収穫はどうなるだろう
収量は少なくてもいいから 例年より 少しでも大粒のギンナンであってほしいな

今年のブルーベリー

先週から本格的な「梅雨」の雨

梅雨の前に あのジャガイモを掘らなくては・・・と  先週まで

久しぶりに 今朝 ブルーベリー畑を巡回したら

バタバタ 動くものが・・・ ひょっとしたら・・・

ひょっとしたのです やはりヒヨドリがうごめいていた

ブルーベリー今年一番の
   今年最初 ブルーベリーが色んできた

ヒヨドリが熟してきたのを見つけて食べに来ていた

道造よりもヒヨドリの方がブルーベリーをよく観察している

 道造の年間農作業

4月   わらびの収穫

5月   フキの収穫

6月   ジャガイモの収穫

7・8月  ブルーベリーの収穫
      
8・9月  ブドウの収穫
      茗荷の収穫
9・10月  メインの栗の収穫

10・11月  ギンナンの収穫

11月から3月 鹿皮なめし
         肥え入れ 剪定

こうしてみると 一年中やることがある

定年後やることがない人がいることが 道造には信じられないくらいだ

後 何年 道造はこんな風に 農作業ができるのかなぁ・・・と、想う時がある

プロフィール

栗山道造

Author:栗山道造
大きな栗山の小さなユンボと中年の物語
ようこそ。ユンボ大好き道造の世界へ。
ユンボは僕のともだち
ちいさなログの山小屋も紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる